BLOG

ホリエモン×ひろゆき、温泉は2分、サウナは30秒。 堀江さんの「多動力」の理由

カテゴリー:
堀江貴文

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「堀江さんの「多動力」の理由」について。

温泉は2分、サウナは30秒。 堀江さんの「多動力」の理由

(イラスト:西アズナブル)

ひろ 堀江さん、「温泉につかるのは2分で十分」ってマジですか?

ホリ うん。俺、代謝がいいから2分で体がポカポカするんだよ。

ひろ いやいや(笑)。温泉ってポカポカになるために入るわけじゃないですよね。なんかボケーッとするとかが醍醐味なんじゃないですか?

ホリ いや、俺はポカポカになるために入っているから。あとはマッサージ受けて、おいしいもの食べて、酒を飲んで寝るのがいい。

ひろ 効能とかは気にしないですか? 温泉って長時間いることで、温泉成分が肌に染み込むっていうじゃないですか。

ホリ 俺は2分で染み込むからそれでいいの(笑)。

ひろ なんですか、その体質(笑)。じゃあバッと脱いで、バッと入って、バッ出てきて、「いや~、温泉よかったわ」って言っているってことですよね。小学生のお風呂ですよ、それ(笑)。

ホリ だから、温泉に行ったら友達にバカにされるんだよ。

ひろ でも、それだと一緒に行く人はつらいですよね。

ホリ え? 温泉って別行動でしょ。友達はゆっくり入っているけど、俺はマッサージを受けたり、涼みながらスマホで仕事をしてたりするよ。

ひろ 温泉の中でスマホ操作すればよくないですか?

ホリ 2分でポカポカになっちゃうからそんな時間はないんだよ。汗もだらだら出てくるし。そういえば、サウナとかもあんまり好きじゃないよね。サウナなら30秒でいい。

ひろ 堀江さんトライアスロンしていますけど、トライアスロンをする人って、わりとサウナが好きじゃないですか。

ホリ だね。でも、俺はサウナの良さは理解できなかった。なんか、サウナ好きの間では「ととのう」とかいうじゃん?

ひろ いいますよね。「サウナと水風呂を交互に繰り返していると、なんとも言えない多幸感を得られる」みたいな。

ホリ うん。それで「ととのえ親方」といわれているサウナ界の大御所に会って指南を受けたんだよ。でも、全然ととのわなかった。たぶん、体質的に合わないんだよ。

ひろ 堀江さんって、ダラダラしたいって感覚ないんですか? 今回も、せっかくパリまで来たのに滞在時間は24時間未満だし。

ホリ 寝ている時と、酒を飲んでいる時以外は、常に動いていたいね。

ひろ なんか堀江さんの話を聞いていると、ADHD(注意欠陥・多動性障害)っぽいっすよね。

ホリ 違うよ、ADHDじゃなくて「多動力」だよ。

ひろ それって、ADHDを良く言っただけですよね(笑)。

ホリ いや、こうやって良く言い換えることが大事なの。ひろゆきのいう通り、俺は病院に行けばADHDだと診断されると思う。俺は医者や周りの人に何を言われようと気にしないけど、世の中の人は「ADHDだよね」と言われると傷つく人が結構いるのよ。「障害」なんて言われると、思い悩む人も多いはず。だから、これからの時代はなんとか障害みたいなものは、ポジティブに言い換えるべきだと思うんだよね。

ひろ ADHDも「多動力」だと。

(この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください)

友だち追加数