BLOG

『これが私の最後の演奏会』HIUベーシックインカムレポート【2月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, その他, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

急遽最後になったピアノコンサート

2月28日(金)、武蔵野市にあるパン屋さんにて、ランチタイムコンサートが開かれ、多くのお客さんの中で演奏。しかし、当日は少し違った。それは、急遽、次の週からのランチタイムコンサート中止だ。1月から世界中に感染拡大している新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止する。

演奏会の中止の背景には、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、政府が要請した「多数の人が集まるイベント」の中止や延期の対応、小中高等学校の休校の要請が大きく響いた。

ゴドフスキー作曲「ショパンのエチュードによる53の練習曲集より第5番 変ニ長調 Op. 10 No. 3「別れの曲」」など、最後となったピアノコンサートに悲しみつつ演奏。ランチタイムコンサートの再開時期は未定だとしている。

いざ、はじまった音楽教室

2月から開校した国際色豊かな生徒が多い音楽教室。ネパールや他の国の生徒などが通っている。最初は、受講日が火曜日だったが、都合で金曜日に変更。16時から20時まで指導。はじめのうちは、私の担当は事務職だ。生徒さんの受講スケジュールを組んだり、生徒さんへ連絡をしたりする任務が多い。
ピアノ授業では、はじめてピアノを習う生徒も多いため、演奏の基本「イスの高さ」から指導する。それは、美しい音色を出すひとつのきっかけだからだ。多くの生徒は、イスを一番高くして演奏するが、正しい演奏する基本は、鍵盤の高さより肘が低くしたほうがよい。なぜなら、前腕の重さを効率的に使うことができるようになるからだ。いすの高さが決まったら指の練習の仕方などを指導。これからは、さらなる生徒を集めていきたい。

ZAQが家にやってくる

今月も、HIUなどDMMオンラインサロン入会継続¥11,000-をはじめ、ホリエモンチャンネル¥880-、クラシック音楽専門音楽配信サービス「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」¥2,035-、ニコニコ動画「メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」」¥550-、あらゆる領域の映像制作を後押しするオンライン・コミュニティ「UMU TOKYO」¥2,700-、グラフィックデザイン及び動画編集、ウェブデザインのアプリケーションソフトウェアを利用できる「Adobe Creative Cloud」¥5,478-に使用する。

クラシカ・ジャパンなどクラシック音楽番組や様々な海外の番組が多く観ることができるケーブルテレビ「J:COM」が自宅マンションに導入。テレビのほかにインターネットサービスも提供していたため「NET 1Gコース」に加入。

「NET 1Gコース」へ加入したが、数日後から通信品質が悪くなり、残念でがっかりした気持ちに。原因は、町内でどこかで発生している接触不良。町内全域で時々通信不安定になる。

しかし、ケーブルテレビ「J:COM」のテレビは楽しい。レゴブロックを使って家を建築する番組など面白くてたまらなかった、実際に「レゴランド」へ行きたいと思ったが、新型コロナウイルスの影響で臨時休園していた。はやく新型コロナウイルスが収まることを祈るばかりだ。

レポート執筆者:床次 佳浩 / Yoshihiro Tokonaminyukaiban2