BLOG

堀江貴文イノベーション大学校11月レポート 65期メンバー募集中!

カテゴリー:
その他, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

65期メンバー募集中!今入会で本日より参加!

11月の堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)は全分科会の活動に少し偏りが見えてきた印象。活発なグループではほぼ毎日のようにイベントや企画が生まれるのだが、活動があまり見られないグループもちらほら。こんな時、運営がなにかテコ入れするのが一般的なオンラインサロンなのだが、HIUは一切なにもしない。なにもしなくても活動が低迷していることをチャンスと捉え、その盛り上げに力を入れるメンバーが必ず現れるからだ。リーダーも自主的に交代し常に代謝が起こるのがHIU。今月またなにが起こるのか楽しみだ。

堀江貴文イノベーション大学校ガチスタートアップ支援部

HIUで鍛えられた少数精鋭のメンバーが参加するサロン。メンバーの考えたビジネスプランに対してホリエモン自身がコミットしアドバイスをし、月に1度飲み会も開催。無駄な議論は一切排除。本気の人だけのスピード感を体験ができるビジネスに特化したオンラインサロン!

※入会には1ヶ月以上のHIU在籍経験が必要

詳しくはこちら

https://lounge.dmm.com/detail/387/

丸野孝允さんを招いての第64回ネットイベント

11月のネットイベント(地方会員の為にネット配信を優先したイベント)は、九州男、HOME MADE家族、あいみょんなどが所属する株式会社エンズエンターテイメント代表取締役社長の丸野孝允さんを招いて開催された。会場:都内某所

▼音楽、アーティストをヒットさせる方法などホリエモンから質問がバンバン飛び出す。ホリエモンの頭の中にある考えと丸野さんの答えをすり合わせて答え合わせや新しい答えを生み出す様子がリアルタイムでおもしろい。

▼ 緊張すると汗をかきながら話す丸野さんがとても印象的。トークの内容は実に分かりやすくおもしろいものだった。アーカイブを是非チェックして欲しい。

トークイベントは毎回facebooライブ&USTREAMで中継され地方からでもチャットで参加可能。更にメンバーになると過去の全アーカイブも閲覧できる。(ゲストによってアーカイブなしの場合があります)

過去のゲスト一覧
http://salon.horiemon.com/guest/

蜷川実花さんを招いての第64回定例会

11月の定例会は写真家・映画監督の蜷川実花さんを迎えての開催となった。普段から交流のあるふたり。とてもリラックスした雰囲気でトークはスタート。会場:株式会社ピースオブケイク イベントスペース

▼時事ネタや映画のエピソードを盛り込んでのトークは笑いもあり盛り上がる。会話のキャッチボールが弾むのはホリエモンが蜷川さんの作品すべてをチェックして理解してる上で話しているから。当たり前にやってるけどこれだけ広いジャンルで普通はこうはならない。

▼最後は恒例の記念撮影!明るい蛍光灯のおかげで写真も動画もくっきり。今回利用させていただいた株式会社ピースオブケイクのイベントスペースはホリエモンもとても気に入ったようだ。

HIUの定例イベントは体験版として毎月メールマガジンから人数限定で特別参加ができるので、いきなりHIUは難しいという方は、まずはメールマガジンへ登録してみては。 メルマガ登録はコチラ

65期メンバー募集中!今入会で本日より参加!

HIUは世界で活動するオンラインサロン!

HIUにはホリエモン祭というメンバーが主体となって各地で開催されるイベントプロジェクトがある。日本のみならず海外在住メンバーが現地を巻き込んで世界各国で開催されており、オンラインサロンとしてこの規模でしかも有志による非営利的な活動としてここまでできるのはHIUだけではないだろうか。

しかも開催のきっかけからメンバーが生み出している。ホリエモンがやろう!と促し面倒を見るのではなく、メンバーがやりたい!と手を挙げ自分たちの手だけで実際に形にしていっているから驚きだ。

<過去開催実績>

・2017 ホリエモン祭inセブ(フィリピン)
・2017 HIU定例会in深セン
・2018 ホリエモン祭inカンボジア
・2018 ホリエモン祭in上海
・2018 ホリエモン祭inエストニア
・2019 ホリエモン祭inパリ
・2019 ホリエモン祭inシンガポール
・2019 ホリエモン祭inミラノ

ホリエモン祭はやる気さえあれば誰でも参加できる。参加の仕方も簡単でHIU入会後にfacebookグループにて該当スレッドを探し参加表明するだけ。毎日義務的に活動する必要もなく自分の関われる時間に合わせてジョインすればいい。もちろん居住地も地方だろうが海外だろうがオンラインで繋がれば関係ない。まさに世界を舞台にした大人の文化祭と言っていいかもしれない。

