BLOG

ホリエモン×ひろゆき、話題のイヤホン「エアポッズプロ」。 その先に見えるデバイスの未来とは?

カテゴリー:
堀江貴文, 生活関連

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「話題のイヤホン」について。

話題のイヤホン「エアポッズプロ」。その先に見えるデバイスの未来とは?

(イラスト:西アズナブル)

ホリ アップルがノイズキャンセリング機能を備えたカナル型(耳栓型)のイヤホン「AirPods Pro(エアポッズプロ)」を発売して、すごい売れてるみたいだけど使った?

ひろ まだです。ノイズキャンセリング機能って、これまであんまり普及してこなかったんですけど、実は音質とかにこだわるより、よっぽど重要だと思うんですよ。

ホリ ひろゆきは、ノイズキャンセリング機能がついたイヤホンを普段から使ってんの?

ひろ ヘッドホンタイプのものをもう10年以上も使っています。ヘッドホンにせよイヤホンにせよ、細かい音質の聴き分けって、よほど静かな環境でないとわからないですよね。それなら環境音を消してくれるほうが、よっぽど流れてくる音は聴きやすいんですよ。

ホリ そもそも微妙な音質の差とか、わかんない人のほうが多いと思うよ。

ひろ ええ。ただ、デバイスに差せばいつまででも使えるシンプルなイヤホンと違って、ノイズキャンセリングイヤホンはバッテリーが必要なんです。だから、イヤホンの他に電池を収納するスペースが必要だし、また、それが重たくてイヤホンが耳から外れたりして不便だったんですよ。

ホリ ヘッドホンなら重くなっても耳あての部分にバッテリーを内蔵できるからね。

ひろ ですです。ヘッドホンはそれなりに重量もありますし、そんなに気にならないんですよ。そんな感じでノイズキャンセリングイヤホンは普及しなかったんですが、ワイヤレスイヤホンが普及したことでバッテリーの技術がかなり進みました。

ホリ スマホに搭載されているセンサー類だって、これだけスマホが普及したから安価になっているわけだし、製品は大量に製造されれば安くなるのは常識。だから、ワイヤレスイヤホンの普及は大きく影響しているよね。

ひろ バッテリーがイヤホンに内蔵されているのが当然になって、電池自体も小さくなった。それで、ノイズキャンセリングイヤホンが満を持して登場。だから、流行るのもわかるなと。

ホリ ノイズキャンセリングイヤホンだと、ソニー製が人気だったりするけど、アップルはその牙城を崩す存在になるのかね?

ひろ 他メーカーの製品も「周囲からの騒音を約99%低減」と謳っていますけど、ソニーは10年ほど前から出しているんですよね。そのソニーが本気を出すのがいつなのか? というのが個人的には気になってたりします。

ホリ 競争になるのはいいことだよ。それでユーザーが望むものが誕生するわけだし。まあ、今回のエアポッズプロの発売は、ビジネス面でいえば、iPhoneを売るためのアップルの戦略の一環だとは思うけど。

ひろ ですよね。先代のエアポッズも含め、これを買った人は、iPhonからAndroidに乗り換えるのが面倒になりますから。

ホリ ただ、ウエアラブルデバイスで難しいのが、単機能じゃないとまだ成立しないってことなんだよ。例えば、同じアップル製品でもAppleWatch(アップルウオッチ)は機能が盛りだくさん過ぎて使い勝手が良くない。

ひろ たしかにアップルウオッチは中途半端ですよね。詰め込みすぎて価格とかが高くなりすぎてますから。まだスマートリストバンドのFitbit(フィットビット)の方がマシな印象です。

(この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』にてお楽しみください。

友だち追加数