BLOG

ホリエモン×ひろゆき、ホリエモン×カルロス・ゴーン対談。なぜ、話題にならなかったのか?

カテゴリー:
その他

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

ホリエモン×カルロス・ゴーン対談。

なぜ、話題にならなかったのか?

ひろ カルロス・ゴーンさんと3月6日に対談したユーチューブ動画が話題になってますね。

ホリ 通訳を入れずにやったから、「英語がつたない」とかの批判がもっと来ると思ってたけど、意外と少なかったんだよね。英語のボキャブラリーは多いんだけど、その場でスッとは出てこないから、それは場数をこなしていけないいし、話題になることもわかったから、これからも世界でのインタビューシリーズは続けていくつもり。

ひろ そうなんすね。

ホリ ただ、1日かからずに対談動画の再生回数が100万回を超えたのに、ユーチューブの「急上昇ランキング」に載らなかったのはなんでだろう? ゴーンさんと一緒に日本の検察を批判した内容だったから、検察への忖度とかがあったのかな?

ひろ ユーチューブの親会社でもあるグーグルが日本の検察に忖度するとは考えづらいんじゃないすか。そもそも検察批判にかかわらず、政治的な話題の動画には広告がつきずらかったりしますし。しかも、ゴーンさんは裁判中に日本から逃亡して罪をさらに重ねた人なので、忖度と関係なくユーチューブ的な評価は低いんじゃないすかね。

ホリ なるほどね。

ひろ でも、ゴーンさんはどうなるんすかね? 今月初めに法務省の義家弘介副大臣がレバノンに行って、大統領や司法大臣らと会談したみたいですけど……。

ホリ あれは無駄な行動だね。行ったところで引き渡してくれるはずないのはわかっているだろうから、単に国民に対するポーズといわれても仕方ないね。

ひろ 〝ポーズとしてやらなきゃいけない仕事〟をやってきた感じですよね。

ホリ ほんと、くだらないよね。自分たちが間抜けで逃亡されてしまったのに、それを言い訳するために高いお金をかけてわざわざ行く必要があるのかね。

ひろ ただ、レバノンって債務不履行で破たんしちゃったので、日本政府が裏でレバノン政府にめっちゃお金を積めば、超法規的措置とかしてくれる可能性はあったりするかもしれませんね。

ホリ  どうだろう。まあ、今はとりあえず、ICPO(国際刑事警察機構)の赤手配書(国際逮捕手配書)の取り消しを求めるべく弁護士を入れて異議申し立て中らしい。それが受け入れられれば、日本以外の国には入国できるようになるらしいよ。

ひろ 異議は通りやすいかもですね。他の国では有罪になる可能性の低い犯罪ですし、実害ほとんどないですからね。

ホリ そうなのよ。ゴーンさんの事件の本質って、日産内部の権力争いに検察が介入してきただけだからね。日産の経営陣が自分たちでゴーンさんを追い出せなかったから検察に力を借りたんだよ。

ひろ それで、言葉も通じない国で裁判の結果が出るまで下手したら5年以上かかることになっていたわけですしね。

ホリ ヒドいよな。

ひろ まあ、ユーチューブは検察への忖度はなさそうですけど、堀江さんとゴーンさんが対談したというニュースがマスコミで取り上げられないってことも話題になってるっぽいですよ。

 

 

(この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

友だち追加数