BLOG

『 憧れのテリヤキプレミアム寿司会に参加してみた』HIUベーシックインカムレポート【6月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

令和の聖地を訪れてみた

少し前にHIUの友人と新たなビジネスを始め、徐々に仕事に慣れてきました。その仕事の出張で先月福岡に遠征に行ってまいりました。福岡は2度目の上陸でしたが、なんとか仕事は順調に進み、合間を見つけて令和の聖地、太宰府天満宮を巡礼してきました。

 令和という新元号は、大伴旅人によって歌われた万葉集の巻五、梅花の歌32首の歌の序文より由来しております。その発端となった梅花の宴が太宰府天満宮で行われたという、とても由緒ある地です。太宰府天満宮は教育事業にも従事している自分にとっては、二重の聖地です。ゆっくりと参拝し、新元号令和が穏やかで平和になるよう祈願し聖地をあとにしました。

聡明なる蛍の光に包まれて

6月16日、静岡県は川根本町にて、HIU村グループのイベントが行われました。久々に会う面々を前に自然と笑顔がこぼれます。到着して早々、蛍を観に行こうということで、一同移動。初夏の風物詩蛍は、最近では、現象傾向にあり、ほとんど観ることができなくなってしまいました。蛍の郷に到着するとネイチャーガイドの方が案内してくれ、蛍を観にいきます。山奥へと川沿いを歩いて行くと、スマホのライトのような光がちらほら遠方に見えます。

これこそが蛍の光でした。静寂に包まれた山奥で数匹の蛍がぼんやりと寂しく発光する姿は、現世の儚さと、文明の発展を象徴しているかのようでした。昔は千匹位優にいたんだよと地元の御住職が色々当時の様子を教えてくださりました。

天候にも恵まれ、満月と綺麗な星空がにくくなる程まぶしかったです。本来新月の方が蛍の光は綺麗なようですが、月明かりと蛍のコラボも絶妙なコントラストを演出しておりました。蛍の光に照らされ、優しい気持ちになれた一夜でした。

海外出張inシンガポール

前述の通り、数カ月前より、HIUの友人と新たなビジネスを手掛けておりますが、何か革新的なアドバイスが欲しくて、ついにテリヤキプレミアム寿司会に参加して参りましたのでご報告を。寿司会にはずっと前から参加したかったのですが中々機会もなく悶々としていたのですが、今回シンガポールで開催と来ましたので、これはと思い、ビジネスパートナーと共に参加することにしました。

灼熱の熱帯地域で美味しいお寿司を食べながら堀江貴文さんにビジネスを相談できるなんて、夢のような機会でした。当日は緊張してお寿司が喉に詰まりそうでしたが、いくつかの質問をでき、それぞれにつき堀江貴文さんより、御回答もいただき大満足の寿司会でした。翌日この経験を糧にして、更なる飛躍に繋げたいと降り注ぐスコールを背に誓い、宿を後にし、夕過ぎに照り付ける灼熱の太陽の下、帰国しました。この感動を忘れることなく日本でも頑張る次第です。

【今月の支出】

プレミアム寿司会150,000

レポート執筆者:梶山ゆうき

nyukaiban2