BLOG

『 クラフトビール探訪』HIUベーシックインカムレポート【5月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

勉強にかこつけてクラフトビール呑み歩き

クラフトビールを作りたく、ビールについて改めて勉強している。お酒の席は好きなのだが、全くの無知なので、ブリュワーの友人に教わりながら理解を深めている。

世界には様々な種類のビールがある。たとえば、最近よく見かけるIPA(アイピーエー)は18世紀のイギリスで造られた。インディアペールエールの略称。インドへの海上輸送中に傷まないように防腐剤としてホップを大量に使ったため苦味と香りがとても強い。初めて飲んだときは強烈な苦味がニガテに感じたのだが、なれるとクセになる美味しさがある。

他には、ベルジャンホワイト(コリアンダーとオレンジピールなどを使用し柔らかな酸味が特徴)や、ギネスビールに代表されるスタウトも大好きなビールだ。週の半分はお勉強にかこつけてクラフトビールを呑み歩いている。様々なビールのもつ背景や歴史を学びながら飲んでいると、美味しさが倍増する気がする。

三重県の伊勢市にある伊勢角酒造のパーティにもお邪魔した。晴天のお昼から、新しくできた醸造所を見学したり、ビールの話を聞きながら飲む。クラフトビールの界隈では、レシピや作業工程をオープンにしている醸造所が多いそうだ。みんなでどんどんより良くなっていこうという気概が感じられ、そういう部分も含めてとても気持ちがいい。

少し時間ができたので、伊勢神宮にも参拝しおかげ横丁を巡って夜もまた、クラフトビールで盛り上がる。クラフトビールファンや醸造家の方々は楽しい人が多い。醸造所それぞれの哲学もあり興味は尽きない。

アップルペンシルが折れました

アップルペンシルが折れた。

私のバックパックには、背中側にノートパソコンなどを入れるスペースがある。そこのはしっこにいつもアップルペンシルを刺していたのだが、気付かないうちに中央付近に移動していたようで、macbookを突っ込んだところ、ボキッと折れた。

ダメもとで充電してみたが、やはり認識せず諦めて買い直した。自分の不注意による手痛い出費だ。

持ち運び用の保護ケースなども買い足して過保護な姿に。道具は大切にしようと改めて思う。

余談だが、アップルペンシルを折った数日後、ウィルス性胃腸炎を発症した。治ったと思えば風邪を引きゴールデンウィークはほとんど寝込んでいた。今月の終盤は困ったことが続けざまに起こる散々な日々であった。体調不良が続いたのは、睡眠不足が原因かもしれない。

身体のメンテナンスも怠らず、引き続き元気に行動していきたい。

 

【使用内訳】

移動費  60,000円
アップルペンシル 10,000円
akindoLabo会費  12,000円
トレーニング費用 10,000円
HIU会費 10,000円

レポート執筆者:Satoshi Yamatsu

nyukaiban2