BLOG

【メルマガダイジェスト】ホリエモンが菅首相のコロナ対応に「これこそがリーダーシップ」・ホリエモン「合宿は最高のコンテンツ」

カテゴリー:
その他, メルマガダイジェスト
これだけ読んでも楽しめるけど、有料メルマガは10倍以上楽しめる…そんなホリエモンメルマガ11/16配信『堀江貴文のブログでは言えない話 vol.565』無料ダイジェスト版。
前回より続々とメルマガ内の新規コンテンツが増加中!!

noteにホリエモンが投稿しているコンテンツが続々と公開されております!!

それでは今週もメルマガダイジェストいってみましょう!

ホリエモンが菅首相のリーダーシップを評価・落ち葉を使ったビジネス

【時事ネタオピニオン】
毎週ニュースの中から、ホリエモンが気になるネタを10個セレクトしコメントする「時事ネタオピニオン」のコーナー。
今回もその中から一つをピックアップ。
『菅首相、緊急事態宣言やGoToキャンペーンの見直しは「行う状況ではない」』
https://bit.ly/38V5aIX
ホリエモンこれこそがリーダーシップというものだ。科学的見地から経済対策とのバランスも取って、批判を受けようとも毅然としてベターな決断をする。医療機関の逼迫状況などを総合的に判断して決めているのだろう。不安を感じている国民に対して良いメッセージにもなる。
他にも『マイナカード、スマホ搭載へ 』や『ファイザーの新型コロナワクチン、確率90%超で感染防ぐ暫定結果』などについてコメント。
また今週のヒトコマでは西アズナブルさんのイラストも楽しめます
詳しくはメルマガ本編へ。
【ビジネスモデル教えちゃいます塾】
毎週ホリエモンが新しいビジネスモデルを提案するコーナー。
今週はホリエモンが京都府宮津市の『傘松公園』というところでヒントを得たというビジネスをご紹介。
ホリエモンが触手を動かされたのは、傘松公園でみたという落ち葉を使ったアート。
これを見て「ステキやん」と思ったという、ホリエモンが思いついたのが今回のビジネスモデル。
カプチーノのアートなどと同様にビジネスになりうるのでは?とホリエモンは可能性を感じています。
一体どのようにしてビジネス化してのでしょうか?
詳しくはメルマガ本編にて。
【近況報告】
今週はHIU合宿で京都へ向かったホリエモン。
京都から琵琶湖スポーツランドへ移動してHIUの合宿がスタート!!
まずはグループ分けして耐久カートレース。レースクイーンやカートレーサーも参加するなど本格的!!
カート慣れしているホリエモンチームが大人げなく優勝!!表彰台でシャンパンファイトまでする始末(笑)
その後は京丹後にある竹野酒造へ。こちらの日本酒ホリエモンが「嫌な匂いが全くしない」との事。
その後は合宿参加者が各自で夕食をとっているお店を回った後には、海沿いにあるグランピングリゾート『Farm Glamping』のテラスで乾杯をして利き焼き栗イベント、からのローストビーフ作り。
翌朝にはウエイクボード!ホリエモンが後続のジェットスキーにぶつかられるというアクシデント(笑)その後にもさらにさらに充実のコンテンツが満載。
ホリエモンが「最高のコンテンツ」と話す合宿の魅力が余すことなく掲載されております。
詳しくはメルマガ本編にて。

