BLOG

ホリエモンロケットが4月末に打ち上げ ホリエモン「できることは全てやった」

カテゴリー:
その他

北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」(以下、IST)は12日、自社開発の小型ロケットMOMO(モモ)3号機の機体を公開し、4月30日に打ち上げると発表。

ISTが開発を進めていた観測ロケット「MOMOシリーズ」の開発状況を説明し、さらに「MOMO」よりも大型の衛星軌道投入ロケット「ZERO」の開発についても先月、詳細が明らかにされていた。

ロケットの打ち上げについて、ホリエモンは「できることは全てやった」と語る。

「前回失敗した2号機の失敗分析は完了しており、問題点は全部つぶした。今度打ち上げるMOMO3号機は燃焼試験も終了している」

稲川貴大社長は、昨年6月のMOMO2号機の失敗原因について説明し、3号機の開発では新たな燃焼実験を行ったと説明した。

いよいよ、ロケットの打ち上げが迫ってきた。期待は高まるばかりだ。