BLOG

『今月もなんとも面白い出会いが! 』HIUベーシックインカムレポート【12月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

累積標高1200m全長22kmの南アルプスマウンテンマラソンに参加を決意!

今年9月に行われたHIU定例会@ゼロの郷*に川根商工会青年部部長の鈴木さんに来ていただいた。鈴木さんは川根でレストランを経営しているとのことだったのでランチに行った。その時に鈴木さんから南アルプスマウンテンマラソンというトレランの大会が川根で開催されるということを教えていただいた。

それはフルマラソンに匹敵するという大変さだという。ランニングに苦手意識がある私は参加するのは非常に悩んだが、鈴木さんがその大会の実行委員長であるというご縁と、ダイエットしたいという気持ちと、HIUで参加を募ったら仲間が9人も集まったので大会にエントリーするにした。エントリーを決めたのは10月上旬。それまで何年間もランニングをしてなかった私はそれから練習を開始した。長距離を走るのは非常に辛い。

趣味でマラソンをするのが流行っているようだが私は絶対やらないだろうと思っていた。しかしながらエントリーを決めてしまった以上は他のメンバーや大会運営にご迷惑をかけてはいけないと思い練習をした。何度エントリーしたことを後悔したことか。素人の私達が完走をするのは非常に難しい。でもなんとか完走したい!そう私は思い5km程度のランニングやハイキング、10kmの大会にエントリー、マンションや駅では必ず階段を登るなど、トレランのトレーニングを重ねていった。

トレラン本番!練習の成果はいかに?!

して本番。レースの序盤練習の成果もあり、フラットな序盤は軽快に走り出す。して徐々に傾斜は上がっていく。そこもハイキングをしたこともあり、焦らずじっくりと進んでいく。その先下りをこなして、次は傾斜こそ緩いが長い登り。そして15km付近。両足が攣った。太ももが攣った。しかも両足。完全に終わったと思った。事前にフェイスブックのコミュニティーで堀江さんからトレランは消耗が激しいから足がつる可能性が高いので電解質は必ず携帯した方がいいと教えてもらっていた。マジで攣った。

しかし堀江さんのアドバイスがあったのが幸いし電解質などサプリは携帯していたので注入。飲み終わった容器をポケットにしまう。すると残っていた液体がポケットにこぼれる。手はベトベトになるし最悪やーと思いながら進み続ける。すると肉体的にはキツイ状態ながら足の攣りが解消された。サプリが効いたようだ。そんなこんなで思っていた以上にキツイく長い後半の下りを進む。残り3kmスタッフの方から情報をもらう。更に進む。

スタッフの方に残り何キロか聞く。残り3km。と誤情報にがっくりしながらも進む。最後は地元のおじさんおばさん、高校生などから声援をうけながら感動のゴール。記録は3時間30分。練習の成果があったのか制限時間の5時間を大幅に上回ることが出来た。なんと参加メンバー9人全員が完走した。トレラン素人の私たちにとっては非常に大変なチャレンジだったが終わってみると、とても満足な体験だった。参加メンバー同士の一体感みたいな感じも素晴らしかった。是非来年も参加したい。

HIU関連イベントが盛りだくさんな今月

今月はその他も色々なことに参加した。名古屋ホリエモン祭でゼロの郷*蜂蜜販売、ゼロの郷*でソーラーパネルテスト、ゼロの郷*でHIU上海定例会打ち上げ、ゼロの郷*御神木用しめ縄材料稲わらを日本酒想定外想定内原料を作っている長野の農家までもらいに行く、東京にてゼロの郷*定例会打ち上げ、たれ山で肉会、スタードーム視察、クリスマスキャロル観覧と、充実した一ヶ月であった。

使用用途

トレラン 10000円

上海定例会打ち上げ 10000円

しめ縄原料仕入れ 30000円

クリスマスキャロル観覧 50000

レポート執筆者:永田昌吾

nyukaiban2