BLOG

<PR> 堀江貴文×太田雄貴特別対談

カテゴリー:
その他

<PR>
太田雄貴さんをお招きしてホリエモンとの特別対談を実施。話題のレーシック、ICLをテーマに自由にトークをしていただいた。

ICL手術後の経過について

堀江貴文(以下、堀江) 最近すごいよね。昨日も誰かにレーシックかICL受けさせることになったんだよね。

太田雄貴(以下、太田)僕の周りもみんなICLやり始めましたね。

堀江 どうですか術後は?

太田 段々良くなっていく感じ。視力自体は手術した後すぐに出たんですけど。

堀江 馴染んでくるの?

太田 そう、馴染んでくるんですよね。最初はやっぱ異物が入ってる感じが多少あったんですよ。僕の場合は。あとは、光が輪っかに見えたりまぶしく見えたりするのが段々治まってくる。

堀江 慣れてきたんだ。

太田 あと、吉藤オリィ君っていうALSの患者さんのために遠隔で操作できるロボットのテクノロジー作っている子がいて、その子がレポートを書いてて、それがすごく分かりやすくて。「脳が順応するまでにちょっと時間がかかってマルチタスクがしづらくなる」って。僕も手術して一週間ぐらいはぼーっとしてたんですよ。一個のことしかできない感じだったので。お酒をやめたせいかと思ったらそうじゃなくて。

堀江 お酒やめちゃったの?

太田 一時控えてたんですよ。また再開してますけど。逆にレーシックどうですか?

堀江 その日のうちから見えて。ちょっと目がシャバシャバするけどそれは傷があるから。でも、もう次の日には快適。俺あんまり細かいこと気にしない性格なんで。レーシックとかICLは細かいこと気にしない性格の人には向いてるよね。

太田 それ、僕も堀江さんに言われて手術を受けたっていう記憶があって。「大丈夫だよ、アスリートはみんな向いてるから大丈夫。いけいけ。」みたいな。(笑)

堀江 だからやっぱメンヘラチックの人には向いてないですね。細かいこと気になり始めるとダメだなーって。

太田 あーたしかに。僕の周りでもそういう性格の人は誰もやってないね。老後のこととか10年後は分からないとか。堀江さんのツイッターとかでもそういうこと書く人多いじゃないですか。老眼が早くなるとか。

堀江 そうそう。そういう人は向いてないよね。

コンタクトレンズで苦労したこと

太田 海外出張の時にコンタクトレンズを持ったか持ってないかという不安から解放されただけでも相当QOLが上がったなと。

堀江 俺も一回なくしたことあるんだよね。というか、俺がなくしたんじゃなくて航空会社がなくしたんだけど。バルセロナからミラノに行って、それからニューヨークに飛ぶっていう日程で。

太田 あー、ありそう。

堀江 イタリアだったんだけど。

太田 あー、それ一番ダメじゃないですか。

堀江 ミラノの空港に行ったら俺のカバンが一個ないみたいな。何を言っても「ないよ」の一点張りだったから。ちきしょー盗まれたみたいな。

太田 堀江さんいつから目が悪いんですか?

堀江 12、13歳ぐらいから。

太田 そのときからコンタクトレンズってあったんですか?

堀江 あったんじゃない?あったかもしれないけど、目が悪くなったって言っても両目で0.6ぐらい見えるから。

太田 黒板がちょっと見づらくなるぐらいですかね。

堀江 そうそう。黒板が一番前の席とかじゃないと見づらくなるけど、一番前の席ってさぼりにくいから。

太田 それで勉強してちょうど良かったとか?

堀江 勉強しなくなったっていう。

太田 ははははは(笑)え、だって勉強できたでしょ?

堀江 いや、できなかったんだよ。中学校1年生の時からパソコンにはまっちゃって、パソコンのことしか考えてなかったから。ていうのと、数学の先生が変な先生で、いきなりオイラーの定理の証明みたいなのをずっと板書し続けて、それをみんながノートに写すみたいな変な授業だったんだよ。文字が見えないからもういいやって思ってやめたら、数学の成績だだ下がりで、数学も嫌いになったし、その先生のこともあんま好きじゃないし。

今思うと、あの頃は黒板の字が全然見えなくなってたなと。でも、結局運転免許の試験もギリギリ通るんだよね。両眼で0.7だから、あくびして涙をためたりとか。しかも運転免許試験場の人って割と親切じゃん。みんな通したいから。だから通ったんだよね。

一応夜になると見づらくなって危険だからメガネは持ってたけど、夜運転するとき以外はメガネは掛けないよね。でも、仲良かった女の子に「あのさ、目つき悪いよ。絶対コンタクトした方がいいよ。」って言われて半ば無理やりコンタクトレンズを買わされコンタクト生活になりました。

太田 しかも、あれに慣れると外した時に見えない感じがしますもんね。

堀江 そう、それからずっとコンタクトレンズ。

太田 なるほど。

堀江 で、左目だけちょっと乱視が入ってたから、それもアイレーシックで治ったんで。
僕の時には眼球のデコボコとかそういうのもスキャンできるようなレーシックになってたんで、
ほんといいタイミングでレーシックできたよね。

太田 僕もICLっていうチョイスがあったんで、ヘタレの性格の僕からするとちょっとレーシックだとまだ当時抵抗があったんですよね。今だったら全然大丈夫なんですけど。目のことなんて分かんないじゃないですか。

乱視について

堀江 これから刑務所に入るっていうときに、その前に拘置所に入ってたから、コンタクトの差し入れマネージメントが結構大変だっていうのがあって。
コンタクトレンズなくなったら悲惨じゃん。絶対なんかトラブルになると思って。で、ちょうどレーシックの話があったからこれは乗っかろうと思って。レーシックやってよかった。

太田 当時はICLはなかったんですか?

