BLOG

『やりたいことはいろんなところで言ったほうが良い 』HIUベーシックインカムレポート【9月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

やりたいことをあちこちで言いまくっていたらカレー屋さんになった話

私は現在週に一回、大阪の西梅田でカレーをつくって提供しています。料理は初心者レベルの私でしたがきっかけは些細なことで、スパイスミックスを作りたいと色々なところで言いまくっていました。あるときHIUメンバーの交流会があり、そこで同じくカレー好きのメンバーと知り合いました。ネパールにスパイスを買い付けに行くという本格っぷり。その友人が間借りカレーのお店を始めることになり、私のことを誘ってくれました。

私はスパイスカレーが好きなだけの料理業界初心者ですので、飲食店の経営者目線というのはなかなか新鮮で刺激的です。

自分が提供したカレーをたくさんの人たちに楽しんでもらえるのは単純に、とんでもなく嬉しいのですが、お店側のひとが楽しいだけでは当然ながらやっていけません。美味しいものを作るだけではお客さんはきてくれないものです。

料理店としてのオペレーションや料理そのものを研究するべく、好きなお店へ話を聞きにいったり、スパイス専門店で知識を深めたり日々勉強と実践です。知り合う料理人の方々は変わった人が多く私としてはとても居心地が良いです。ちなみにスパイス以外にもやりたいことがたくさんあるので、引き続きあちこちで言っていこうと思います。ビールも作りたいしサバイバル体験のフォーマットも作りたい。

読書月間

ここしばらくケガと寝不足による不調が相まって、夏の暑い日に海へもいかず川へもいかず基本的に屋内で過ごしていました。

慣れない大鍋の調理で手首を痛めていたのですが、そのまま気にせずジムでトレーニングしていたら変な具合にねじって手首以外へも追い打ちをかけてしまった。

しばらくは睡眠をしっかりとって安静にしたほうが良いのですが、基本的には体力を持て余し気味なのでなんとなくゆるやかに運動をしつつ前々から気になっていた本を買ってじっくり読むことにしました。

クラフトビールやスパイスの本などなど、積ん読になっている本も含めて雑多に読みすすめています。

いま読んでいるのは三体(さんたい)。かなり面白くハマってしまった。

SF作家劉慈欣(りゅうじきん)の長編SF小説で、2019年今年に日本語訳が出版された。色々なところで本のレビューや著者のインタビューが掲載されているので、気になる方は調べてみてもいいと思います。私は読書前にレビューを見たくない派ですが。

物語の続きが気になるのに読み終わりたくないという感覚を久しぶりに味わっています。自分のなかで久しぶりの読書ブームがきています。実用書やnoteはよく読んでいるんですが、小説もやはり楽しいですね。

少し話は変わりますが、近ごろ面白いことをしている知り合いが増えてきました。安静にしているのも飽きてきたし私も負けてられないな。

【使用内訳】

移動費  50,000円
グルメ費  20,000円
トレーニング費用 10,000円
HIU会費 10,000円

レポート執筆者:Satoshi Yamatsu