BLOG

ホリエモン×ひろゆき、足を計測するZOZOの新サービス。「ゾゾマット」は成功するのか?

カテゴリー:
テクノロジー, 堀江貴文

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「ゾゾマット」について。

足を計測するZOZOの新サービス。「ゾゾマット」は成功するのか?

(イラスト:西アズナブル)

ホリ ZOZOが、ゾゾスーツに続いて、足の形を3D計測する「ZOZOMAT」(ゾゾマット)というサービスを始めるらしいね(今秋冬にリリース予定)。俺、ちょっと期待しているんだよ。

ひろ んー。僕的には「なんかまた新サービスで行き当たりばったりなことをやっているな」という印象です。足の計測なんてわざわざ家でやらなくても、都市部だったらナイキの店舗とかで足の甲の高さとかを細かく計測してくれるサービスがすでにあるじゃないですか。しかもナイキだとやってるスポーツや足の動かし方によってソールの硬さとかまできちんと提案してくれます。また、人間の足って左右の大きさが違うことがあるんですけど、サイズ違いのクツを持ってきて試させてくれたりとか、けっこう手厚いんですよ。

ホリ 確かにそれはあるけど、それは店でのことでしょ。通販で買うとなると家で計測できた方がよくない?

ひろ ゾゾマットを使う人は、靴をオーダーメイドするような靴にお金をかける層だと思うんですよ。そこまでこだわりがある人だったら、計測だけじゃなくて「なんのスポーツをやっていて、どういう結果を出したいのか?」みたいに細かいところまで親身になってくれる店に流れると思うんですよ。ZOZOもそういう細かいフォローまでやってくれるんじゃないかと思っていたんですけど、ゾゾスーツで「実情は違う」というのがわかってしまいましたからね。

ホリ ん? どういうこと?

ひろ 写真でサイズを計測する2代目のゾゾスーツって、けっこうな誤差がありましたよね。で、それを展開していたときに「誤差を少なくして将来に向けた改善や投資をする」のかと思ったら、「誤差が大きいからやめる」みたいな流れになった。そう考えると、このゾゾマットも誤差が大きいとなったら「ゾゾスーツのときみたいにやめてしまうのではないか」と思ったりするんですよ。

ホリ 俺は、個人的にはこのサービスは有用性が高いと思っているけどね。俺の足って甲高で幅広なんだけど、大人になるまで自分の足の形を理解できずに、ずっと我慢して靴を履いていたんだよ。そういう人からすると、このゾゾマットっていいサービスだし、気軽にナイキのフィッティングサービスを利用できないような地方の人は使いたいと思うはず。

ひろ うーん、革靴とかなら需要がありそうですけど、そうなると革の質感とか見ることができないオンラインショップのZOZOでは決めづらいんじゃないかと思いますし、良い革靴は何年も使えるので都市部に出かけたついでにそういう店に行くと思います。ちなみに、統計によると都会の人のほうがアマゾンとかの通販をよく使うらしいっすよ。

ホリ あ、靴にこだわるとかそういうのじゃなくて、俺みたいな甲高幅広族としては、普通に店に売ってる靴がキツイの。痛くない靴を履こうとすると、2㎝くらい大きなサイズでないと厳しい。そういった人たちは、少なくとも全国に数%はいるから、彼らに定着する可能性は高いと思う。

ひろ そういう少数派が存在するのは事実ですし、少数派がオンラインでクツを買うような便利な未来ってのはいいと思うんですよ。

ホリ だよね。ただ、実際に普及するかどうかは、俺も微妙なところだとは思う。細かなフィッティングに対応することが、技術的に可能なのか不透明なところもあるしね。

 

(この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

友だち追加数