BLOG

ホリエモン×ひろゆき、「置き勉よりタブレットに」

カテゴリー:
教育

 

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「教科書の重量化」について。

小学生の「重い教科書」問題。 国は「置き勉」を認めたが……

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 今、「教科書の重量化」が問題視されてるんだって。大手ランドセルメーカー「セイバン」の調査によると、小学生は平均約6kgの荷物(ランドセルの重さ含む)を背負って登校しているらしいし、教科書の重さは40年前の約2倍になったというデータもある。

ひろ そんなわけで、国会でも「置き勉(教科書などを学校に置いて帰ること)」の是非が取り上げられていたわけですね。文部科学省は置き勉を認めるように通知を出したみたいですし。でも、置き勉して教科書を盗まれたらどうするんですかね?

ホリ そんなやついる?(笑)

ひろ 例えば、イジメられている子とか。

ホリ てか、もう教科書は全部、iPadとかのタブレットにすりゃいいんだよ。

ひろ ですね。社会科の授業って資料集とか使いますけど、写真を見るよりYouTubeで動画を見たほうが頭に入ってくるんじゃないですかね。例えば、「マサイもスマホを使ってるんだ」とか(笑)。

ホリ 彼らはガラケーの時代からモバイル決済もしていたけど(笑)。でも、本当にタブレットにすべきでしょ。今どき参考書とか資料集とか非効率だよ。

ひろ 何年も使えますし、ほとんど使いもしない副教材とか買わされるぐらいなら、タブレットの方が安上がりになると思うんです。んで、ネットできちんとした資料を調べるスキルをつけたほうが将来、役立ちますよ。

ホリ そうそう。今の時代、ネットで調べりゃたいていのことがわかるんだから、効率的な調べ方とか、最短で答えを導く方法とかそっちのほうを教えるべき。

ひろ ネットの世界にはフェイクニュースもあるので、いかに騙されず、必要な情報をどうやって取捨選択していくのかってのも、大事になってくる能力だと思うんですよね。

ホリ それがこれからの時代を生き抜く教育なんだろうけど、今の子は昔のままのやり方を押しつけられて悲惨だよね。特にネットには騙そうとするやつなんて山ほどいるんだから、将来、騙されたり、変な情報に踊らされてしまう可能性は高いよ。

ひろ ちなみに、堀江さんは置き勉してました?

ホリ 家で使わないときは、けっこう置いてたなー。

ひろ 僕もめっちゃ置き勉派でした。予習復習どころか、宿題もたいていやんなかったです(笑)。

ホリ ちなみに置き勉に関しては閣議決定されていて、「各学校において適切に判断すべき事柄である」と一定の理解を示したらしい。

ひろ そもそも閣議決定するような話なんすかね(笑)。

ホリ 教師の間は、「生徒は家で勉強するのがデフォルト」みたいな考えがあるとか?

ひろ 「家庭で予習復習をするかどうか」って、「教科書を持って帰るかどうか」じゃないところで決まる気がしますけどね。そもそも、予習復習をするような習慣がついている家庭なのかどうか ってのが重要で、それができてないのに教科書を持って帰ってもしょうがない。

ホリ だね。

(この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

友だち追加数