BLOG

『ドローンを活用して狩猟を仕事に!』HIUベーシックインカムレポート【1月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

村G忘年会カオス編

私はそんなに参加する忘年会は多くありませんが、村グループで忘年会を開催しました。村Gリーダーのお疲れ様会も兼ねての開催です。場所は定番となりつつある神楽坂の訳ありというカオスなバー。そのお店は食事が無いので事前に静岡おでんの材料を買い込みました。他のメンバーにもお寿司とカレーを準備してもらいました。お寿司も出来合いではなく握りです。HIUのイベントで習得したそうです。

カレーはいつもゼロの郷*で作ってもらっているものをベースにレトルト化したもので製品化を目指してます。もうじき販売開始となる商品です。HIUらしくて面白いです。おつまみにもご飯にも合う持つカレーで絶品です。いくつか面白い景品準備して黒ひげ危機一髪のゲームで盛り上がりました。黒ひげが飛べば景品とウォッカイッキがもらえました。その後は酔いつぶれて居酒屋で朝まで。カオスで楽しい忘年会でした。

ドローンハンティング始動

今私がHIUで一番ワクワクなプロジェクトがドローンハンティングです。ドローンハンディングとはHIUメンバーである鯉渕さん発案の昨年NewsPicksの「MAKE MONEY」でプレゼンしたプロジェクトです。猟師の高齢化により日本全国で害獣被害が増えています。 この問題をドローンで一気に解決して捕った獲物はジビエとして販売します。これを全国に広げます。元々は超音波で獣を箱罠に追い込むというプロジェクトでしたが 遠赤外線で獣を発見して猟師が撃つという作戦に変更しました。私はそのプロジェクトに参加するため遠赤外線カメラ搭載のドローンを購入。最近は時間があればゼロの郷*でドローンの練習をしています。

自宅では趣味レーターで操縦の練習です。そして今回は大晦日にそのドローンハンティングの準備としてゼロの郷*付近をHIUの猟師さんと探索してきました。もちろん狩猟も目的です。ゼロの郷*裏の山は非常に勾配が厳しくて一歩踏み外せば10mくらいは転落するような谷をいくつか越えて行くので命がけの思いで歩き回りましたが今回は捕獲出来ませんでした。さらに翌日の元旦には山から海へとハンティングの場所を移して海釣りです。なんと大晦日に狩猟に行った猟師は漁師ではないけれど船も持っているのです。

私は船で海に出るのがととても心地よく大好きです。なので海に出るだけでも楽しいのですが今回は波が荒く、いいポイントまで行けなかったので釣りもぼうずでした。でも天気は快晴で初日の出も兼ねての船釣りを出来てよい新年を迎えることが出来ました。

<使用用途>
ドローン購入費用100,000

レポート執筆者:永田昌吾