BLOG

『動き回ったSummer in 令和元年 』HIUベーシックインカムレポート【9月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

普段とは違う麻布十番商店街

港区麻布十番にて、毎年行われるお祭りに参加するため、都会の中心地に足を運びJapanese Cultureを堪能してきました。駅に到着すると、既に物凄い人で歩くことも困難なほどの大盛況。人をかきわけながら商店街を一周します。場所柄、外国人も多く様々な言語が飛び交います。オリンピックを翌年に控え、早くも東京都は観光客で溢れかえってます。

子供のころと異なるお祭りの楽しみ方にノスタルジーを覚えながら、ひょっとこや、獅子舞といった伝統文化に目が釘付けになります。夜が深まるにつれて、祭りは静寂を戻すどころか、更なる盛り上がりを演出しました。普段の閑静な麻布十番商店街とは違った、お祭りで賑わう商店街を楽しめた一日でした。

袋井村視察

HIUの村グループの活動拠点は、日本一のお茶の生産地、川根本町ゼロの郷が有名ですが、それだけではありません。静岡県は袋井市に位置する袋井村を久々に視察してきました。まだまだ発展途上ですが、蕎麦等の農作物を育てたり様々な可能性を見出すべく活動中。さらに、こちらの村も川根村同様、付近に天然温泉スパや、法多山等の様々な名所が備わっています。

市街地とも比較的近く住宅街にそびえる袋井村も新たな発展を遂げていくと期待しております。オンラインサロンならではの、施設や村を共有するという素敵な制度を存分に活かし、更なる発展を目論見、本日の視察を終えました。その後、法多山を参拝しつつ洗練された気持ちで、新たな可能性を模索しました。HIUでは、このような村活動のみならず、ゼロにイチを足す企画が毎日のように企画されているので今後もクリエイティブな発想を培い、楽しみたいと思います。

成田空港の惨劇

先日の台風15号の被害で成田空港の交通網が極限まで制限されてしまったことは、記憶に新しいです。私もそんな中、当日成田空港に行く予定があったため、心配しながらも空港に向かいます。東京駅に到着すると既にタクシー乗り場は長蛇の列と化し、総武線、空港バスは、全く機能せず。仕方なく、行けるところまで行こうと電車を乗り継いで行くこと数時間。予定よりも3時間近く遅れ、なんとか到着しました。

到着するとそこは、普段の成田空港ではなく、想像以上の人混みに目を疑います。交通規制に従い、少しずつ進み、空港内に入ると、更にたくさんの人でごった返しになっています。日本に帰ってきた人、海外からの観光客等物凄い数の人です。飲食店は軒並み売り切れ閉店、コンビニレジは100人近くの長蛇の列。多くの人が床で横になったり食事をしています。そんな中、出国するのは、複雑な気持ちでしたが、出国ロビーの中は逆にガラガラでギャップに驚愕しました。自然災害の前では、人は無力ですが、様々な思いを交錯させながら良く考えた一日でした。いまだ、復旧作業は完了していません。一日でも早い復旧を願います。

今月の支出

海外渡航費 100,000円

レポート執筆者:梶山ゆうき