BLOG

『左手だけのピアニスト、「耳で聴かない音楽会」へ』HIUベーシックインカムレポート【5月】

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載。

耳で聴かない音楽会へ


音楽を「光」と「振動」で表現し、身体全体で聴く「耳で聴かない音楽会」。日本フィルハーモニー交響楽団の演奏と、筑波大学准教授 落合陽一氏らが開発している、音を振動や光を使って聴覚に障がいを持っている方たちも楽しめるコンサート。今回はリハーサルから見学し、実際に開発している装置を体験することもできた。

打楽器の音を振動と光に変えたOntenna(オンテナ)というヘアピンのような髪の毛などに装着できる装置。SOUND HUG(サウンド ハグ)という球体の装置は、楽器の音を振動に変え、そして球体がカラフルな色に変化する。

実際に装着していると、細かなところを演奏しているのがハッキリとわかり、「こんなところまで演奏していたのか」と驚いたりもした。そして、会場を暗くし離れてSOUND HUG(サウンド ハグ)やOntenna(オンテナ)を観ていると、光に様々な色がついており、その光景がとても美しい。

そして、ORCHESTRA JACKET(オーケストラ ジャケット)も着てみる。しっかりと肌にスピーカーがくっつくように着ないといけないが、身体に音が直接響く感じがしてとても面白い経験だった。

支出:¥50,000-

夢と魔法の世界への扉をたたいてみた

新しい知識や情報を得、そして様々な人たちと交流できるイベント。今月もさまざまなイベントに参加した。

NewsPicksアカデミア内で開催するイベントで目を引いたのは「最強のディズニーサミット」。そのイベントはムーギー・キム著「最強のディズニーレッスン」の新著販売記念イベントだ。この本はディズニー本ではないが、ディズニーの歴史とディズニーから学べる、生き方や働き方を向き合う。一番面白かったのは、「リトル・マーメイドのアリエルの契約」について。この本やイベントはビジネスを学ぶ場ではあったものの、ディズニー映画を通して学べることができる1日だった。支出:¥2,000-

自分でできるだけ多くの情報に接するために

HIUなど、DMMオンラインサロン入会継続¥10,800-をはじめ、ホリエモンチャンネル¥3,684-、NewsPicksアカデミア¥5,000-、クラシック音楽専門音楽配信サービス¥1,998-、モバイルWi-Fi¥4,404- に使用。

6月26日にあるピアノの演奏会へ向けて、練習に励んでいる。現在、練習している曲は、J.S. バッハ作曲/ブラームス編曲「シャコンヌ」。今は、曲の流れを理解するのに苦しんでいる。また、ほかの用事をしているときは、クラシック音楽専門音楽配信サービス「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」で作曲者の全曲を”ながら作業”をしながら聴いている。作業は全然終わらなくなるが、曲のイメージや演奏法がわかるようになることは、とても面白い。

レポート執筆者:床次 佳浩 / Yoshihiro Tokonami

nyukaiban2