BLOG

ホリエモン×ひろゆき、ネットフリックス値上げは当然!?

カテゴリー:
生活関連

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「ネットフリックス」について。

アジアの中でも「安い国・日本」

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 映画「カメラを止めるな!」を見たけど、めっちゃ面白かった。

ひろ ネットから火がついて、大人気になったらしいっすね。

ホリ うん。俺が見たのは監督経由でもらった関係者向けのVimeo(動画ツール)なんだけど、わざわざ映画のために劇場に行くのって億劫。だから、あの作品は今すぐネットフリックスとかに出すべきだよ。みんなこぞって見ると思うし、2度目を見たい人もたくさんいると思うよ。

ひろ てか、堀江さんはネットフリックスとか見るんですか?

ホリ 見るよ。飛行機での移動中とか。機内ビデオって備えつけディスプレイの操作がウザいから。

ひろ へー。僕も映画が好きで一日中見ていたりするんですけど、世の中にはいまだにレンタルDVDで見ている人がいるみたいですね。まあ、ネット配信にはないマニアックな作品が見たいっていうのなら理解できるんですけど、話題になった作品を見たいだけなら、わざわざ店舗まで借りに行く必要はないっすよね。

ホリ そういえば、この間、時事通信の調査があって「映画を見るためにレンタル店を利用する頻度」っていう質問に「2、3カ月に1回」「週に1回」「週に2回以上」と答えた人の合計が10%以上だった。今までの行動パターンを変えるのが面倒くさいと思っている人がまだまだ多いってこと。

ひろ 借りに行ったら返しに行かないといけないですし、延滞料金とかすげーアホらしいじゃないすか。旧作を100円で借りて、それ以上の延滞料金を払うなんて意味わかんないです。

ホリ すごいのは、AVを借りに行くやつだよな。今時スマホがありゃいくらでも見ることができるのに(笑)。

ひろ それなのに、わざわざ対面でお金を払いに行くわけですから、もはや、ある種のプレイなんじゃないかと(笑)。女性スタッフもいますし。

ホリ それに最近は、ネットフリックスじゃないと見られない作品も増えてるよね。莫大な予算をかけているから世界中で大人気。

ひろ アマゾンもがんばってますよね。『マンチェスター・バイ・ザ・シー』とか、アカデミー賞を獲っていますし、『ザ・ウォール』は、「自分を狙っているスナイパーとずっと会話できちゃうという状況でどう生き残るか」というストーリーで、面白かったです。

ホリ へー。それは知らなかった。

ひろ んで、あんまり知られてないんですけど、ネットフリックスって世界中どこの国でアカウントを作っても世界共通で使えるんですよ。例えばフランスで加入しても、日本で見ると日本向けのコンテンツが並んでいたりします。

ホリ ネットフリックスの月額料金って、国や地域によって違うよね?

ひろ ええ。ってことで、そのへんをよくわかっているネットフリックスユーザーは、世界で一番安い国で加入して、自国で見るってことをやったりするんです。まあ、日本って世界でもけっこう安い国だったんですけどね、今回値上げするまでは。

ホリ たしかベーシックプランは650円から800円、スタンダードプランは950円から1200円、プレミアムプランは1450円から1800円(すべて税別)に変更するらしい。

(この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください)

友だち追加数