BLOG

ホリエモン×ひろゆき、カルロス・ゴーン逮捕で見えた 日本の問題点とは?

カテゴリー:
ビジネス, 堀江貴文

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」 ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。 今週のテーマは、「カルロス・ゴーン逮捕」について。

カルロス・ゴーン逮捕で見えた日本の問題点とは?

 

ひろ カルロス・ゴーンが逮捕されちゃいましたね。自らの報酬を過少に申告した容疑だそうで。

ホリ 東京地検特捜部が動いているけど、いきなり刑事事件にする必要はない案件だと思う。つーか、こんなに巨額の報酬をもらっている人が、特捜部のストーリーのような報酬隠しをすると思う?

ひろ だから、日産自動車の経営陣によるクーデター説が唱えられていますよね。

ホリ それに司法取引が使われたって話だけど、この制度って悪用すれば、人を簡単におとしめることもできるんで、俺はわざわざ衆議院法務委員会に出席して問題を提起したんだよ。でも、当時は安保法制ばかりに注目が集まっていて、みんなスルーしてた。まあ、日産の経営陣にとって、一番楽できるやり方がこれだったってことだと思うんだけど。

ひろ そうでしょうね。

ホリ あと、人権を無視した日本の〝人質司法〟がクローズアップされているよね。「罪証隠滅および逃亡の恐れがあるとき、保釈しなくてもいい」という人質司法は、世界的には非常に古い人権意識の産物なんだよ。ゴーンは弁護士が事情聴取に立ち会えないし、家族との面会もままならない状況らしい。この際だから、国際問題化して日本の人質司法改善のきっかけにしてほしいよ。

ひろ ゴーンの話は抜きにしても、改善すべきってことですよね。

ホリ そだね。

ひろ クーデターって意味では、日産の経営陣って映画『七人の侍』の農民みたいですよね。

ホリ どういうこと?

ひろ 『七人の侍』って、農民たちが自分たちで解決できない問題に対して、よそ者(七人の侍)が助けに来ても、最初は冷ややかに見ていて、結果を出し始めたら大喜びするじゃないですか。んで、救世主のように崇めるけど、ある程度うまくいき始めると「こいつらがいなくても、俺たちだけでやっていけるんじゃね?」って、よそ者を追い出す。

ホリ まさにゴーンさんは七人の侍なわけだ。

ひろ ですです。だから今回の件で、日本の会社を投資して助けようとする外国人はだいぶ減ると思うんですよ。

ホリ なんせ、特捜部がいきなりやって来るんだから。怖すぎるよ。

ひろ 投資ファンドみたいなところが資金を投入して、リストラとかして経営状態の見栄えをよくして、再度、売っぱらうみたいなケースはあるでしょうけど、ゴーンみたいに本腰を入れて10年後も利益が上がる体制にするとか、やらないっすよね。しかも、今回の事件って被害者不在なんですよ。経費として計上されていたのが役員報酬なのか、私的流用なのかって話であって、PL(損益計算書)やBS(貸借対照表)には影響を与えない。つまり、株価に影響があるわけでもないんです。業務上横領で逮捕なら、まだ話はわかるんですけどね。

ホリ でも、横領を立証するハードルは高いよね。そう思ったから、確実にやれる金融商品取引法違反容疑で逮捕に踏み切ったんだと思うよ。んで、有価証券報告書の虚偽記載で有罪にでもできりゃ検察の勝ちって感じで摘発に踏み切ったんじゃないかな? ほんと怖いわ。

 

(この続きは、現在発売の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

友だち追加数