BLOG

ホリエモン×ひろゆき、PayPayがキャンペーン第2弾! 今年は「QR決済元年」となるか?

カテゴリー:
堀江貴文, 社会

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「QR決済」について。

PayPayがキャンペーン第2弾! 今年は「QR決済元年」となるか?

 

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 「PayPay」が、また100億円キャンペーンをやってるみたいだけど、これでQR決済が普及するかね? 「前回よりショボい」なんて声もあるみたいだけど(笑)。

ひろ てか、1回目のキャンペーン以降、PayPayを使っている人の話を聞かないですよね。

ホリ これはQR決済全般にいえることだけど、使うまでのハードルが高いんだよね。でも、使い始めたら、その便利さはわかるみたい。2月2、3日にやったイベント「ホリエモン万博」では、食べ物や物販の支払いを全部「LINEPay」にしたんだよ。すると、思った以上に登録者が多かったし、「便利だ」っていう意見も多かった。

ひろ 一度使った人は、リピートの確率が高くなるでしょうね。でも、QR決済以前に、日本ってクレジットカードを怖がる謎の国民性があるじゃないですか。

ホリ あれ意味わかんないよね。「使いすぎるのが怖い」とかが理由なんでしょ。

ひろ クレカですら怖がるのに、いきなり口座からお金が引き落とされるQR決済が普及するのってかなり難しいんでないかと。しかも、アプリをインストールして、店員に見せて……ってクレカよりもハードル多いですし。

ホリ よく比較されるのが中国だけど、ほとんどがキャッシュレスになっていて、物乞いなんかもQRコードを持っているらしい(笑)。

ひろ 中国でQR決済が普及した理由として、QR決済の引き落とし口座であるアリババの口座にお金を入れておくと、年利が4%つくのが大きいんすよね。「現金で持っているぐらいなら、アリババの口座に入れといたほうが得!」という状況だったわけですから。

ホリ まあ、日本も安倍晋三首相が2月2日に東京・戸越銀座の花屋さんでQR決済のデモンストレーションを行ったのがニュースになっていたりして、政府が本腰を入れて普及させようとしているのがわかるけどね。

ひろ それに、中国はそもそも庶民がクレカを持てないという前提があるんですが、先進国では社会人はクレカを持てるのが普通ですよね。なので「クレカでいいじゃん」となる気がします。フランスにも一応QR決済はありますけど、使っている人を見たことがないんですよ。だから、中国には中国なりの理由があるわけで、そこらをすっ飛ばして、ほかの先進国でQR決済を普及させようとしても難しいと思うんですよ。

ホリ なるほどね。

ひろ あと、そもそも論として、カード決済にしろQR決済にしろ、〝クレカを通す〟のってどうかと思うんですよ。QR決済も銀行口座からの引き落としじゃなくて、クレカ決済になっているやつがあるじゃないですか。すると、国としてキャッシュレス化を進めているけど、VisaとかMastercardとか海外の会社に日本人が使うお金の数%とかが手数料として支払われることになる。これって、日本としてどうなのかなあとか思ったりします。

ホリ それ、国とか関係ある?

ひろ だから、国としてJCBを押せばいいと思うんですよ。中国は銀聯カードを国として押してたりするわけで、日本もせっかく独自の国際ブランドがあるんだから、それを育てたほうがいいと思うんですよ。日本は消費増税で騒いでいますけど、消費税は日本政府が日本のために使いますよね。でも、カード手数料はアメリカに払うだけで、日本には帰ってこないですから。

ホリ いずれにしても、今は人手不足が叫ばれているんだから、QR決済とかを導入しないと、そのうちお店は回らなくなるよ。

(この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

友だち追加数