BLOG

ホリエモン×ひろゆき「コミュ障の人の居場所をつくるのって大変」

カテゴリー:
生活関連

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「刑務所」について。

「金なし非モテおっさん」の孤独は、日本で大きな問題になる!

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 今回のテーマは刑務所にしたいんだけどいいかな?

ひろ おぉ……。もちろん、いいっすよ。高齢の受刑者が増えているってニュースですかね?

ホリ そう。刑務所では受刑者が社会に出てからちゃんと働けるようにする就労支援もしているんだけど、その努力もむなしく高齢受刑者の6、7割が戻ってきちゃうってニュース。「刑務所の方がいい」って再犯を繰り返すらしい。一般の人からすると不思議な感覚かもしれないけど、俺は〝長野の別荘〟で衛生係として高齢者や体の不自由な受刑者の介助の仕事をしていたから、この気持ちはよくわかるんだよ。

ひろ そういう高齢の累犯者って、現実的に仕事をするのが無理だったりするんでしょうね。んで、雇う側としても、まともな仕事をしたことがない高齢者じゃなくても、他に働いてくれる人はたくさんいるわけで、結局、食えなくなって、また罪を犯して刑務所に戻ると。

ホリ しかも、刑務所のご飯って意外と美味しいんだよ。基本、薄味だけど、できたてで温かいし。

ひろ 自分で作らなくても3食必ず出てきますからね。しかも病気になればタダで病院にも行ける。つまり、ある種24時間の見守り介護みたいになっているんすよね。一方で、刑期を終えて社会に出ても、誰も世話をしてくれないし、生活保護を申請しても、却下される可能性もある。

ホリ ずっと観られるわけじゃないけどテレビもあるし、映画の上映会もある。新聞もタダ。作業もあるから退屈もしない。

ひろ 生活保護や社会保障では、そこまでやってくれないですからね。あとは、同じ境遇の話し相手も大勢いるじゃないですか。ニュースによると「刑務所なら楽しく話ができる」という受刑者もいるみたいです。

ホリ そそ。コミュ障の人も多いからね。で、そんな人たちからすると、刑務所は仲間外れになりにくい。そう考えると、人によっては安住の地になっているんだよ。刑務所って怖いイメージもあるかもしれないけど、慣れてしまえば平気な人も多いはずだよ。

ひろ ずいぶん前から病院が高齢者のたまり場になっているという話がありますよね。同じように刑務所が高齢者の生きる場所になっているというのは、社会の仕組みがだいぶ間違った形で使われているような気がします。

ホリ これは難しい問題だよ。

ひろ でも、刑務所も税金で賄われているわけですし、そこにコストを払うなら社会保障としてばら撒いたほうがまだ健全なのでは?で、代わりに刑務所の環境をめっちゃ悪くするとか……。

ホリ いや、基本的人権は受刑者にもあるから、それはやるべきではないと思うんだよ。

ひろ う~ん。じゃあ、この問題って、お金で解決できる話でもないですね。

ホリ そそ。高齢受刑者が増える原因としては、コミュニケーションを円滑に取れないことが大きな問題だったりするからね。だから、まずはそれを解決してあげることが先だと思う。

ひろ 一般社会の人たちって、自分が付き合う人を選べますよね。でも、コミュ障の人には誰も寄ってこない。付き合いたくない人とは付き合わないってのは、残酷ですけど、一般社会では普通なんですよね。

ホリ こうやって考えると、コミュ障の人の居場所をつくるのって大変だよな。

・・・この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください

▼関連記事
ホリエモンが刑務所経験から感じた「人間らしく生きるために、衣食住より大切なもの」
http://weblog.horiemon.com/100blog/36591/

友だち追加数