BLOG

堀江貴文イノベーション大学校8月レポート 62期メンバー募集中!

カテゴリー:
堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

62期メンバー募集中!今入会で9/1より参加!

bann53

8月の堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)は東北で開催されたHIU定例会&ホリエモン祭in弘前など地方大型イベントを中心に様々なプロジェクトがアクティブに進行。またHIUプロジェクトリーダーが集まりプロジェクトについて語り合う「HIUUPDATE」といった新しいイベントもスタートするなど、メンバー自身の手でHIUをどう変えていくかといった取り組みが熱くなっているようだ。

消費税率引上げに伴いHIUも会費変更!今なら断然お得!

HIUにお得な年会費プランが登場。通常月額10,800円の会費がこのプランを利用することで12ヶ月で108,000円と2ヶ月分お得になるというもの。さらに消費税率引き上げに伴いHIU会費も価格変更となるため、今、年会費プランに入会すると月額費プランと比べ年間で24,000円もお得!

HIU月額費プラン 10,800円(9/3申し込み分まで) → 11,000円/1ヶ月9/4以降申し込み)
HIU年会費プラン 108,000円(9/3申し込み分まで) → 110,000円/1年(9/4以降申し込み)

DMMオンラインサロンの募集ページで年会費プランをお申し込みいただくことでご利用いただけます。
https://lounge.dmm.com/detail/87/

※すでに月額費プランで入会済のHIUメンバーは一度月額費プランを退会し、年会費プランから再度お申し込みいただく必要があります。

西村博之さんを招いての第61回ネットイベント

8月のネットイベント(地方会員の為にネット配信を優先したイベント)は、ひろゆきこと西村博之さんをゲストに迎えて開催された。今回はは7月のHIU合宿in佐渡の打ち上げも兼ねて飲食店での開催となった。こういった会場手配や準備などもメンバーによるもの。会場:BERTH ONE

▼N国からホンダジェットまで時事ネタを交えてインタビュアー?と思えるほどホリエモンからトークを引き出すひろゆき氏。

▼リラックスした雰囲気でトークは進む。あっという間の1時間という感覚で、それだけ密度の高いトークだった。本当にこの二人の対談はおもしろい!

▼最後は恒例の記念撮影。今回のトークは週プレ「ホリエモン×ひろゆき 帰ってきた!なんかヘンだよね…」にも掲載予定。もちろんHIUに入会するとノーカットで動画閲覧可能だ。

トークイベントは毎回facebooライブ&USTREAMで中継され地方からでもチャットで参加可能。更にメンバーになると過去の全アーカイブも閲覧できる。(ゲストによってアーカイブなしの場合があります)

過去のゲスト一覧
http://salon.horiemon.com/guest/

東北開催!第61回定例会

8月の定例会は岩手県遠野市と青森県弘前市で開催された。HIUでは各地方支部にホリエモン参加イベント(定例会・ホリエモン祭)を企画する権利が与えられており、その二つの枠を使って北海道東北支部の有志メンバーが二泊三日の企画を立て運営を行った。

▼初日は「ビアツーリズム&定例会」と題してまずホップ畑を見学。岩手県遠野市はホップの生産量全国1位で国内作付面積の半数を占めるほどの大産地。

▼足を踏み入れてまずは目の前に高く並んだホップ。みんなこぞって写真を撮りまくる。

▼日本唯一のドイツ式ホップ栽培を実施する遠野醸造。ホップ栽培先進国のドイツから学ぶ栽培そして収穫の効率化など詳しくレクチャーいただいた。

▼そしてお昼はホップ畑の中でBBQ!これはここでしかできない体験。ホップがほどよく影を作り時折涼しい風が通り抜けまさに最高の時間!