ホリエモンのおすすめチャーハンがある高級中華店・最新のiOSをホリエモンがレビュー

【おすすめレストラン】
読者さんの「グルメ情報を掲載して欲しい」という声から誕生したコーナー。
オススメの飲食店を紹介して行きたいといます。今回は460軒目。
〜コロナ禍に恵比寿にオープンした中華料理店〜
今週はコロナ禍の中2020年10月にオープンしたという中華料理店をご紹介。
店内はカウンターではなくテーブル席から料理の様子が見えるという造り。
料理はおまかせのコースのみ、彩り豊かな前菜から始まるコース、季節によってはその場でイクラをほぐして紹興酒に漬けるなどのパフォーマンスもあったりと日によって提供される料理は変わり、10品近くが提供されるとの事。
毎回料理の提供後に料理長からの説明が入り、ライブ感があるお店です。
ホリエモンはここの一風変わったチャーハンがお気に入りの様子です。
詳しくはメルマガ本編にて。
【私のおススメデジタルガジェットコーナー】
ホリエモンがおススメするiPhoneアプリやサービス、デジタルガジェット等を紹介するコーナー。
今週はAppleユーザー御用達のOS「iOS」の最新版「14」をホリエモンがレビュー!
今回のアップデートについた新機能の数々、その中でもホリエモンがお気に入りの機能を紹介してます。
iPhoneユーザーの人達も意外と知らない新機能が備わっており、さらに便利になったiOSをホリエモンが解説しております。
今回のアップデートとは関係ないiOSの裏ワザ的機能もホリエモンが披露しております。
詳しくはメルマガ本編にて。
【ホリエモンの言葉】
ホリエモンの書籍などに掲載されている言葉のなかから、印象的と言われているものをピックアップ。その言葉について解説するコーナー。
『貯金なんてしてお金を「遊ばせておく」のはアホらしい』
ホリエモンZOZO創業者の前澤友作さんが銀行のATMに足を運び、手持ちの通帳に記帳したところ、残高が963億9000万円以上あった、というYouTube動画が話題になった。読者のみんなにとっては信じられないことかもしれないが、僕の銀行口座にある残高はいつも数百万円程度だ。1000万円を超えることなんてまずない。理由は簡単。貯金なんてして、お金を「遊ばせておく」のはあまりにもアホらしいことだと考えるからだ。2019年、金融庁が「老後資金は2000万円必要」という報告書を発表して大騒ぎになった。「2000万円ではとても足りない。3000万円は必要だ」、ま「1000万円単位の貯金なんて、とても自分にはつくれない」と、マスコミに煽られてパニックに陥った老人は多い。キャッシュを手元に置いておかないと不安になってしまう人が多いのは、学校教育のせいだと僕は思う。親や教師から、こんなふうに教えられてきた人は多いはずだ。「人生、何が起こるかわからない。いざというときに備えて必ず貯金はしておきなさい」と。僕自身、両親から「お年玉を一度に使うな。何年分も大事に貯めておけば、今は買えないようないいものが買えるんだから」と言われて、貯金を強制された。なぜ手元にあるお金を、今すぐ好きなことに使ってはいけないのだろう。まるで、貯金することが「ゴール」そのものであるかのようだ。その一方で、貯金とはインフレリスクをまるで無視した危険な行為だということについては、誰も指摘しない。リスクヘッジしたければ「信用」を貯めるべきだ。福岡で「MIKI・ファニット」というダンススタジオを経営する太刀山美樹さんという女性が、高校1年生の娘に3年分のお小遣いや交通費104万円を一括で支給したと綴ったコラムが話題になった。月額2万9000円×36カ月分を前払いで渡し、自分で責任をもって管理しろと子どもに丸投げしたのである。この「丸投げ」、貯金しろとまくしたてるよりも、子どものマネーリテラシー向上にはずっと役に立つ。お金を使って機材を買い集め、ユーチューバーデビューしてもいいし、バックパッカーとして放浪の旅に出るのもいいだろう。16歳にしてビットコイン取引を始めるのもアリだと思う。失敗してお小遣いを全部失ったとしても、その経験はのちのち必ず生きる。学校ではけっして教えてもらえないことだが、本当に貯めるべきものは、(信用を紙や金属に置き換えただけの)お金ではなく、信用そのものなのだ。信用とは一種の無形固定資産。君たち自身に周りからの信用があれば、その信用はお金に換えることができる。つまり、どんなピンチに陥っても必ず誰かに助けてもらえるのだ。その反対に、1万円札をいくら積み上げたところで、信用を買うことはできない。親や教師の言う「いざというとき」に備えたいのなら、社会的信用を上げておくことこそが、最大のリスクヘッジになる。そもそも、なぜ日本政府や銀行は、貯金を奨励しまくるのだろうか? それはズバリ、みんなにコツコツ貯金してもらえたほうが好都合だからだ。銀行は、僕たちが口座に預けたお金を企業や個人に貸し付けている。客のお金を又貸しし、年率何%かの利息を受け取って潤っているというわけだ。銀行口座に預金がある人は、「オレたちが銀行にカネを貸してやっているおかげで経営が成り立っているんだぞ」と、もっと威張ったっていいくらいだ。さらに言えば、銀行は少し前に政府の規制が入るまでサラ金(消費者金融)の会社にバカ高い利息で金を貸し付け、荒稼ぎしていた。「貯金は無意味ですよ」なんて口が裂けても言えないだろう。銀行の金儲けのカラクリがわかれば、一生懸命お金をATMに貯めこむことがアホらしくなる。学校教育で刷りこまれた「洗脳」を今すぐにでも解除し、本当の意味でのマネーリテラシーを身につけるべきだ。極端なことを言えば、「あり金」なんて全部使ってしまえばいいのである。
──『疑う力』( https://amzn.to/37xTgnw )
他にも『やりたいことに全力を尽くせていないから、思い出などに思考が奪われる』など気になる言葉を御紹介。
 
詳しくはメルマガ本編にて。

ホリエモンによるアメリカ大統領選解説・体内にマイクロチップ埋める猛者はいませんか??

