BLOG

ホリエモン×ひろゆき、オンラインサロン、投げ銭が ニコニコ動画復活の鍵になる!

カテゴリー:
堀江貴文, 社会

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「ニコニコ動画」について。

オンラインサロン、投げ銭がニコニコ動画復活の鍵になる!

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 夏野剛さんがドワンゴの社長に就任したわけだけど、これで「ニコニコ」がどうなるのかは見ものだよね。「復活する」って話もあるけど、そもそもニコニコがはやったのって、ある意味、偶然が重なった奇跡的なところもあると思うんだ。

ひろ お、どういう偶然ですか?

ホリ ほら、『ミュージカル「テニスの王子様」』の空耳動画がはやってバズってたじゃん。

ひろ 8分くらいの劇中のセリフほぼすべてがまったく違う内容に聞こえる一曲があったんですよね。2007年でしたっけ。あれがきっかけでニコニコに空耳ブームが起きて、ニコニコの利用者が増えていったという。

ホリ あれって、狙ってつくれるようなブームじゃないでしょ。だから、ある意味偶然が重なったっていうこと。

ひろ 僕的にはニコニコがはやったのって、「アニメやオタクに特化したことで時代の流れに乗れた」感があるかなと。あの時代はオタクたちがこぞって動画を投稿して、利用者がガンガン増えましたから。

ホリ 今みたいにスマホひとつあれば気軽に動画が作れる環境じゃなかったからね。

ひろ そういう文化的なものをつくるのって、夏野さんの手腕だけではどうしようもないわけですけど、実際のところニコニコはどうなると思います?

ホリ んー、夏野さんが優秀な経営者であることには違いないんだけど、ニコニコは相当出遅れちゃっているからな。ここまで来ると、正直、けっこうつらいと思う。だから、有料チャンネルの機能とかをもっと充実させればいいのにとは思う。チャンネルって著名人しかできないし、メルマガ的な機能がメインになっているけど、もっと発展させるとオンラインサロンになるからね。単価も高いし、それが月額課金だから、けっこうな手数料が入ってくる。ちなみに「キャンプファイアー」のオンラインサロンは後発だけど、最近ガンガン利用者を増やしていて、先駆けて始めていたDMMを抜いたらしいよ。

ひろ オンラインサロンは今一番話題になっていますよね。あとは、YouTubeのやらないことをいかにできるかですかね。それができれば、少なくとも存在価値は出てくるかなと。

ホリ そういう意味でもニーズがあるのって有料チャンネルなわけで、オンラインサロンとかもまだまだ可能性があるのは事実だよね。

ひろ ニコニコって有料のプレミアム会員は減っていますけど、有料チャンネル会員は増えているみたいですしね。堀江さんが言うように有料課金の分野は、まだ伸び代があると思います。んで、どこかの分野で一点突破すると、それに付随して周りのサービスも使われるようになるんですよね。例えば、昔はニコニコ動画が成功したことで、付随するニコニコ生放送とかニコニコ大百科とかもユーザーを増やしました。なので、何か一個強みを持ったほうがいいんですよ。

ホリ てか、なんでオンラインサロンに乗り出さなかったんだろう? チャンネル機能の延長みたいなもんだし、やろうと思えばできたはずなのに。

ひろ 乗り遅れるというか、乗ろうともしてなかったような気がしますけど。

ホリ ニコニコなりのこだわりがあったのかな。

 

(この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

友だち追加数