ホリエモンWITH

「健常者も乗る次世代型車椅子を作りたい!」 WHILL代表取締役・杉江 理の考える パーソナルモビリティの未来とは? 後編2/2

パーソナルモビリティは街の防犯にも役立つ 堀江 僕も会社を作ったんですよ。「Hakobot」っていうんですけど。 杉江 パーソナルモビリティの会社ですか? 堀江 いや、人が乗るやつじゃなくて、荷…続きを見る >

「健常者も乗る次世代型車椅子を作りたい!」 WHILL代表取締役・杉江 理の考える パーソナルモビリティの未来とは? 後編1/2

<前編はこちら> カプセル型ならば雨にも濡れないし、エアコンで温度も快適 堀江 ライバルって、結構いるんですか? 杉江 日本だとヤマハとかスズキですね。電動車椅子を作っているメーカーは、あまりな…続きを見る >

「健常者も乗る次世代型車椅子を作りたい!」 WHILL代表取締役・杉江 理の考える パーソナルモビリティの未来とは? 前編2/2

将来、パーソナルモビリティを一人1台持つ時代になる 堀江 これ、1台、いくらですか? 杉江 45万円です。 堀江 福祉機器みたいな扱いなんですか? 杉江 日本ではそうですね。 堀江 ということは…続きを見る >

「健常者も乗る次世代型車椅子を作りたい!」 WHILL代表取締役・杉江 理の考える パーソナルモビリティの未来とは? 前編1/2

杉江 理 Satoshi Sugie WHILL株式会社代表取締役兼CEO(最高経営責任者) 1982年生まれ。静岡県浜松市出身。日産自動車開発本部を経て、一年間中国南京にて日本語教師に従事。そ…続きを見る >

「水を分解して燃料を作る」 関西学院大・橋本秀樹教授が語る 人工光合成の最前線 後編2/2

火星で人工光合成を行なう計画が進んでいる 堀江 僕、メタンの話がすごく気になっていて、宇宙開発では何もないところでメタノールを作ることがすごく大事なんです。 橋本 それは地球外でっていうことです…続きを見る >

「水を分解して燃料を作る」 関西学院大・橋本秀樹教授が語る 人工光合成の最前線 後編1/2

プラチナは隕石で地球にやってきた! <前編はこちら> 橋本 話を人工光合成に戻すと、今は「人工光合成で水素を作る」って言ってますけど、ファイナルアンサーは「水素ではなく、人工光合成で燃料を作る」…続きを見る >

「水を分解して燃料を作る」 関西学院大・橋本秀樹教授が語る 人工光合成の最前線 前編2/2

カロテノイドが少ない人は老化が早い 堀江 そういえば、“NAD”ってすごいんですよね。以前、米国ワシントン大学の今井眞一郎教授と対談したんですが、「脳の視床下部が老化のコントロールセンターになっ…続きを見る >

「水を分解して燃料を作る」 関西学院大・橋本秀樹教授が語る 人工光合成の最前線 前編1/2

橋本秀樹(Hideki Hashimoto) 関西学院大学理工学部教授。1990年、関西学院大学大学院理学研究科博士後期課程修了。グラスゴー大学客員准教授、大阪市立大学教授を経て、現職。人工光合…続きを見る >

JAXAはやぶさ2プロジェクトマネージャー津田雄一が語る『はやぶさ2の挑戦』後編2/2

ロケット技術の継承をなんとかしたい 堀江 僕らのロケットは前回、打ち上げに失敗しましたけど、この間、フル秒時の燃焼試験をやって、無事成功しました。 津田 ロケットの作り方は教科書には書いてありま…続きを見る >

JAXAはやぶさ2プロジェクトマネージャー津田雄一が語る『はやぶさ2の挑戦』後編1/2

前編はこちら アメリカの約3分の1の予算で挑む、日本の小惑星探査 堀江 「はやぶさ2」の予算って、打ち上げ費用まで含めるとどれくらいなんですか? 津田 約300億円ですね。 堀江 300億円だと…続きを見る >