【ホリエモンWITH(不定期連載)・特別コンテンツ】
ホリエモンが取材したい人に会いに行き対談をする企画『ホリエモンWITH』。主にイノベーティブなことをしている人に分野を問わず会いに行って話を聞いてみたいと思います。
※取材などの関係上、ホリエモンWITHの掲載は不定期となります。その際には、マンガなどの特別コンテンツを届けさせていただくこともございます。予めご了承ください。
今週は対談コーナーは休載とし、YouTubeでお伝えした『今回のアメリカ大統領選と日本への影響について解説します』を文書にまとめて掲載したいと思います。
今回のアメリカの大統領選挙は今回の「白人vsマイノリティ」と見ることができるというホリエモンが今回の大統領選の結果が出た背景について解説しております。
詳しくはメルマガ本編にて。

【特別コンテンツ】

★新刊書籍『それでも君はどこにでも行ける』( https://amzn.to/3p8s451 )発売前掲載その1★

世界中を巡り、そしてコロナ禍を受けて「この先の世界」に考えを巡らせたホリエモンの最新刊『それでも君はどこにでも行ける』(光文社刊)2021年11月、世界で最も重要な選挙・アメリカ大統領選の投開票が行われましたが、最大のホットワードになったのは、アメリカの「分断」というものでした。
今回は同著から「トランプ現象」についてのホリエモンの見解を特別に掲載します。

詳しい内容はメルマガ本編にて。
【特別コンテンツ2】
実験的に期間限定でホリエモンが毎日noteに書いているコラムを、メルマガ会員限定で一週間分まとめてお届けします。noteでメルマガを購読している人は毎日読めますよ!!
『成果を出すにはとにかく手数を出すことが重要な話』
新型コロナウィルス騒ぎで表向きの公開イベントをやっていない代わりにHIU(堀江貴文イノベーション大学校)の二泊三日の合宿を年四回やることにした。なので今回は秋合宿だ。HIUの目的は端的に言うと「生き方改革」だ。なのでカバーする領域は多岐にわたる。一種の社会活動であり今のコアなメンバーが社会に良い影響を与えるようになることが目標で…
気になる続きはメルマガ本編にて。

他にも『今年もミュージカルをやる理由』や『最近の耳よりダイエットメソッド』など続々と公開されております。

【わらしべ企画(仮)】
読者の方々とやり取りをしていくメルマガなので、童話「わらしべ長者」的に毎週読者さんと物々交換をするコーナー

今週の交換製品は、先週に引き続きcellaraさんかご提供いただいた、こちら!

———
★商品★
『体内マイクロチップ xBT Temp Sensing RFID Tag』(新品未使用)

「スウェーデン等で話題の体内埋め込み式マイクロチップです(決済等はできません)」というマイクロチップ。テレビなどで見たこともある方もいらっしゃるかと思いますが、スウェーデンでは当たり前にように体内に入れている人もいるのだとか。手の甲部分、親指と人差し指の間に埋め込むの方が多いようで、電子キーだったり個人情報を入れていたりする人がいるようです。もちろん日本では普通に売られていませんし、決済機能などの利用は対応側の関係から難しいようですが、こちらのマイクロチップを読み込める機器があれば利用できる可能性もあります。当たり前ですが新品未使用。イーロン・マスクなども気にしているようなので気になる人は是非。
※あくまでチップとしてのご提供で、利用はご自身の責任でお願いします。

———-

上記とお手持ちの製品(使用済みでも構いません)を交換したい方は下記フォームから送ってください。
応募フォームはメルマガ本編にて。
【今週のお題】
このコーナーでは、お題に対するアイディアを募集します。採用された方にはなにか特典があるかも?!
★今週のお題★
『駅で売られていてテイクアウトできる美味しいもの、教えて下さい』
ホリエモン駅で売られている本当に美味しいものを教えて下さい。駅弁に限らず、駅で売っていてテイクアウトできる食べ物を教えてください。メジャーではないけど、マジで美味いものが知りたいです。わざわざその駅に行きたくなるような。
皆様からのご意見をお待ちしております。
また以前のお題『ホリエモンチャネルで今後やってもらいたい企画は?には様々なご意見が寄せられました!
 
