BLOG

『キャンプイベントとスパイスカレー 』HIUベーシックインカムレポート【11月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, その他

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)でメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

キャンプとテントサウナ

今月はイベント出店とその準備で忙しい日々でした。感染症対策をしながら少しずつ企画が動きはじめており、おかげでなんとか食いつないでいけそうです。

わたし個人の主催としては、かねてより準備していたテントサウナキャンプのイベントを開催することができホッと一息ついています。世間の状況を観察しながら、各所調整をすすめ、小規模で実施したのがよかったと思います。今回は子供も合わせて15人くらいになるように参加人数を絞り、屋外で密を避けて一泊二日での開催でした。感染症対策はしっかりしつつも、わたしのもともとゆるい性格もあり、参加者のみなさまに助けていただきながら大成功となりました。なんとなく、この人たちは気が合うだろうなというメンバーが参加してくれたので子どもも大人も屋外で元気にげらげら笑う楽しい時間でした。

キャンプ場にあるピザ窯も使わせてもらいました。生地を伸ばすところから、初めての体験に興奮です。空気の抜き方や生地の厚さで食べた印象が変わり、それぞれに美味しく面白い。

テントサウナやキャンプのように、元気になるような遊びがとても楽しい。これからも定期的に開催したいと思います。

カレー関連のお仕事

11月にオープンした友人のカレー屋で監修のお手伝いをさせていただいています。もう1人、兵庫県の大繁盛カレー屋さんとの共同監修なのですが、こちらが勉強になることばかりです。お店は奥まったところにあり、不定期営業なので存在を認識してもらうことが大切ですね。週替わりのメニューを考えたり、カレー屋の監修というのも初めての仕事なので難しいところもありますが、お店の立ち上げから関わることができて楽しませてもらっています。

また、別の友人から合計150食分のカレーを出店して欲しいとオファーがありお受けしました。月末に自粛要請が出される少し前のイベントだったので、予定通り出店することができました。大量の仕込みはとても良い経験になりましたが中止になっていたらと思うとゾッとします。知人のカレー屋はイベントで1000食売ると言っていたので比べるとまだまだですが、わたしとしては一度に仕込む最大量を更新しました。材料調達などの段取りから、実際の調理まで何度も確認しながら進めます。途中で玉ねぎを焦がしてしまい大量に廃棄することになり、ほぼ徹夜でイベント当日に搬入したのはいい思い出です。イベント会場では電力供給に難があり米が炊けずにお客さんを何度も待たせてしまうという場面もありましたが、優しい参加者のおかげでなんとかなりました。トラブル発生時にも誰もイライラしたりせず、良いイベントに参加させてもらえて光栄でした。

このレポートを書いている時点で、私の住む地域は再度自粛要請が出されており、間借り営業しているわたしのカレー屋もそこそこ打撃を受けております。
通常の営業以外の場面で収入を作っていく良い機会でもあるので前向きに色々やっていこうと思います。

【使用内訳】
サウナ関連費用 40000円
カレー関連費用 50000円
HIU会費 10000円

レポート執筆者:Satoshi Yamatsu