▼ ビールとジンギスカン!バケツに水を入れ焼き上げる「バケツジンギスカン」は遠野名物で地元の人たちのソウルフード。

▼そしてホップに囲まれてのゲストトークイベント。株式会社遠野醸造 取締役田村淳一さんと日本ビアジャーナリスト協会 代表 藤原ヒロユキをお招きしてまさにビール三昧のトーク。

▼今回は定例会ということで一般参加はできずHIUメンバーのみでの開催となった。HIUにはメンバーしか参加できない特別なイベントが盛りだくさん。もちろん自分たちで企画することもできる。

▼そして定例会後は遠野醸造さんが手がけるブルワリーパブ「遠野醸造TAPROOM」でアフターパーティー!

▼ホリエモンも参加しメンバー同士の交流を深めた。

【2日目】弘前ホリエモン祭

青森県弘前市へバスで移動し2日目のコンテンツがスタート。東北支部はエリアが広く普段からHIU内でなかなかリアルの交流がし難いといった意見が出ているわけだが、こうやってイベントを組み込んでしまえば移動もまた楽しみの一つに変換できるわけだ。

▼まずはりんご畑を見学。今回は数あるりんごを使った製品の中でもシードルに注目。HIUシードル部による企画だ。

▼りんご畑で食事をしながらのゲストトーク。株式会社百姓堂本舗 代表 高橋哲史さん。HIUシードル部によるオリジナルシードル「とっつぱれ」は高橋さんが運営する弘前シードル工房「Kimori」の全面協力によって完成。高橋さんの手がけるシードルの美味しさの秘密を探る。

▼場所を移してトークショーは続く。弘前市のイタリアンレストラン「オステリアエノテカ ダ・サスィーノ」オーナーシェフ笹森通彰さん。自ら野菜や生ハム、チーズ、ワインなど素材から作り出す。

▼弘前市から飲食店や小売店舗の企画運営を行う有限会社青弘トラスト代表の相内英之さんとのトーク。青森りんごなど地元ならではの強みを最大限に発揮。

▼続いて津軽三味線ライブ!レクチャーを受けながら実際に演奏する。MY三味線を持参したホリエモンの腕前はいかに!?

▼夜はいよいよ弘前ねぷた祭!クラファンでの資金調達が思うようにいかず危機的状況であったが、最終的にHIUから多くの支援が集まりなんとか完成させたHIUオリジナルねぷた。実行委員の努力の結晶だ。

▼今回のために作られたHIUオリジナルTシャツがなんとも可愛らしいデザイン。一見本当に法被を着てるように見えてしまう笑

▼ねぷたを引くという貴重な体験をHIUのみんなでやろう!という試み。その実現にはいろんな苦労があったようだ。

▼もちろんHIUメンバーもHIUオリジナルねぷたを担いで練り歩く。最初はまだまだぎこちない。。。

▼祭を楽しむ方法を知ってるホリエモン。ここでも全力で挑む!

▼負けじとHIUメンバーも大きな声をあげて全てを忘れ全力でその時間を楽しむ!

▼真剣な眼差しの法被と太鼓がなんとも似合う。

▼最後はみんなで記念撮影!2日間に渡って開催された東北支部主催の大型イベントは大きなトラブルもなく無事幕を閉じた。

HIUの定例イベントは体験版として毎月メールマガジンから人数限定で特別参加ができるので、いきなりHIUは難しいという方は、まずはメールマガジンへ登録してみては。 メルマガ登録はコチラ

62期メンバー募集中!今入会で本日より参加!nyukaiban2

 

データでみるHIUメンバー属性

HIUにはどんな人がいるんだろう?これから入会を考えている人は気になるところ。やりたいことがあればそんなの気にせず飛び込もう!というのがHIUだが、実際毎月開催の説明会参加者に聞くと、これをやりたい!と具体的なビジョンを持っている人は少なく、おもしろそうなことを探しにHIUに入会してみようと思っている人がほとんどだ。そんな人たちがよりHIUをイメージしやすくなるように数字でHIUをご紹介!

