BLOG

『2月からピアノ講師になることが決定!すると・・・』HIUベーシックインカムレポート【1月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

ショパン作曲「別れの曲」を左手だけで演奏!来月からは音楽教室の助手へ

都内の教会で行われたピアノ演奏会。私を含め演奏者4名とそのほかにもうひとつ大事な行事が行われた。それは、2月からはじまる音楽教室の開講式だ。私は助手として務める。音楽教室のレッスン日は、毎週火曜日の午後3時から午後8時まで。1回30分からレッスンを受けることができ、料金は、こども月額5,000円、大人月額8,000円。レッスン楽器はピアノを指導する。

教会で行われた演奏会と開講式には、観客30名以上来場。演奏した曲は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲「バガテル イ短調「エリーゼのために」WoO59」や、ショパン作曲「別れの曲」を左手だけで弾くように編曲した、レオポルド・ゴドフスキー作曲「ショパンのエチュードによる53の練習曲集から第5番変ニ長調Op.10 No. 3」などを演奏。たくさんのかたから拍手と感謝の言葉を頂き、励みになった。来月からは、この音楽教室の指導を頑張っていきたい。

1月24日(金)東京・武蔵野市にてピアノミニコンサートを開催

パン屋さんへ買いに来るお客さんが多い「ピアノミニコンサート」。東京・武蔵野市でピアノミニコンサートを正午から開催。場所は、武蔵野市にあるパン屋さんのイートインスペースに設置されたグランドピアノで演奏。当日は、イートインスペースにたくさんの人が座っているなかで演奏。演奏した曲は、アレクサンドル・スクリャービン作曲「左手のための2つの小品Op.9」と、ショパン作曲「別れの曲」を左手だけで弾くように編曲した、ゴドフスキー作曲「ショパンのエチュードによる53の練習曲集から第5番変ニ長調Op.10 No. 3」。

一番嬉しいことは、食べ終わったお客さん方が一人ずつ挨拶しに来てくださり感謝の言葉をくださるところだ。私がピアノを演奏する、演奏を続ける醍醐味とはこのことだと再認識する瞬間だった。このことをふまえ、4月25日(土)に行われる「兵庫・丹波篠山とっておきの音楽祭」など、今後の演奏会の告知方法など考えていきたい。

ホテルにある「水盤上のグランドピアノ」を弾く

今月も、HIUなどDMMオンラインサロン入会継続¥11,000-をはじめ、ホリエモンチャンネル¥880-、クラシック音楽専門音楽配信サービス「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」¥2,035-、ニコニコ動画「メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」」¥550-、あらゆる領域の映像制作を後押しするオンライン・コミュニティ「UMU TOKYO」¥2,700-、グラフィックデザイン及び動画編集、ウェブデザインのアプリケーションソフトウェアを利用できる「Adobe Creative Cloud」¥5,478-に使用する。

街角に多く設置されるようになっただれでも弾ける「ストリートピアノ」。今月もストリートピアノを弾きに行く。今回弾きに行った場所は、東京・光が丘にある「ホテルカデンツァ光が丘」。ホテルというプライベート空間に2段ほど上るステージに設置したグランドピアノで今回は演奏。様々な曲を4~5曲演奏した。「ホテルカデンツァ光が丘」の「水盤上のグランドピアノ」は、夜9時まで弾くことができる。

レポート執筆者:床次 佳浩 / Yoshihiro Tokonaminyukaiban2