堀江 たしか日本にちょうど出てきたぐらいだったと思うよ。

太田 今レーシックとICLのチョイスが二つあったらどっちを選びます?

堀江 俺はレーシックよ。レーシックの方が安いもん。値段も安いし、俺はレーシック適用だし。角膜が分厚いから「堀江さん3回ぐらいできますよ」って言われて。QOL考えても値段を考えても、俺はレーシック一択ですよ。

太田 なるほどね。まあね、レーシックじゃ視力がでないって人とかだったらね。

堀江 そう、レーシック適応外の人もいっぱいいるから。俺はレーシック適用だったし、アイレーシックで乱視も治るし。

太田 乱視治るのいいですよね。

堀江 そういえば、俺は乱視がひどくないから乱視について調べたことなかったんだけど、この前初めて調べたんだよね。

太田 ちょっと教えてもらってもいいですか。

堀江 乱視だった?

太田 僕はほんのちょっとです。

堀江 じゃ自分と同じ感じだ。コンタクトじゃほとんど乱視矯正できないから、俺が乱視治って一番感動したのは、ゴルフのTショットで200ヤード先にボールが落ちるところとかがきれいに見えるわけよ。これまではぼやけててきれいに見えなかったわけよ。乱視ってこういうところに効いてくるんだーって思って。

太田 視力とは別にね。

堀江 これはコンタクトしたときにも感じなかった素晴らしさだなと思った。乱視が矯正されるってすげーなって。乱視って、要は目の表面のデコボコなんですよ。

太田 そのデコボコをならすというか。

堀江 そうそうそう。デコボコがひどいと乱反射してぼやけるよって。だから、アイレーシックではそのデコボコをレーザーできれいにして乱視を矯正するような感じですよね。

手術を受けたきっかけ

太田 ICL手術を受けるきっかけって、近いところに堀江さんがいたからだと思うんですよね。

堀江 結局それが一番多いよね。みんな怖いから聞きたい。「ネットの記事とかで堀江がどうのこうのとか言ってるけど、どうせポジショントークだろう」って見られるんだけど、周りの親しい人たちが「良いよ、ほんとに良くなったよ」っていう方が全然いいよね。信頼できるよね。

太田 レストランとかだと口コミもだけどネットも割と信憑性とかがあってここに行こうと思うけど、ICLやレーシックとかだとホントに仲良い人に言われないとなかなか重い腰が上がらないよね。

堀江 値段も高いし、やっぱ怖いよね。怖いよ。

太田 怖いですよね。

堀江 めちゃくちゃ怖かったよ。

太田 堀江さん全く怖くなさそうに見えますけど。

堀江 いやいやいや、俺の動画全部上がってるから。もう不安でしかないよ。(笑)

太田 僕なんかもう、着てたデニムがびちょびちょでしたけどね。ビビりすぎて。ホント怖くて。嫁が迎えに来てくれましたもん。あまりにも僕がビビってるから。

堀江 あの手術、寝てる間にやったりしてほしいよね。

太田 意識ない間に「はい、終わりました」ってね。手術は円滑だったんですか?

堀江 もちろん、もちろん。

太田 片目2分ずつぐらいですか?

堀江 分かんない。2,3分ずつぐらいじゃないかな。客観的にみるとすげー早いんだよね。

太田 やってる本人はすげー長く感じるんですけど。

堀江 やってる本人は永遠に時間が終わらないぐらいの感じだよね。パチパチってレーザーが当たって。

太田 あー、そっか。僕はレーザーじゃないので。

堀江 ちゅるんって入れるやつ。あれ見学したことあるよ。

太田 ちゅるんもね、ちゅるんとは入らないので。ぐぐぐぐって押し込んで、ぐいぐいって押すんで。ここが最大の関門ですね。おぉーってなりますよね。やっぱちょっと眼球を押すので。

堀江 あー、たしかに眼球を押して。

太田 僕ビビりなんで恐怖心で痛いです。

堀江 おれもまた受けなきゃいけないからね。老眼になったら。これから絶対老眼になってくると思うから、老眼とか白内障になると、多焦点眼内レンズとかもしかしたら俺が入れるころにはオートフォーカスになってたりとか、それを入れる手術を受けなきゃなんだろうなって。
10年、15年後ぐらいに。

太田 老眼全く出てないんですか?

堀江 老眼はほぼ出てないですね。
いまのところ出てないですがそのうち出てくるんだろうなーって。

太田 気づいたときにはもうそこそこ出てるはずですもんね。自分で認識した段階で。

堀江 まだ全然でないでしょ?

太田 僕はまだ一応32なんで。

堀江 いいよねー。あと10年は老眼出ないよ。

太田 堀江さんおいくつでしたっけ?

堀江 俺は45。

太田 もう周りは結構出てますか?

堀江 周りは結構出てるね。

太田 良いもん食ってるから出ないんじゃないですか。(笑)

堀江 いやいやいやいや。(笑)