BLOG

『スパイスカレーとテントサウナ』HIUベーシックインカムレポート【12月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)でメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

フード出店とメニュー開発

今月はカレー関連の出費が多かったです。わたしは大阪で間借り営業のスパイスカレー屋を運営しており、店舗営業に加えイベント出店やコラボイベントなどを月に数回開催しています。12月には3件大きなイベントのオファーをいただき、仕入れなどの調整を進めていたのですが、残念ながらすべて延期となりました。仕方ないこととはいえ収入面ではかなり負荷がかかってまいりました。

このままでは永く事業を続けられないので、メニュー開発や仕入れ先の見直しなど早急に経営のテコ入れをしています。こういう時こそ悲観的にならずなるべく楽しい手を打ちたいものですね。

平常時であれば音楽フェスでフードを担当したり、整体師とコラボしてのカレー企画など楽しい現場が多いのですが、基本的にワンオペなのでわたし自身がその場にいる必要があります。今回のようにイベント延期で稼働がなくなるとダイレクトにかなりダメージを喰らいます。
わたしがいなくても収益が発生する仕組みづくりが急務と考え、レトルトカレーや卸販売などの準備を進めています。

また、通常メニューの減価率を見直しました。カレーの材料については、わりとざっくり計算で作っていたのですが、改めて調べたところ店舗営業時の減価率が60%近くなっていることが判明しました。さすがに飲食業のセオリーからはみ出ししすぎているので売値と仕入れ先を変更しました。同業の友人にスパイスの仕入れ先を教えてもらい、かなりコストダウンできそうです。

いままでなんとなくざっくりやっていたツケがまわってきているのを実感しています。きびしいながらもマジメにコツコツ見直す良い機会にもなっています。

アウトドアサウナキャンプ

カレー屋以外にもいろいろとやりたい事があるので、なるべく居場所の固定をしないように店舗営業は週1日だけにしています。

やりたいことのひとつにアウトドアイベントがあります。かねてよりテントサウナにハマっており、この元気になる健康的な遊びを多くの人に楽しんでもらいたいという思いではじめました。

天気の良い日の屋外や、夜の焚き火が楽しめるキャンプは世代を問わず楽しめます。わたしのキャパ的に、あまり広く告知せず緩くハンドリングするのが良いように思っています。

越境禁止の通達が出た時などイベント自体中止する時もありましたが、近ごろでは問い合わせいただくこともあり、予防に有効な対応をしつつなんとか開催できています。

サウナグッズの輸入で海外とやりとりする事も増えてきました。

あらためて色々な事を考えさせられる昨今ですね。手数を増やしつつ、これからも安全に楽しめる良い企画を小ぢんまりと続けていければと思っています。

【使用内訳】
カレー関連費用 50000円
サウナ関連費用 40000円
HIU会費 10000円

レポート執筆者:Satoshi Yamatsu