BLOG

ホリエモン×ひろゆき、和牛ブランドの向上に 堀江さんが熱心なわけとは?

カテゴリー:
堀江貴文, 食べ物・飲み物

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「和牛ブランド」について。

和牛ブランドの向上に 堀江さんが熱心なわけとは?

 

(イラスト:西アズナブル)

ひろ 堀江さんって和牛専門店「WAGYUMAFIA(ワギュウ・マフィア)」を手がけたりしてますけど、どうして和牛にこだわっているんですか?

ホリ 和牛のブランドイメージや価格をもっと上げたいと思っているからかね。例えば、マグロって「すしざんまい」が毎年初競りで何億円も出して落札するでしょ。あれでマグロのブランドイメージが変わったじゃん。

ひろ 「今年は1億円で落札」とか聞いても驚かなくなりましたよね。ちなみに、和牛はどれくらいの値段なんすか?

ホリ かつて松阪牛が1頭5000万円とかの値段がついたらしい。それが史上最高額だと思う。

ひろ 牛1頭でマンション買えるんだ。

ホリ それでもマグロ1本よりだいぶ安いじゃん。マグロって200㎏ぐらいで何億円だよ。

ひろ 松阪牛って何年もかけて育てたうえでの5000万円ですけど、マグロは釣るだけですもんね。それ相応の設備投資はしても、魚を1匹釣って1億円というのに比べて、和牛の価格は安いですよね。

ホリ そう考えると和牛は手間がかかるのに、ブランド力がまだまだなんだよ。だから俺たちWAGYUMAFIAがもっと有名になって、もっと稼いで1億円の和牛を出したいわけよ。

ひろ そうなると堀江さんがやろうとしていることって、牛を育てる畜産農家をやろうっていう話になりません?

ホリ うん。実は尾崎牛っていう入手困難なブランド牛を育てている尾崎宗春さんと「堀江牛」を作ろうって話になっているんだよ。

ひろ 堀江牛!?

ホリ んで、杉を餌にしようっていってるの。杉をおがくずみたいにして、細菌を入れるんだよ。すると菌で分解されて、牛が食べやすくなるから。

ひろ 杉を食べると、牛に杉の香りがつくんですか?

ホリ わかんない。だけど、杉の香りって結構いいじゃん。

ひろ そういえば『ステーキ・レボリューション』っていうドキュメンタリー映画があるんですけど、堀江さん見ました?

ホリ うん、見た。

ひろ その作品の中に、「神戸牛ってめちゃくちゃおいしいし、高く売れるんだけど、人工飼料でトウモロコシとかを餌にしている。そうじゃなくて、牧草を食わせたらめっちゃおいしくなるんじゃね?」っていうシーンがあるんですよ。

ホリ それ、完全に〝グラスフェッド(牧草肥育)信仰〟だよ。オーガニックだったらなんでもいいみたいな考え方。グラスフェッドだからっておいしくなるかっていうとそうじゃなくて、逆に草の変な匂いがつく場合があるから。

ひろ ああ、そうでもないんだ。

ホリ ちなみに尾崎牛は、ビールの搾りかすとかも食わせている。酒かすとかの発酵飼料とかっておいしくなりそうじゃん。で、実際に尾崎牛はめちゃめちゃおいしいわけ。だから、あの映画は監督の知識不足なんだよ。だから俺らは、監督にちゃんとした和牛を食わせたの。

ひろ え? まじっすか。

ホリ ロンドンでやったWAGYUMAFIAのイベントに来てもらったんだよ。んで、「和牛の映画を撮りたい」って言うから、うちらでフルコーディネートしたわけ。で、尾崎さんとのところにも連れていったし、神戸牛の生産者にも合わせたし、うちの店にも来た。そしたら、和牛の大ファンになっちゃった(笑)。

ひろ すげえ。

(この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください)

友だち追加数