BLOG

『 ベーシックインカムでポーカー漬け』HIUベーシックインカムレポート【7月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

懲りずにJOPTに参加

今回はポーカーの話のみになります。日本最大のポーカー大会であるJapan Open Poker Tourへ懲りずに今回も出場してきました。これでおそらく通算4回目。合計3日間行われるメインイベントでは、今までの最高で2日目、400人弱の参加者の中で100人は切るけど中々結果まで残せませんでした。そろそろ結果を残さないと流石に心が折れそうなので、コーチをつけて勉強して臨みました。多分1ヶ月ぐらいポーカーのことしか考えていなかった気がします。目指すは優勝。今回のエントリー数は352人と、前回よりも若干少なかったです。おそらく世界最大のポーカー大会であるWSOPと期間が被っていたことも影響していたかと思います。これはワンチャンあるぞと思いながらDay1が始まりました。

Day1からDay2, そしてDay3へ

自分では意識していませんでしたが、どうやら自分自身が少しは成長しているようで、だいぶ相手のハンドが読めるようになり、バリューも多く取れるようになっていました。もちろん、後から反省すると取り逃がしているバリューはいくつも見つかるのですが、比較的ミスは少なくなってきている模様。ただ、前回のレポートでも書いたように、ポーカーはいくら稼いでいても1回のミスで全てを無くしてしまうことが全然あり得るので、気を抜かずにプレーを続けます。

セミファイナルまで50BBを切ることなく安定してプレーができていましたが、ここにきて事故が発生。AJsがショートのA7sに捲られ25BBに。ここでいつもならティルトして落ちるところまで落ちる自分ですが、わずか4ハンドで再び50BB以上に。相手めっちゃティルトしていたので、全部ブラフだったことは内緒。今まで抜けられなかったDay2を残すところ14人でDay3へ進みます。

ついにファイナルテーブル

ついに迎えたDay3、ファイナルテーブル直前で事件が起こります。チップリーダーとセカンドチップリーダーがJJAAでぶつかり、まさかのJJが勝つという展開に。チップリに世界の3分の1を持たれた状態でファイナルテーブルへ。ただ運が良いことに、自分は全体の3番目で比較的立ち回りやすいポジションでスタートしました。ここまできたら優勝だと、本気で狙いにかかります。そう、かなりやりやすかったはずなのですがあとで載せる動画を見ていただければわかりますが、ほんとハンドが入りません。ポジションとアクションを見てプレーしていましたが、中々大きくポットを取れず、最後はチップリとぶつかり4位に。

ただ、こういう状況の時に立ち回れないと恐らく同じ状況の時にまたハンドのせいにするのだろうなと反省。最後のハンドは降りれたので自分のミスでした。今の自分の実力を出し切れたとは思いますが、やはり優勝したかったです。それでも全体の4位という結果は自分の中で最高位なので、これを機にまたスキルアップしていきたいと思います。今回プロ契約で得たスポンサー費で月末からのAPPT Manilaというマニラで行われるアジア大会に出ようと思うので、またそこで結果を残したいと思います。


当日の動画はこちらです
JOPT S16:GF 13-15 JUL 2019

https://youtu.be/TQ-NDyQeOZE

 

7月分収支

今月の収支詳細を以下に記します。

【収入】

ベーシックインカム[100,000]

スポンサー費[$3,457](380,000円分)

【支出】

HIU会費[10,800]

大井戸塾会費[9,720]

paiza月額費[1,000]

ポーカー代[20,000]

オムツ・ミルク代[20,000]

レポート執筆者:Yukihiro Ujiie

nyukaiban2