JAXAはやぶさ2プロジェクトマネージャー津田雄一が語る『はやぶさ2の挑戦』前編2/2

堀江 はやぶさ2の制御に使えるコンピューターとかって大体いつぐらいのものなんですか? 津田 やはりひと昔前っていう感じですね。コンピュータ自体はたくさん使ってるんですけど、CPUとしては16ビッ…続きを見る >

JAXAはやぶさ2プロジェクトマネージャー津田雄一が語る『はやぶさ2の挑戦』前編1/2

津田雄一(Yuichi Tsuda) はやぶさ2 プロジェクトマネージャー 宇宙科学研究所(ISAS)宇宙飛翔工学研究系准教授工学博士 まさに想定外。チャレンジを超えたチャレンジ。 堀江貴文(以…続きを見る >

AIロボットでの実験、iPS細胞での網膜移植、 福祉と一体化した医療センター。 理研・高橋政代が語る、眼科治療の今と未来 後編2/2

治療だけではなく、福祉、最新技術、予防で医療を変える! 堀江 高橋さんが関わっている「神戸アイセンター」っていうのは、視覚障がい者の人たちのトレーニングをやっていたりするんですか? 高橋 トレー…続きを見る >

AIロボットでの実験、iPS細胞での網膜移植、 福祉と一体化した医療センター。 理研・高橋政代が語る、眼科治療の今と未来 後編1/2

<前編はこちら> 目の見えない患者が、光を取り戻すだけでも大変なこと 堀江 今、iPS細胞を使った網膜の移植手術は、何例くらいやられているんですか? 高橋 免疫制御剤なしの他家移植を含めると6例…続きを見る >

AIロボットでの実験、iPS細胞での網膜移植、 福祉と一体化した医療センター。 理研・高橋政代が語る、眼科治療の今と未来 前編2/2

画像認識を使ってロボットがiPS細胞を培養する 堀江 網膜って、どういう組織なんですか? 高橋 網膜は、脳が眼球の中に入ってきている部分です。神経管からビューと出てきてお椀型になったのが網膜。試…続きを見る >

AIロボットでの実験、iPS細胞での網膜移植、 福祉と一体化した医療センター。 理研・高橋政代が語る、眼科治療の今と未来 前編1/2

高橋政代(Masayo Takahashi) 理化学研究所・網膜再生医療研究開発プロジェクト プロジェクトリーダー 1961年生まれ。92年、京都大学院博士過程終了。京都大学医学部助手、京都大学…続きを見る >

PR グッドラックスリーの井上和久が語る。「仮想通貨とブロックチェーンが、 ゲームを大きく変える!」後編2/2

<PR> “アマゾンコイン”が生まれたら、仮想通貨は一気に普及する 堀江 仮想通貨の世界では、ビットコインが事実上の基軸通貨になっていますよね。そういう意味では、ビジネスの世界には“…続きを見る >

PR グッドラックスリーの井上和久が語る。「仮想通貨とブロックチェーンが、 ゲームを大きく変える!」後編1/2

<PR> <前編はこちら> 仮想通貨系ビジネスはまだまだ問題が多い。でも、それでまた新たなビジネスが生まれる 井上 他には地域通貨にも興味を持っています。僕らが仮想通貨でトークンエコ…続きを見る >

PR グッドラックスリーの井上和久が語る。「仮想通貨とブロックチェーンが、 ゲームを大きく変える!」前編2/2

<PR> ブロックチェーン技術で、世の中にまだないエンターテインメントを提供する 堀江 他のゲームとかも作っているんですか? 井上 クリプト系以外だと、『さわって! ぐでたま』という…続きを見る >

PR グッドラックスリーの井上和久が語る。「仮想通貨とブロックチェーンが、 ゲームを大きく変える!」前編1/2

<PR> 井上和久 Kazuhisa Inoue 『グッドラックスリー』代表取締役社長 https://www.gl-inc.jp 1980年生まれ。福岡県出身。久留米大学附設高校卒…続きを見る >

1 2 22