BLOG

『一週間密着!ミュージカル「クリスマスキャロル」の舞台裏 』HIUベーシックインカムレポート【12月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

見学で舞台稽古へ

WAGYUMAFIAの美味しすぎるフルコースとドリンク飲み放題が付いたミュージカル「クリスマスキャロル」。このミュージカルの原作は、1843年に出版された英国の文豪チャールズ・ディケンズの小説「クリスマスキャロル」をミュージカル化したもの。今月は、ミュージカルを鑑賞したり、スタッフとして参加した。
今回のミュージカルに参加したきっかけは、ただミュージカルを観るだけではなく、食べながら飲みながら演劇を楽しむというのがコンセプトだ。料理には、堀江貴文プロデュ−スの和牛ユニット「WAGYUMAFIA」が和牛フルコースをミュージカルを観ながら「クリスマスキャロル」の世界観を再現しており、料理のメニューや提供時間、ドリンク飲み放題のシステムに興味があった。

HIUの中でミュージカルの舞台稽古見学会があり、ミュージカルの練習風景が気になり参加。舞台稽古は部分部分で練習しており、見学したときには、実際のセットを使っての練習だった。スクルージが入る棺桶のドアの開閉に苦戦していた。

一番驚いたことは、舞台ツラのバミリが数字で表記されていたこと。通常、舞台の先端の位置を示すためにテープでTの字などで記されるのが、今回のミュージカルでは、数字で記されていたのが特徴的。「0番に立って」や「0番から1番へ移動」など、わかりやすく指示をしていた。

その日は、堀江貴文さんからの差し入れで、食材は違うが、公演当日にも出るラザニアを頂き、とても美味しかった。公演前日、HIU内で会場へ荷物搬入スタッフ募集の貼り紙があったので参加。舞台ができるまでを見たかったからだ。

搬入スタッフの主な仕事は、ドリンクを1階から舞台がある5階まで運ぶこと。片手が動かない私は、積み下ろしではなく、台車に載ったドリンクを運ぶ仕事だ。運び終えたあとには、何故かみんな笑顔だったのが印象的。

舞台を見ていて、一番気付いたことは、客席迫りがあること。舞台の床の一部をくりぬき、そこに昇降装置をつけ、舞台を拡張したり、オーケストラピットという客席より低い位置にある演奏場所をつくるもの。迫りを使って、照明や大道具を動かしているところに驚いた。

面白くて笑いあり涙ありの演劇と美味しすぎてヤバい料理が連動したミュージカル「クリスマス・キャロル」

スーツ姿で観に行ったミュージカル「クリスマスキャロル」。ドレスコードは一応ないが、会場の設定がロンドンの大金持ちスクルージ家のクリスマスパーティーだったため、スーツ姿で会場へ。会場に着くと、白と赤のテーブルクロスに、テーブルにはクリスマスムードを演出する飾りつけがされていた。

今回は、演劇と料理が連動したミュージカル。前菜には、リーフサラダとブッラータチーズに、割烹くろぎさんが取り扱っているオシェトラキャビアを使った、ゆで卵キャビアのせ、物語『クリスマスキャロル』の1830年代には、資本家や貴族だけが食べることができたミートパイ。中身を和牛に変えた石垣島銘柄美崎牛のミートパイ。協賛スポンサー炙りレストランジャパンさん提供の炙マグロカルパッチョ、北海道にあるエーデルワイスファームが1920年代の本場ドイツの伝統的な古い製法の手作りソーセージ。美崎牛をたっぷり使ったラザニア。ミュージカル途中の休憩ではケイト先生のスープが。ここでは肉が入った状態で提供されるが、劇中のケイト先生とスクルージの進展に注目だ。

冷凍船の技術がまだ開発されていない1800年代前半、資本家か貴族だけしか食べられなかったローストビーフ。ここでは、美崎牛或いは神戸牛のローストビーフで再現。さらに、ローストビーフの上には、堀江さんがイタリアのアルバから直接持ち帰った新鮮な白トリュフをVIP席と天望ビューシートにだけ提供。独特な香りが特徴だ。終演後には、北イタリアから持ち帰ってきた、脂肪分が多く、世界三大ナッツのヘーゼルナッツを使ったケイト先生のクリスマスプディングを頂いた。物語に沿った料理だけではなく、時代にもあった料理を提供していることにとても驚いた。フリードリンクは、氷水の中にたくさん飲みものがあり、お菓子もその横に美しく並んでいたのが印象的。

天望ビューシートにいて一番驚いたのは、堀江貴文さんが隣からサンタの姿をして登場したこと。クリスマスプレゼントとして、サイン入りの著書「本音で生きる」(SB新書)を頂いてとてもうれしかった。また、劇中にあるバーテンダーのアルバイト役から日本酒をサーブしてもらえたこともうれしい。これらは、天望ビューシートの特権だ。サーブしてくれたお酒は、協賛スポンサー平和酒造さんより、純米吟醸酒 紀土-KID-しぼりたて。フルーティな香りと、甘い果実のような味わいで、とても美味しかった。純米吟醸酒 紀土を、また飲んでみたい。

スクルージ家の給仕役として、スタッフ参加

公演初日は観客として会場へ。残りの4日間はスタッフとして参加した。連日の立ち仕事で足は痛く、血豆もできていたが、自分の課題がたくさん見えてきた。今回のHIUが務めたスタッフは、スクルージ家の給仕役。お客様をおもてなしをする、芝居の中の登場人物という設定だ。

はじめは、受付補助に就いたが、私のコミュニケーション力が無く、すぐクロークの係へと異動。公演2日目のクロークはとても忙しく、お客様を待たせてしまうことがあった。そのため、公演3日目からは方法をガラリと変えた。

一番こだわったところは、番号を探しやすいように目印をたくさん設置した。番号順に整理し、余った段ボールなどを用い、荷物の位置を視覚化し、お客様へお渡しスピードを少しでもはやくした。公演が終わり、解体へ。少し寂しいと感じたが、今回のミュージカルは学んだものがたくさんあり感謝をしたい。

今月も、HIUなど、DMMオンラインサロン入会継続¥10,800-をはじめ、ホリエモンチャンネル¥3,684-、NewsPicksアカデミア¥5,000-、クラシック音楽専門音楽配信サービス¥1,998-、モバイルWi-Fi¥5,142-、会員制の勉強・仕事場空間 academyhills六本木ヒルズライブラリー¥9,000-、ニコニコ動画「メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」」¥540-、パレオチャンネル¥540-、メンタリストDaiGo&つっしーのメンタル料理講座¥540-、PLANETS CLUB¥4,980-に使用。

レポート執筆者:床次 佳浩 / Yoshihiro Tokonami

nyukaiban2