BLOG

『本当にやりたいことはコレだ!と感じたときとは 』HIUベーシックインカムレポート【11月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

私がピアノの前に座ると、みんなが怒りました。しかし、ピアノを弾き始めると―

ピアノを弾いた後、たくさんの拍手の音に包まれて演奏した甲斐があったと毎回感じる「ピアノ演奏会」。ピアノを弾き始めると、機嫌が悪そうなお客さんがご満悦の表情を浮かばせているときは、演奏するほうもさらにうれしい。

今回ピアノを弾きに行った場所は2箇所あり、まずはじめに訪れたのは、東京・武蔵野市にあるパン屋さん。イートインスペースの隣にグランドピアノが置いてあり、そのピアノで演奏。私がピアノの前に座るとき、お客さんたちは、「興味がない」という目で見向きもしません。

しかし、ピアノを弾き終えると、お客さんたちは、目を丸くしながら拍手を送っている姿に驚きを感じた。また、2箇所目に訪れた和歌山県高野山でも、ピアノを弾き終わると温かな拍手をもらえた。演奏会に出演しているときに思い出した。音楽をはじめたきっかけは「ピアノを弾き始めると、みんなが満悦の笑みを浮かべてくれる瞬間」が味わえるからだったと。これからも音楽を楽しんでいきたい。

ミストスクリーンや夕日が輝く場所でピアノを弾く

最近、街角や施設に設置され誰でも弾けると有名になっている「ストリートピアノ」。友人に誘われ、演奏会の練習にもなると考えて行ってみた。まずはじめに連れて行ってくれたところは、東京・文京区にある、文京シビックセンター25階展望ラウンジ。

そこには、アップライトピアノが設置され、演奏者が順番に弾いていく。私たちが到着したときには、ちょうど偶然、夕日が輝いている場面を撮りに来たカメラマンで会場はいっぱい。カメラのシャッター音とともに演奏する、いつもと少し違うスタイルで、意外にもピアノの音を聴いている人も多く、たくさんの拍手を送ってくれたことがとても印象に残る。

ストリートピアノは関西でも有名らしく、実家へ帰省するときに2ヵ所へ寄る。誰でも自由に弾けるストリートピアノが兵庫県神戸市に14ヵ所あり、そのひとつ、スーパーとスーパーの通り道に置かれたストリートピアノと、大阪にあるグランフロント大阪内「The Lab.」にて、自由に弾けるピアノがあったため試奏。

The Lab.は、企業や大学などの技術や活動を楽しく、わかりやすく紹介する展示エリア。ミストとプロジェクターでつくる今話題の「触っても熱くない炎」など実演展示をしている。今回、試しに弾いてみたピアノは、様々なパーツをデコレーションできるという展示品。桜のデザイン、幼稚園や保育園にありそうな動物たちの絵が描かれたデザインなどに変えられる。これからもストリートピアノや少し変わった面白いピアノを探したい。

自分に合う服をコーディネート

今月も、HIUなど、DMMオンラインサロン入会継続¥10,800-をはじめ、ホリエモンチャンネル¥864-、クラシック音楽専門音楽配信サービス「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」¥1,998-、ニコニコ動画「メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」」¥540-、パレオチャンネル¥540-、あらゆる領域の映像制作を後押しするオンライン・コミュニティ「UMU TOKYO」¥2,700-に使用する。

冬にピッタリな服を選んでくれるイベントがHIU内に登場。「冬の服が欲しいけど、何を着れば自分に合うのか正直わからない!」と思い、今回は、DMMオンラインサロン「MB LABO – ファッションの集合知へ -」の会員の人にコーディネートしてもらう。ジャケットとズボンを変えず、ジャケットの中の上着だけを変えるスタイルに。

いつも同じ服を着るより、中のシャツの色が変わるだけでスタイルがガラリと変わると伝授してもらう。冬の服を決めるだけでなく、ファッションのポイントをおさえ即実践できるのはありがたい。

レポート執筆者:床次 佳浩 / Yoshihiro Tokonami

nyukaiban2