BLOG

ホリエモン×ひろゆき、「FFXIV」内で麻雀が流行中!世界に通じる日本のコンテンツはまだある

カテゴリー:
堀江貴文, 生活関連

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「日本のコンテンツ」について。

「FFXIV」内で麻雀が流行中!世界に通じる日本のコンテンツはまだある

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 最近は『ファイナルファンタジー』(以下、FF)内で、麻雀が流行ってるらしいね。

ひろ はいはい。『FFXIV(14)』ですね。あれ、すごくないですか?

ホリ うん、あれはヤバい。

ひろ 読者さん向けに説明しておくと、FFXIVはオンラインゲームで、ユーザーがゲームの世界で他のユーザーと関わりながら敵を倒したりコミュニケーションを取ったりするんですけど、参加しているユーザー全員が戦ってるわけじゃないんすよね。

ホリ そうそう。で、FFの世界のなかで日本式麻雀ができるようになっていて、ユーザー同士がオンライン麻雀をしているんだけど、それがスマッシュヒットしている。

ひろ 普通、FFみたいなオンラインゲームって、みんなで協力して敵を倒してるわけですけど、この麻雀のヒットで「別にアクションとかRPGじゃなくてもいいんじゃねえ?」って流れになっているんですよ。

ホリ ゲーム内の一コンテンツにすぎない麻雀がスマッシュヒットって面白いよね。

ひろ ユーザーを飽きさせないように新しいキャラやストーリーを考えなくても、みんなが黙々と麻雀を楽しんで毎月課金してくれる。ゲームを運営する側としては超おいしい展開ですよね。

ホリ スクウェア・エニックスも、まさか麻雀が大ヒットするとは思ってもなかっただろうね。

ひろ 当初は、オンラインゲームのなかでポーカーをやろうとしてたらしいんですよ。でも、ポーカーをオンライン上でやるとアメリカの法律に触れるらしくて、NGになった。

ホリ え、お金を賭けなくても?

ひろ はい。で、麻雀はOKということだったので、FFXIVのなかで麻雀をできるようにしたんです。でも、アメリカ人って麻雀を知らない人が多いので、一時期、グーグルトレンドの1位が「mahjong」(麻雀)になったらしいです。「how to play mahjong」みたいに、麻雀の遊び方を調べてたんじゃないですかね。

ホリ それすごいね。

ひろ なので、FFXIVの影響で今アメリカ人が麻雀を覚えているという、予想だにしなかった現象が起きているんですよ。

ホリ 正直、ここ最近で1番感激した話だわ。つまり、今の時代でも麻雀が流行るってことだよね。

ひろ 日本酒が美味しいっていうのを世界の人が知らないのと一緒で、麻雀の面白さを世界の人は知らなかったんですよ。言い換えると、日本人は日本の中で価値があったり、面白かったり、おいしいものは知ってるけど、海外にそれを持っていこうっていう発想がなかったと。

ホリ もったいないことが多いよね。だから俺も和牛にチャンスがあると思ってWAGYUMAFIAをやっているんだよ。あと、最近だと『人生がときめく片づけの魔法』の著者のこんまり(近藤麻理恵)とかも、海外でヒットしている日本発のコンテンツだよね。

ひろ こんまりはアメリカで大ウケしてるみたいですね。ネットフリックスでドキュメンタリーが放送されたりして。

(この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください)

友だち追加数