BLOG

ホリエモン×ひろゆき、話題の翻訳ツール「DeepL」は、 若者言葉に対応できるのか?

カテゴリー:
その他

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

 

話題の翻訳ツール「DeepL」は、若者言葉に対応できるのか?

ホリ 翻訳ツールの「DeepL」って使った?

ひろ 一応、触ってみましたよ。

ホリ めちゃくちゃレベルが高いと話題だったから、俺も試してみたんだけど、かなりの精度だよね。無料で使えるグーグル翻訳と比べると、飛躍的に良くなっているというレベル。

ひろ 翻訳の精度って、どんどん上がっていますよね。ただ、その精度がどこまで上がるかが疑問なんです……。

ホリ というと?

ひろ 例えば、東京の人がいくらがんばって関西弁をまねしても、関西人が聞いたらスグにエセ関西弁だってバレるじゃないですか。あんな感じで、どこかに罠があると思うんです。

ホリ でも、それは、このDeepLにもたぶん使われているディープラーニングの得意なところでしょ。

ひろ ただ、関西弁は発音以外にも関西特有の知識とかが必要になる部分もあると思うんですよ。

ホリ でも、DeepLはスラングとかも覚えて、翻訳に活かしているみたいだよ。それに、ディープラーニングは教師データをどんどん学習していくので、そういう部分も解消されそうな気がするけど?

ひろ 一般的に使われている言葉であればそうなんですけど、例えば、「ナウい」は古くて、今は「イケてる」が一般的な感じもありますけど、若者からしたら「イケてる」ももう古くなっているとかってあるじゃないですか。そういう人間の感覚の部分って、難しい気がするんですよね。

ホリ おっさんが言い始めた単語はもう古いから若者は使わないみたいな? それを追いかけてもしょうがないと。

ひろ はい。「それなー」とかも、もう古いみたいですから。

ホリ どうなんだろう。そういうのも時系列に合わせてディープラーニングで熟知させていくような気もするけど。

ひろ 理論上は、発言の時系列や発言者の属性に合わせて教師データを変えていくことで対応していくことは可能なんですけど、そういうことをやればやるほど、若い人ってその言葉を避けていく気がするんですよね。言葉って100年前から進化しなくても誰も困らないものですけど、若い人たちって必ず進化させますよね。若者だけが通じる言葉を作って、それがわかることで共感を覚えるみたいな。だから、AIが出てくると、AIがわからない表現とかを好んで使うような気がするんです。

ホリ つまり、いたちごっこになると。で、そういうのを追いかけてもしょうがないから、あえて教師データから外していくと。まあ、今はDeepLも一般的な翻訳ツールとして進化させていると思うけど、今後は例えば「医療系専門」とか「市場専門」の翻訳とか、そういう感じで分かれていく可能性はあるよね。

ひろ 同じ単語でも業界ごとに意味が違ったりするので、専門に特化した方がミスは少なくなりますからね。例えば、同じ「クレーム」という言葉でも、カスタマーサポート業界と知財の業界とでは、全然意味が違います。あと、すべての分野を網羅するような翻訳になるよりも、業者に使いやすい形になるので、結果を出しやすいんじゃないかと。

 

 

(この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

友だち追加数