BLOG

ホリエモン×ひろゆき、コロナの影響でリモート出演増加、 テレビ業界は今後どうなる?

カテゴリー:
その他

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

 

コロナの影響でリモート出演増加、テレビ業界は今後どうなる?

ひろ 新型コロナウイルスでいろんなところに影響が出ていますね。テレビ番組も濃厚接触を避けるために出演者も距離を取ってソーシャルディスタンスを保ったりしていますし、収録の延期や中止も相次いでいるみたいで。

ホリ というか、テレビのスタジオ収録なんかまさに不要不急の最たるものだろ。ラジオ番組もブースに飛沫防止のアクリル板を立てたりしているけど、ラジオは声だけなんだからオンライン出演で十分でしょ。俺、この間、ラジオに「Zoom」(ウェブ会議サービス)で出演したけど、何の問題もなかったよ。

ひろ テレビに比べてラジオは音声だけだから、相性は良さそうですよね。僕、アベマTVの『アベマプライム』という番組に出演しているんですけど、やっぱりZoomでやっていますよ。

ホリ てか、アベプラとか何でやってんの?

ひろ 僕は基本的にあまり仕事を断らないので。

ホリ あ、そうなんだ(笑)。俺は断りまくってるよ。ひろゆきのことだから、アベプラに出演することで制作過程とか裏側とかのノウハウを知ろうとしているのかもしれないけど、ぶっちゃけ地上波でやっている番組の劣化コピーみたいな制作手法を知ったところで意味ないでしょ。

ひろ リモートでMCするスタイルって、今までなかったので面白いのかなと。で、今後、こういった形での番組制作が当たり前になると、世の中はちょっと進むと思うんですよ。前代未聞のことなので失敗することもあるとは思いますが、その中でノウハウとかも溜まっていくと思います。例えば、タイムラグがあるので会話がずれたり、回線が途切れたりとか十分起こりうるでしょうし。

ホリ まあ、オンライン出演が進むのは悪いことではないよね。

ひろ あと、アベプラはキャストのひとりとしての出演ならフロアディレクターのカンペを見なくてもなんとかなりますけど、MCは現場のスタッフと意思疎通ができないとマズいので、カンペ用のカメラを用意してもらってたり、PCのスカイプが落ちたときのサブとしてLINEを繋いでいたり、そういう現場のノウハウを確立することができるんじゃないかなと。

ホリ ってか、アホなMCとかB級コメンテーター揃いのニュース番組より、俺のひとり語りユーチューブのほうがウケるんだよ。だからMCとゲストがいてトークする番組に出るのはやめようかと思っているくらい。

ひろ まあ、ギャラで考えるとネット番組よりユーチューブの方がコスパがいいですからね。

ホリ 金銭的メリットは明らかにユーチューブだよね。スーパーチャット(生放送中に利用できる投げ銭機能)をやったけど20分で10万円近く集まった。ネット番組のギャラなんかスズメの涙。テレビはまだ視聴率が取れる番組なら意見を広く伝えたり知名度を上げたりする効果があるけど、今はそれも微妙になりつつある。みんながスマホを当たり前に持って、通信回線が4Gになってからはユーチューブがストレスなく見れるようになったじゃん。だから、これからはテレビに残っていたメリットがなくなっていくよね。

 

 

(この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください)

友だち追加数