BLOG

『台風来ようが、電車止まろうが関係なし!?BIでホリエモン万博 大阪秋祭りへ』HIUベーシックインカムレポート【10月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

台風になんか負けない!!ホリエモン万博 大阪秋祭りに参加

台風が来たが、別会場で濃縮版で開催した、ホリエモン万博 大阪秋祭り。私は、ホリエモン万博の前日にある、「ホリエモン万博 大阪秋祭り プレミアム前夜祭」のお手伝いから参加した。

前夜祭のお手伝いでは、開場のご案内や食器などの後片付けなどを担当。近畿大学構内は広く、お客様が道に迷わないように案内をする係。お手伝いのとき入ったドアが、開場時間のときには開かず、別の少し遠いルートでご案内した。

食事中は、化粧室などの案内と、食器を使ったあとの包装のお手伝い。一番驚いたことは、食器はこの日のために用意しており、一つひとつ梱包していること。私も一つひとつ丁寧に梱包を行った。

そして、前夜祭一番驚いたのは、堀江さんの表情だ。はじめ、到着して案内したときは機嫌が悪そうな様子だったが、前夜祭終えて帰るときは、満面の笑みをこぼしていた。そこには、前夜祭の裏側で、本番当日の開催について万博運営たちと熱く話し合っていたからだ。

2日目。本来は、近畿大学でのホリエモン万博を開催する予定だったが、台風接近により、やむを得ず中止に。しかし、濃縮版で開催することが決定。

ホリエモン万博濃縮版が行われた場所は、BAN×KARA ZONE-UK 大阪梅田店。店内は、移動もできないほど、お客さんでいっぱい。その中で、対談、堀江さんに質問できるQ&Aタイム、グルメフェスなど、たくさんのコンテンツが集まった6時間だった。

一番印象に残っているのは、堀江さんに質問できるQ&Aタイム。メルマガや著書で堀江さんが普段答えない質問にも、「何でダメなのか」まで丁寧に説明していた。2日目は、お客さんとして参加したが、とても貴重な時間をつくれた「ホリエモン万博大阪秋祭り」だ。

本当に効果ある!?メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」を試してみた

最近、ハマって見てしまうニコニコ動画「メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」」。様々な論文を読み、一つの動画にまとめて、分かりやすく解説してくれる。動画を見ていて、実際に試してみたものがある。それは、起床の時間に照明をつけること。メンタリストDaiGoさんは、時間を設定できる照明を使う方法について解説しており、起きる15分前に照明をつけることによって、身体が起きやすくなる。

実際に行うと驚いたことがある。私は、朝起きることが苦手で、アラームが鳴ると、アラームを止めて、また寝てしまうという「二度寝」という行動をしていたが、実際に起きる15分前に照明をつけて、照明をつけた15分後にアラームを鳴らすと、一回で楽に起きることができた。その成功体験が起こってなのか、これからメンタリストDaiGoさんがいう、実例を参考にどんどんチャレンジしていきたい。

約300項目もの疾患リスクや体質の特徴などがわかる”遺伝子検査キット”を購入!!

今月も、HIUなど、DMMオンラインサロン入会継続¥10,800-をはじめ、ホリエモンチャンネル¥3,684-、NewsPicksアカデミア¥5,000-、クラシック音楽専門音楽配信サービス¥1,998-、モバイルWi-Fi¥5,142-、会員制の勉強・仕事場空間 academyhills六本木ヒルズライブラリー¥9,000-、ニコニコ動画「メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」」¥540- に使用。

毎週日曜日、ホリエモンこと堀江貴文さん担当、SHOWROOM配信「猫舌SHOWROOM」が、HIUシェアリングオフィスZERO BASE ROPPONGIで収録するため参加。新コーナー「YOUは何しにサロンへ?」が始まり、他のHIUのかたの入ったきっかけが聞けたのが印象的。

毎月2回ある、HIU定例イベントでは、株式会社ジーンクエスト代表取締役の高橋祥子さんが来てくださり、遺伝子解析サービスの説明や堀江さんの遺伝子情報結果解説、医師法の壁など、様々な問題について話していた。

疾患について興味があり、検査キットを即購入。自分も何度か大きな病気にかかったことがあったため、検査して調べて、今後起こりそうな疾患があれば対処しておきたいと感じていたからだ。記事を書いた時には、まだ届いていなかったが、届いたら、すぐ検査開始して疾患リスクをはやく知りたい。

レポート執筆者:床次 佳浩 / Yoshihiro Tokonami

nyukaiban2