BLOG

ホリエモン×ひろゆき、「社会で役に立たないと思われてるもののほうが儲かる」

カテゴリー:
スポーツ・娯楽

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「ゲーム障害」について。

WHOが「ゲーム障害」を新疾病と認定。時代錯誤だよ!

(イラスト:西アズナブル)

ホリ WHO(世界保健機関)が、「ゲーム障害」を新疾病として認定したらしい。オンラインゲームやテレビゲームのやり過ぎで日常生活が困難になる依存症ってことで、「国際疾病分類」の最新版に加えたんだって。

ひろ 特にスマホゲームの依存が広がっていて、日本など世界各国で問題化していることが背景にあるみたいですね。でも、ゲームに限らずたいていの趣味って、のめり込む人は多くいて、生活に支障が出たりもしているじゃないですか。こういうのを病気にしちゃうとキリがないという気がします。

ホリ そそ。これはちょっと感心できないわ。

ひろ 例えば、ホストやバンドの追っかけのために大金を使う人とか、マラソンをしまくって体壊す人とかいますよね。「それも依存症になるのか?」って話だと思います。てか、のめり込むのがよくないとしたら、研究者とかアーティストとか成立しないっすよ。

ホリ ヘンだよなー。そもそも一芸に秀でると、少なからず普通の生活に支障を来すだろう。

ひろ 「のめり込む=悪いこと」であるって認識がどうかと思うんですよ。他の人よりも好んで集中できるのって、専門家として重要な才能だと思います。

ホリ 俺もいろんなことにのめり込むタイプだわ(笑)。

ひろ 「ゲームが趣味」っていうことによって、職業選択の幅が広がることもありますよね。エンジニアの人たちって、ゲームが好きという理由でプログラムの勉強をした人が結構多いんですよ。

ホリ 好きだから寝食を忘れてやっていたら、いつの間にかそれで食っていける実力がついたというパターンだよね。

ひろ ええ。んで、ソーシャルゲーム業界って、20代で年収1000万円とかざらにいますけど、他の業種だとテレビ局や歩合制の会社ぐらいしかないわけで。ゲームってそれくらいの可能性を秘めているんですよ。一方で、日本史が好きで年収1000万円って、教授とかじゃないと無理ですし。

ホリ 間口も狭いし、若い頃から高給をもらうのは難しいよね。

ひろ ゲームを作る側にはゲームの知識が必要ですからね。ケーキ屋さんになるには、ケーキの知識が必要なのと一緒ですよ。それなのに、なんでゲームだけ槍玉に挙げられるのか不思議です。

ホリ これからの世の中は、趣味や好きなことが仕事になっていくと思っている俺としては、時代錯誤感が甚だしい。

ひろ 今や、役に立たないモノの方が価値を持つ時代ですからね。例えば、世界中の航空会社の利益を足した額より、フェイスブックの利益の方が大きいんすよ。こんな感じで、「社会で役に立たないと思われてるもののほうが儲かる」という旧来の価値観の人が納得しづらいことが起きている時代だったりします。

ホリ ユーチューバーとかもそうだよね。年収が1億円を超える人もいるし。てか、今回の件はなんでも病気にすることで新たな医療利権をつくろうとしているんだと思うよ。

ひろ 「因果関係を逆に理解している」人がいるのと、「新しい疾病が増えることに反対する層が少ない」からしゃないすかね。

ホリ どゆこと?

・・・この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください

友だち追加数