BLOG

ホリエモン×ひろゆき、映画『ボヘ・ラプ』の大ヒットを ふたりが徹底分析すると……

カテゴリー:
堀江貴文, 生活関連

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「ボヘミアン・ラプソディ」について。

映画『ボヘ・ラプ』の大ヒットをふたりが徹底分析すると……

(イラスト:西アズナブル)

ひろ 1970年代から80年代に活動したクイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、若い人たちにも見られていて、社会現象になってますね。日本では興行収入100億円を超えたそうですけど。堀江さん見ました?

ホリ うん、普通に映画館で見てきたよ。スゴく良かったし感動した。

ひろ ほぉ……そうなんですね。聞いておいてなんですけど、何で見ようと思ったんですか? わざわざ映画館に足を運ぶとか珍しい感じが……。

ホリ そう? 俺、こういうジャンルの映画とかドラマはわりと好きなんだよ。

ひろ ドキュメンタリーっぽいジャンルってことですか?

ホリ うん。それに『ボヘミアン・ラプソディ』の終盤のライブエイドのシーンは、当時の映像を前に見たことがあったし、その裏側にあるドラマとかも知っていたからね。それがクライマックスと言われれば、期待しないはずがないでしょ。しかも、その模様を完コピしているというんだから。

ひろ お、前からクイーン好きだったんすか?

ホリ いや特に(笑)。クイーンはリアルタイムで知っているけど、別にファンなわけでもない感じ。

ひろ クイーンはリアルタイムでは見てなかったんですよね。しかし、2018年になってクイーンを描いた映画が大成功するなんて誰も想像してなかったでしょうね。そもそも今の若い人たちは、クイーンを知らない人のほうが多いと思いますし。

ホリ だろうね。だから、そのへんの現象も含めて見たかった。

ひろ 実際に見て、そのへんの現象は納得できました?

ホリ そだね。あと、麻布十番に「歌京」っていう80〜90年代のミュージック・ビデオを見られるバーがあるんだけど、そこで例えば松田聖子を聴いたあとに中森明菜を聴くと、やっぱり中森明菜の歌唱力が圧倒的に上手いことがわかるんだよ。んで、その後にライブエイドのビデオを流すと、フレディ・マーキュリーはレベルが違うことがわかる。今はデジタル収録された完パケ音楽がメインの時代だけど、あのライブパフォーマンスができるって奇跡だよ。

ひろ 今の音楽っていじりまくれるので、歌唱力ってわかりづらかったりしますよね。だから、ライブになると実力がわかっちゃうわけですよね。

ホリ そそ。んで、この映画は音響のいい劇場で見る方が楽しい。だから映画館に行ったってのもある。

ひろ なるほど。

ホリ この映画が流行った一因って「聴いたことがある曲が多い」ってのがあると思うんだよ。だから、もしカーペンターズのドキュメンタリー映画とかが作られたら見てみたい。

ひろ あー、それなりにヒットしそうですね。カーペンターズだと最後は悲劇的な感じになりますし。

ホリ うん、この映画のヒットで往年の名プレーヤーたちが続々と映画になるだろうね。そこは期待したい。

(この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

友だち追加数