しかし、これだけの規模でお客さんを入れての開催となるので、遊び半分では足をひっぱるだけ。必要なのはそこに費やす時間量ではなく、どれだけ全力で向き合えるかだ。

直近で開催された海外ホリエモン祭を紹介。まずは10月に開催されたシンガポール。こちらあのマリーナベイサンズを会場に60名を超えるHIUスタッフが現地に向かい開催された。

▼シンガポールでの目玉はNewsPicksの人気コンテンツである起業リアリティショー「メイクマネー」のホリエモン祭版!その様子はYoutubeにアップされてるのでチェック。

▼今回も大盛況のホリエモン祭。海外開催でもこれだけの人が集められるというのはもはや素人の域は超えている。

▼続いて11月に開催されたホリエモン祭inミラノ。食と宇宙ビジネスをテーマに対談や白トリュフ豪華ツアーなどが実施された。

▼海外だろうと会場手配や準備など全てHIUメンバーの手で作り上げる。イベントマスターであるHIU特任教授の峰野氏やイベントを多く経験したHIUメンバーが助っ人として現地に駆けつけた。

▼チケットや協賛も好調でこちらも満員御礼!数字で見るだけでなくこうしてお客さんが会場を埋め尽くすとここまで苦労して準備したメンバーは本当に嬉しいだろう。

▼外国人ゲストを相手に英語で対談するホリエモン。しっかりなんとかしているのが凄い。日本で当たり前の事が通用しないケースが多いのが海外企画。あらゆる問題をクリアしホリエモンも満足いく内容となった。

そしてもちろんホリエモン祭は国内でも積極的に開催中!ホリエモン祭の拡大版としてホリエモン万博があるのだが、その万博が来年1月に函館でしかもあのGLAYとのコラボ企画として開催される。函館を盛り上げる為にGALYとタッグを組んでHIUメンバーみんなで今回も全力で取り組む。

すでにVIPチケットは完売だが、一般チケットは絶賛販売中なのでGLAYファンのみならず、気になる方は是非参加して欲しい。
https://expo.horiemon.com/hakodate/

その他、2020年2月に開催される六本木ホリエモン万博2020の準備もHIU内で着々と進んでいる。過去の開催で経験値を積んだメンバーを中心に一般のオンラインサロン内の活動とは思えないほど質の高い議論や準備が進められている。HIUを代表する大型コンテンツとして今後も拡大を続け多くの人たちに行動する意味を実感させていくことだろう。HIUに入会してなにをやったらいいか分からないという人はこの大きな波に巻き込まれてみてはどうだろうか。

ミュージカル『クリスマスキャロル」にもHIUメンバーだけの関わり

ホリエモンのSNSで毎日PRされていることでご存知の方も多いホリエモン主演ミュージカル『クリスマスキャロル』が12/11からスタートする。今年は東京・大阪の2会場での公演で更に昨年の経験を活かしあらゆる部分がブラッシュアップされより楽しめるミュージカルになっているとの事。

https://christmascarol2019.jp

▼クリスマスキャロルの目玉のひとつでもあるホリエモン監修の豪華和牛フルコース!食×演劇のコラボを是非楽しんで欲しい。

HIUメンバーに対してチケットの割引などといったサービスは無い。しかしそれとは全く違う形でメンバーだけの特典が用意されている。それはクリスマスキャロルを支えるスタッフとしての参加だ。

食事の配膳やクローク、受付など役割は様々。普段見ることのできない舞台の裏側やその舞台を作り上げるメンバーの一人として参加する。この経験に価値を見出し昨年も多くの人が名乗りを挙げ、実際にミュージカルをいっしょに作り上げた。

これを単なるボランティア、無償労働として考えてしまう人は参加しない方がいい。実際かなりキツいし本気でやらないと話にならない。しかし、ホリエモン祭やHIU合宿同様に短期間になにかに本気で向き合い共に時間を過ごすと仲間たちと深い絆が生まれる。HIUでオンラインの活動をしてるだけでは何ヶ月何年もかかるような事を1日でできてしまうわけだ。これは大きな価値がある。実際、大人の文化祭として多くのメンバーがこの経験を楽しんでいる。

すでに今年のミュージカルスタッフ募集はHIU内で案内されているので、入会すればすぐに参加できる。HIUでは誰でもなにも考えずにできる事はやらない。今の自分よりちょっと高い目標をもって望まなければならない。その分難易度は高くなるが、オンラインで日々反省点や改善策をアップしたりホリエモンからもアドバイスがあったり、自身のスキルをぐんと引き上げる環境は整っているので、HIUに入会して最初の挑戦として関わってみることをオススメする。

65期メンバー募集中!今入会で本日より参加!