BLOG

『ホリエモングルメ祭でHIUの熱気にふれ、サックスを手に入れる。 』HIUベーシックインカムレポート【4月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

ホリエモングルメ祭in大阪のスタッフ

大阪で開催の、ホリエモングルメ祭in大阪にスタッフとして参加した。

当日の様子は沢山の写真とともに、HORIEMON.COMに詳しく掲載されているのでそちらをぜひ見てみてもらいたい。こちらのレポートでは、急遽参加したわたしの目線で書かせてもらおうと思う。

前回のグルメ祭は、開催日に台風直撃の予報があり、急遽縮小版で決行していた。縮小版とはいえ熱量がもの凄く、参加した人たちに話を聞くと当日の様子を興奮しつつ教えてくれた。

リベンジの意味合いもある今回のグルメ祭。わたしは予定があり参加を見送っていたのだが、開催の数日前に実行委員のメンバーから手伝って欲しいとお声がけいただき、無理やり調整して参加させてもらうことにした。

こういう時は、多少無理してでも参加した方が絶対に楽しいことになる。

結論から言うと、学びが多くやはり大満足であった。

ホリエモングルメ祭などの大型イベントは、HIU会員が企画運営している。わたしは途中参加の比較的気楽な立場だったが、実行委員のメンバー達は当日の朝ギリギリまで、より良いイベントにするべく作業を続けていた。その熱量に当てられてわたしも、イベントの成功に向けて最大限貢献しようと決めた。

どれだけ準備していても、イレギュラーは起こるし完璧にとはいかないものなのだが、オープン後もその場その場で対応して行く様は、間近でみていて圧倒された。

会場は、大阪の伝説的なレジャービル味園ユニバース。歴史の染み付いた施設でホリエモンの対談や最高の料理が存分に楽しめる。

なかでも印象的だったのが、プロ阿波踊り集団『寶船』とJAZZの融合したステージだ。寶船のステージを体験するのは初めてだったのだが、日本だけでなく世界が絶賛する理由が良くわかる。そして、ジャズトランペッターである濱田真秀氏のバンドとのコラボ。これがもの凄くかっこよかった。

スタッフとして飲食ブースに立ちながら遠目に観ていて鳥肌がたった。観客を巻き込み熱狂の渦が発生していた。彼はJazz2.0を主催しており今後も活動が楽しみだ。

アルトサックスをもらえることになった

寶船とJAZZの興奮冷めやらぬ昨今であるが、わたしはサックスプレイヤーになる。前回のレポートでも少し書いたのだが、ひょんな事からサックスプレイヤーとしてのオファーがきた。

ほんとに全く経験がないので、まずは楽器を手に入れようとあちこちで話をしていたら、前回のレポートを見てくれたHIU会員の方からアルトサックスを譲っていただけることになった。

ご自身もサックスプレーヤーであり、しかも音楽学校で講師をされている。なんと音が出るまでフォローしていただけると言う。太っ腹すぎる。恐縮しつつもありがたく申し出をお受けした。

大分県にお住いの方なので、何かのイベントなど用事を作って訪問させていただく。なんでも言ってみるもんですね。来年あたりフジロックに出て観客を沸かせようと思います。

 

【使用内訳】

移動費  60,000円
akindoLabo会費  12,000円
トレーニング費用 10,000円
HIU会費 10,000円

レポート執筆者:Satoshi Yamatsu

nyukaiban2