BLOG

ホリエモン×ひろゆき、話題の『ドラゴンクエストウォーク』。ゲーマーひろゆきの分析結果は?

カテゴリー:
テクノロジー, 堀江貴文

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「ドラゴンクエストウォーク」について。

話題の『ドラゴンクエストウォーク』。ゲーマーひろゆきの分析結果は?

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 『ポケモンGO』とか位置情報を使ったスマホゲームが根強い人気だからか、今度はスクウェア・エニックスがドラクエと位置情報ゲームを組み合わせた『ドラゴンクエストウォーク』をリリースするらしいね。ゲーマーのひろゆき的にはどういう評価?

ひろ まだベータ版なので正式なものではないですけど、僕的にはポケモンGOのようなゲームを期待していたら、ガチャゲーらしいので、「どうでもいい」という評価ですね。

ホリ え、そうなの?

ひろ ポケモンGOって、ナイアンティックが世界中でヒットさせた『イングレス』をベースに作ったので、世界中に広がったんですよ。んで、イングレスは強くなるのにお金ではなく、時間と労力をかければ良かった。ポケモンGOもその流れで、お金を使わなくても運でレアポケモンに出会えたり、強くなるのにお金がいらないゲームなんです。

ホリ まあ、労力をかけずに強くなるための課金アイテムもあるにはあるけど、時間をかけたり、自分の足で距離を稼げば、十分に楽しめる内容ではあるよね。

ひろ ええ。ところが、ドラクエウォークは地図を使って歩くポケモンGO的なゲームではあるものの、強い装備をゲットするには課金してガチャを回すらしく、強くなるにはお金を使わないといけない仕組みのようなんです。課金ゲームを手がけているコロプラとの共同開発なので、ある意味、当然の流れなんですけど……。

ホリ そうなんだ。まあ、ドラクエは、日本では人気があるから話題にはなるだろうけど、ポケモンGOみたいに海外に出ていくことはできるのかね?

ひろ そもそも、ドラクエってファイナルファンタジーと違って、日本以外ではあまり認知されていないんですよ。ゲームの内容も、村人とかと会話を楽しんで、戦闘はコマンドを選ぶだけというものなので、アクション性を重視する海外ユーザーからすると微妙に見えるっぽいです。だから、最初から海外ユーザーは狙っていないと思いますよ。

ホリ なるほど。世界中から多くのユーザーを獲得して、その一部から少しだけ課金させる方向ではなく、日本だけでユーザーを抱えて、たくさん課金させる方向ってことね。

ひろ そうだと思います。

ホリ でも、国内だけでも、それなりにヒットするんだろうね。

ひろ ですね。ただ、位置ゲーって、成功しにくいんですよ……。

ホリ そうなの?

ひろ ええ。いまだにイングレスとポケモンGOが位置ゲーの成功例として出されるくらいですからね。

ホリ たしかに、位置ゲーの成功例って他にないかも。ドワンゴの「テクテクテク」もサービスが終了したし。

ひろ 日本のゲーム会社が手がけた位置ゲーだと、日本中の駅を制覇する『駅メモ!』が成功例としてあるくらいですかね。

(この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください)

友だち追加数