詳しくはメルマガ本編にて。

ホリエモンが考える「海外で需要がある日本のモノ」・編集S氏が使う「超多忙のホリエモンに情報を伝え指示を仰ぐ」方法

【Q&Aコーナー】
基本的に全ての質問に回答しています。
今回は60問の質問に回答。
その中から一つをご紹介します。
————-
読者からの質問『北米や欧州で、日本酒や抹茶、和牛以外に需要がある日本のモノは他になにがありますか?思い当たるものいくつかご教示下さい。
ホリエモンの答え水とか、ウィスキーとか、伝統工芸品系とか。
 
————-
1回につき約200円でホリエモンが質問に答えてくれる当コーナー。
応募要綱や応募フォームはメルマガ本編にあります。
大人気の当コーナーのスピンオフ企画である、Youtube『ホリエモンチャンネル』Q&A
では当コーナーに送られて来た質問の中から数問をセレクトし、ホリエモンが直接動画で回答します。ここでの解答より詳しく解答する事も?!あなたの質問が採用されるかも?!
 
【プレゼントコーナー】

今週のプレゼントは光文社さんよりご提供いただいた11月17日発売となるホリエモンの最新刊。

『書籍「それでも君はどこにでも行ける」』
https://amzn.to/2GQCpRN
を10名様にプレゼント!!

沸騰するアジア経済、没落していく日本――。スマホの普及や通信速度の向上などインターネットの発達により、加速度的にグローバル化が進む世の中。この流れは止まらない。

そんな世の中に突如として蔓延した新型コロナウイルス。このウイルスの登場により、リアルな世界との往来は分断された。我々はどのようにグローバルと向き合えばいいのか?

アフリカに南米、アジアにヨーロッパ、北米と世界中を巡ってホリエモンが考えたグローバリズムの辿り着く未来と、そこで強く賢く生きていくための知恵が詰め込まれた渾身の一冊です!

ということで、上記賞品をご希望の方は、プレゼントフォームに必要事項を記載しご応募ください。今週の合言葉の選択も忘れずにしてください。

応募に必要な合言葉、応募フォームなどはメルマガ本編にて。
【先週のHIU通信】
皆さん気になっている感じのHIUこと『堀江貴文イノベーション大学校』そこで新コーナーとしてHIUのメルマガ担当から、HIU内にある多くの分科会の中から1つ紹介します。
———-
■不動産
『とりあえず秋田市内の土地買いました』
東京・新宿在住の吉原さんがコロナウザいと地方移住を決断。もう土地130坪購入したんですって!はっや。テンション上がる物件ないなら作っちゃおう!と皆さんからのアイデア大募集中です。秋田まで飛行機で1時間。食べ物もお酒も美味しい、温泉もある!あとはクマ対策だけ!?
———-
他にも『ワンコイン美容法』などなど分科会の活動など、詳しくはメルマガ本編にて。
【編集Sが考える、先週の仕事から考える仕事術(仮)New】
読者さんから、「編集Sがどのように仕事をしているのか知りたい」との投稿があったので、試しにやってもらうことにしました。ただ、デスクワークなので近況報告よりも仕事について書いていく模様です。
今週はホリエモンとの仕事で編み出したという「忙しいと思われる人に情報を伝え指示を仰ぐ際のワザ」を披露しております。超多忙のホリエモンに対して意思決定の際にできる限りリソースを裂かせない方法を披露しております。
詳しくはメルマガ本編にて。
【編集後記】
当メールマガジンの編集人、担当S氏による、堀江関連の情報をお届け。堀江に関するちょっとしたこぼれ話やメルマガのこと、今後の活動などを掲載しています。
今週は『OPENREC』( https://www.openrec.tv/user/horiemon_ )へ移行した『堀江貴文と藤田晋のビジネスジャッジ!!!』の生放送でホリエモンと遭遇したS氏。
この配信では、ホリエモン、藤田社長、西澤さんを映しているカメラの横にS氏が座りハンドマイクでトークをしている模様。
そんなS氏の目に入ってきたのはカメラには映らない出演者の足元。
そう!先日もお伝えしましたがS氏とホリエモンの1年にわたる因縁がありまして、S氏はホリエモンにNIKEのスニーカーを2年にわたり誕生日プレゼントしているのですが、ホリエモンは一向に履いてくれなくて嘆いているS氏。
しかし今回の収録中ホリエモンの足元を見たとき…そこに光り輝く白いスニーカーが…
ついに、ついにその時が来たのでしょうか?!!
詳しくはメルマガ本編にて。
・・・毎号、読者のみなさまからのメッセージを反映させ、コンテンツを充実させているホリエモンのメールマガジン『堀江貴文のブログでは言えない話』
「ニコニコ動画」/「まぐまぐ」/「FC2」/「BLOGOS」/「夜間飛行」/「ダイヤモンド/「シナプス(Facebook)」/「note」で、毎週1回発行しています。値段は月額864円(税込み)。バックナンバーの販売もあります。
メルマガの申し込みはこちらから▼
★DMM Lounge【堀江貴文イノベーション大学校】入会ページ★