BLOG

ホリエモン×ひろゆき、ひろゆきの「引きこもり力」とホリエモンの「次世代資産力」とは?

カテゴリー:
堀江貴文, 生活関連

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、ひろゆきの「引きこもり力」とホリエモンの「次世代資産力」について。

ひろゆきの「引きこもり力」とホリエモンの「次世代資産力」とは?

(イラスト:西アズナブル)

ホリ ひろゆきにおすすめしてもらったネットフリックスのドラマのタイトル何だっけ? ほら、あの覚醒剤を作るやつ……。

ひろ ああ、『ブレイキング・バッド』ですか? 超有名な作品なんですけど……(笑)。

ホリ 俺、見たんだけど、あのおもしろさは、わかんないわ。

ひろ 僕的には、人生の中で一番おもしろいドラマですけど。

ホリ おもしくなる前に見るのやめちゃったのかな?

ひろ 高校で化学を教えている50歳のさえない教師ががんになって、医療費や家族のためにお金を稼ごうと化学の知識を使って覚醒剤を作る話なんですけど、ただ覚醒剤を作りまくる話じゃなくて、アメリカの社会問題を描いている部分がおもしろいんですよ。

ホリ そうなの?

ひろ 頭のいい人が報われないという現実が、アメリカにはあるんですよ。

ホリ ふーん……。

ひろ 口が上手いやつは大儲けしているけど、地道にやっている人は頭がよくても貧乏とか、エンジニアでIT系で働く人はうまくいくんですけど、化学系はなかなか稼げないとか。そんな中で、化学の知識を使って覚醒剤を作ってめちゃくちゃ儲かったけど、でも儲かっても幸せにならないよねっていう、アメリカ人の心をくすぐるところもちゃんと入れてるんですよ。

ホリ ……。

ひろ え、伝わってない!?(笑) ちなみに、めちゃめちゃ評価高いっすからね。

ホリ 俺はおもしろい作品は、ちゃんとおもしろいって言うじゃん。

ひろ はい。そのへんは直球で言いますよね。

ホリ だから、国民的なマンガでも、おもしろくなければつまらないという。なんつーか、俺、主人公の頭が悪い作品はあんまり好きじゃないんだよ。

ひろ じゃあ、逆に堀江さんがおもしろいと思う作品はなんですか?

ホリ 『闇金ウシジマくん』。

ひろ あー、ウシジマくんは頭いいですもんね。でも、今も昔もメジャーになるのは、主人公の頭が悪いマンガですよ。

ホリ そうなんだよねぇ……。

ひろ わかっているじゃないですか(笑)。

ホリ それはわかっているんだよ。ただ、俺は別に感動しないって話。てか、ひろゆきって結構ネットフリックスを見ているよね。

ひろ そうですね。僕、外に出るのが嫌いで、ずっと家に引きこもっていますから(笑)。ネットフリックスはおもしろい作品がめちゃめちゃあるんで、引きこもっていても楽しいんですよ。こういうサブスクリプションサービスがあるおかげで、お金を使わなくても楽しめますし。

ホリ あとシェアリングエコノミーの影響もあるよね。

ひろ え、堀江さんもシェアリングエコノミー使うんですか? 貧乏人が使うものという概念もあるじゃないですか。

ホリ 全然使うよ。俺、海外に行ったらAirbnbとか普通に使いまくってるし。

(この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください)

友だち追加数