BLOG

ホリエモン×ひろゆき、アプリストアから削除された 『フォートナイト』の結末は…

カテゴリー:
その他

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

ホリ 米エピック・ゲームズ社の人気ゲーム『フォートナイト』が、8月13日に「アップストア」と「グーグルプレイストア」から突然、削除されたよね。

ひろ アップストアやグーグルプレイストアで配信しているゲームの課金は、各アプリストアの決済システムを使うことになっているのに、エピック・ゲームズがゲーム内に独自の決済システムを作ったんですよね。で、それが規約違反にあたるということで削除されたわけです。

ホリ 課金の売り上げの30%を手数料としてアプリストアに取られるので、それが高いというのはあるよね。

ひろ フォートナイトくらいの人気タイトルだと、かなりの巨額になりますからね。

ホリ ドコモのiモードは、アップストアと同じようなプラットフォームビジネスだったけど、手数料は9%だった。だから30%はかなり高いよ。

ひろ 堀江さんも悩まされたりしたんすか?

ホリ 例えば、メルマガとかのコンテンツをアプリストアで提供しようとすると、他のメルマガ配信サービスと比べてかなり高い手数料を払うことになる。そんな中でエピック・ゲームズはアプリストアに喧嘩を売ったわけだから、スマホアプリで課金展開をしている企業は、応援しようという気持ちになるんじゃないかな。

ひろ その喧嘩も思いつきでやっている感じではないですよね。アプリが削除されたらすぐに訴状と一緒に、アップルが1984年に出したCMのパロディまで公開しているわけですから。

ホリ 独裁者が演説するスクリーンに向かってハンマーを投げつけるやつね。元のCMは「マックのわかりやすい操作が、当時のわかりにくいインターフェースから人々を救う」って意味だったけど、今度はアップルが批判されるほうになった。

ひろ しかもエピック・ゲームズのオリジナルストアでは、5000円以上する新作ゲームが発売日から24時間限定で無料配信されていた。そして、その発売日が騒ぎになった8月13日なんです。かなり周到に準備してますよね。

ホリ まあ、フォートナイトはPCでもプレイステーションでもニンテンドースイッチでもプレイできるから、スマホのアプリストアからの売り上げに依存していないのが大きいよね。

ひろ スマホアプリだけで稼いでいたら、アップルとグーグルに締め出されたら終わりですからね。フォートナイトのガチゲーマーは、みんなPCでプレイしているからスマホアプリユーザーが減っても屋台骨が揺らぐわけではない。しかも、エピック・ゲームズのオリジナルストアを宣伝するいい機会にもなった。だから、戦略的に実行日まで綿密に決めていたような気がします。

ホリ きっと、iPhoneやAndroid経由の売り上げが大きくないうちにジャブを打っておこうって感じなんだろうね。

ひろ 世界中の開発者やコンテンツプロバイダーは30%の手数料に困っているので、みんな心の中ではエピックを応援しているでしょうからね。

 

 

(この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください)

友だち追加数