BLOG

『HIU新年会は屋形船!』HIUベーシックインカムレポート【2月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

浅草屋形船新年会

H I Uグルメグループでのイベント屋形船で新年会に参加しました。元々は数人程度で新年会を行う予定だったのですが某教授の提案で屋形船での新年会となり規模も40人以上での開催となりました。屋形船は一度乗ってみたかったので良い経験になりました。スカイツリーは曇りで3分の1程しか見えませんでしたがお台場やレインボーブリッジなどは綺麗に見えました。

私はH I Uでの活動が3年を超え村G中心にそこそこH I Uでも知り合いが増えて6人用のテーブルが8卓ほどあったのですがどこのテーブルに行っても誰か知り合いがいるというような状況で色々会話を楽しむことが出来ました。天ぷらなど料理も美味しく、数人の方がプレゼンをしたり元自衛官の方が5種類の匍匐前進を披露したりと大変盛り上がりました。船上での宴会は一味雰囲気が違い東京の夜を三次会まで堪能しました。

ドローンハンティング始動

そしてその翌日はゼロの郷*でドローンのイベントを開催。H I Uのドローン所有者が集まりました。集まったのはドローン持ってない方も合わせて15人。複数のドローンが一斉にゼロの郷*上空を飛び回るのは壮観でした。今回はドローンハンディング企画の一環として開催しましたが、実際に獣をドローンで発見することは出来ずで、人が歩いているのをサーマルセンサー付きドローンで確認するに留まりました。

夜は外でバーベキューをしたり焚き火をたりでいつものとおり様々なテーマで語り合いました。冬の野空の下、寒さの中で暖かい焚き火を囲みながら語る時間はゆっくりとした時間が流れ都会では体験できない贅沢な時間の過ごし方です。

そして翌日朝はのんびり過ごしているとH I Uの猟師がゼロの郷*付近でニホンジカを仕留めたとのことで援軍に。捕えたのは3歳以上の大きな角をもっと雄鹿でした。とても大きかったので男性4人でやっと車に乗せてゼロの郷*に運び解体です。各部位を切り分けていくのですが胃袋にはお茶の葉がぎっしり詰まってました。近隣の茶畑も彼らに食べられているのです。獣害駆除が急務だと改めて認識することになりました。処理した鹿肉は美味しくいただきました。

浜名湖強風ライド

私が所属している静岡のバイクチームの仲間と島田市の大井川から浜名湖まで往復の150km程度のライドをしてきました。以前名古屋まで200kmほどのライドを経験していたので、余裕だと思っていたのですが甘かったです。静岡の西部地方は遠州のからっ風といい風がとても強いのです。私は体重が重いので登り坂が苦手で序盤の坂が一番キツいかな思っていたのですが、その後の西へ進む浜名湖までが永遠と向かい風でさらにキツかったで

往路の3分の2程度進んだところまでで大幅に足の体力を削られ足が攣りました。気持ちが折れそうでしたがなんとか浜名湖に到着。名物のハンバーガーを食べて帰りは追い風でスイスイと快適に帰ってきました。同行したメンバーが速かったのもありキツロングライドでした。までにウエイトを落としてヒルクライムの強化をします。

<使用用途>
新年会参加費用30,000
H I U会費 10,000円
会食費用 10,000円
旅行費用 50,000円

レポート執筆者:永田昌吾