※2019年3月から8月までの期間入会した2,064名のアンケート結果をもとに算出。あくまで入会時に回答いただいたアンケートですので、その後退会された方も含み、また期間中入退会を繰り返した方は重複している場合もあります。

どんな職業の人が多い?

アンケート結果によると会社員、経営者が圧倒的に多く入会しているようだ。実際HIU内でもアンケート結果と同じような印象を受ける。ただ、職業=同様のアウトプットとは限らない。経営者が多いから経営的な視点で考えビジネスプロジェクトを進めているかというとNOだ。自分は自身のやったことのないフィールドに挑戦し視野を広げるといった行動をとり、誰かをサポートするために自身のスキルを使うという人が多いのが特徴だ。

男女の比率は?

アンケート結果では男性が8割と大多数を占めているわけだが、実際HIU内ではもっと多くの女性がいる印象。これはプロジェクトリーダーを率先してやるなどアクティブな女性が多いためだ。

 

年齢層は?おじさんばかり?

意外と年齢に偏りはなく20代〜40代を中心に満遍なく入会しているようだ。HIU内で活動する上であまり年齢は気にしなくていいかも。

 

メンバーの居住エリアは?

東京都が圧倒的大多数を占めているようだ。オフィシャルイベントなども東京開催が多いので関東エリアに住むメンバーほどたくさんのメリットがありそうだが、実際はメンバーの数ではなくメンバーの熱量の方が活動に大きく関わってくる。自分の居住エリアにメンバーが少ないと嘆くよりも、少ないから目立てる!とポジティブに捉える方がHIUでは恩恵を受けやすい。

北海道 60人(2.9人)
青森県 14人(0.7%)
岩手県 0人(0%)
宮城県 17人(0.8%)
秋田県 15人(0.7%)
山形県 7人(0.3%)
福島県 10人(0.5%)
茨城県 23人(1.1%)
栃木県 10人(0.5%)
群馬県 13人(0.6%)
埼玉県 104人(5%)
千葉県 113人(5.5%)
東京都 702人(34%)
神奈川県 170人(8.2%)
新潟県 12人(0.6%)
富山県 14人(0.7%)
石川県 11人(0.5%)
福井県 8人(0.4%)
山梨県 6人(0.3%)
長野県 10人(0.5%)
岐阜県 18人(0.9%)
静岡県 48人(2.3%)
愛知県 96人(4.7%)
三重県 9人(0.4%)
滋賀県 19人(0.9%)
京都府 57人(2.8%)
大阪府 172人(8.3%)
兵庫県 36人(1.7%)
奈良県 12人(0.6%)
和歌山県 11人(0.5%)
鳥取県 2人(0.1%)
島根県 5人(0.2%)
岡山県 25人(1.2%)
広島県 22人(1.1%)
山口県 11人(0.5%)
徳島県 7人(0.3%)
香川県 8人(0.4%)
愛媛県 6人(0.3%)
高知県 0人(0%)
福岡県 68人(3.3%)
佐賀県 2人(0.1%)
長崎県 6人(0.3%)
熊本県 15人(0.7%)
大分県 12人(0.6%)
宮崎県 5人(0.2%)
鹿児島県 6人(0.3%)
沖縄県 17人(0.8%)
海外 47人(2.3%

※あくまで入会時のアンケート結果なので現在HIUに在籍するメンバーの居住分布を正確に表すものではありませんので、パーセンテージを見て参考になさってください。

参考までにアンケートを掲載したが、結局は周りがどうとか考えるよりも自分がどうしたいのか、その為にどんな行動をするのかというところがHIUでは重要だ。ホリエモン自身も「HIUは年齢性別国籍などで差別はしない」と言っている。だから学生だろうが年配者だろうがやる気があって行動したいなら同じという事で割引や優遇も一切しない。誰でも行動するならその背中を押そうというのがHIUなのだ。

62期メンバー募集中!今入会で9/1より参加!

bann53

Text/Edit=柚木大介