BLOG

ホリエモンら、HPVワクチン積極勧奨再開求め会見

カテゴリー:
生活関連

2019年7月18日、一般社団法人の予防医療普及協会とG1は記者会見を開き、HPVワクチンに関する情報を届けることなどを求める署名活動の状況を中間報告するとともに、HPVワクチンの積極的勧奨の再開を求めた。

会見には、予防医療の普及に取り組むホリエモン、産婦人科医の宋美玄氏などが参加し、年間2,700人にも及ぶ子宮頸がんによる死者をワクチン接種によって、減らしたいと訴えた。

また、会見では、2019年参議院選選挙の立候補者約300人に対して予防医療普及協会が行ったアンケート結果の一部を公表した。

「一般社団法人予防医療普及協会」について
「治療から予防へ、病気にかからない世界を実現する」をビジョンに掲げ、堀江貴文を発起人の一人とし、医師団と各分野のスペシャリストが名を連ねる、有志の団体です。(http://yobolife.jp)