BLOG

ホリエモンが今一番おもしろいと言う村プロジェクト!【HIU】4月レポート 堀江貴文イノベーション大学校第46期メンバー募集中!

カテゴリー:
HIUコラム, その他, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

46期メンバー募集中!

bann53

45期に突入した堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)は更なる進化をすべくHIUトークンや世界各地で実施されるホリエモン祭など新しい挑戦がいつにも増してたくさん見られた。クローズドなHIUの様子を今月もご紹介!

田島健夫さんを招いての第45回定例会 @ゼロの郷

4月の定例会は「天空の森」「忘れの里 雅叙苑」などを手がける田島健夫さんを招いての開催となった。場所は静岡県某所にあるHIUメンバー主導で作られたDASH村のような場所。都内から車でおよそ3時間半の山奥にある自然と自由がいっぱいのクリエイティブなスペースだ。 会場:ゼロの郷

▼トーク前に村を散策したホリエモンと田島さん。山菜や筍、椎茸、山椒など山の幸がたくさん。川に行けばサワガニや天然のワサビ「ここは宝の山だ」と二人口を揃えて言うほど。

▼宝の山を前にテンション高めの二人があれもやりたい、これもやりたいとイマジネーションを膨らませアイディアは止まらない。そのひとつひとつがおもしろく聞いているこちらがワクワクしてくる。

▼前日入り組みも合わせたくさんのHIUメンバーが参加。手作りのステージを囲んでここから深夜までみんなで遊び尽くす。

▼トークの他に体験アクティビティもたくさん用意された。田島さんもホリエモンの到着を待たず竹炭作りなど積極的に参加し、参加者に丁寧にアドバイスしていた。

▼HIUメンバーはもちろん竹炭作りは初めて。こんな風にここには「初めて」がいっぱい詰まっている。まさに童心に帰ってシンプルに自然を楽しむことができる。

▼母屋の裏では養蜂も。こういった専門的な事もノウハウを持ったHIUメンバーが積極的に参加することで可能となる。HIUにはあらゆる分野のプロフェッショナルが集まっており、その知識や経験を分け合うことでなんでもやれてしまう。

▼山の幸、川の幸。サワガニ捕りも最初は全く見つからず大苦戦。これも初体験ならでは。やってるうちに川の中ではなく岩の下に隠れていることを発見。知ってる人からすると当たり前かもしれないが、この発見が本当に楽しいのだ。

▼裏山では立派な椎茸がとれる。ここも更に大きく拡大してもっとたくさんの椎茸がとれるようになるそうだ。

▼ゼロの里の魅力は針葉樹だけでなく、日本ならではの美しい広葉樹やしっとりとした雰囲気の竹林がひとつのエリアにあること。フレッシュな筍もたくさんとれる。

▼定例会後の懇親会ではHIUでは恒例となっているホリエモンによる肉磨きが披露され、参加者に美味しいBBQが振る舞われた。こうなるとホリエモンスイッチオン!職人化してしまい、分科会プレゼンそっちのけでメンバーへの料理提供に集中(笑)

▼全力料理人ホリエモン(笑)限られた道具や材料を創意工夫で高級料理に仕上げていく。

▼プロの料理人も参加。こちらも負けじと即席オリジナル料理を披露!

▼ゼロの郷は夜もまた格別。突然開店したホリエモンのバーの周りにメンバーが集まる。ここでもオーダーを受けホリエモンオリジナルドリンクが振る舞われた。

▼もちろん街灯なんて一切ない。明かりを消せば満点の星空が広がる。少しのライティングが雰囲気をグッと高める。

▼アウトドアならではのハプニングがあったりととにかく終始笑いの絶えない時間。オンラインだけでは味わえない濃密な時間をみんなで過ごす。

▼最後はホリエモンオンステージ!実は本当なら夕方には都内に戻る予定だったホリエモン。村が楽しくて次の予定を変更して残ってしまった。それだけこのゼロの郷はおもしろい場所だったということだ。

▼ゼロの郷の宴は深夜まで続いた。なにもない場所だから生まれる想像力。今回の定例会を機に村の開発が一気に盛り上がった様子。

ホリエモンが今最もおもしろいことは?と聞かれて「HIUの村!」と答えるほど大きなポテンシャルを秘めた「ゼロの郷」。HIUグループ内では作るところから体験としてシェアしていこうという事でたくさんのイベントが企画されている。ヘリポートを作ろう!なんて企画も出ていたり。今後に期待大だ。

とにかくHIUは考えるよりまず行動。おもしろいそうと思ったら迷わず飛び込んだ方がいい。迷ってる間にまたとない機会を逃してしまわないように。DIYが大好きな人、得意な人は村プロジェクトに参加してヒーローになろう!

トークイベントは毎回facebooライブ&USTREAMで中継され地方からでもチャットで参加可能。更にメンバーになると過去の全アーカイブも閲覧できる。(ゲストによってアーカイブなしの場合があります)

過去のゲスト一覧
http://salon.horiemon.com/guest/

46期メンバー募集中!nyukaiban2

成田緑夢さん、箕輪厚介さん招いての第45回ネットイベント @大樹町

4月のネットイベント(地方会員の為にネット配信を優先したイベント)は、平昌パラリンピック男子スノーボードバンクドスラローム金メダリストの成田緑夢さん、箕輪編集室など大注目の編集者箕輪厚介さんを招いての開催となった。なんと今回はホリエモンのロケット事業として有名なインターステラテクノロジズ株式会社(以下、IST)の観測ロケット「MOMO2号機」の打ち上げ実験に合わせて北海道大樹町で実施された。

▼HIUゲスト登場回数最多の箕輪さん。相変わらずの人気ぶりで今月は箕輪さんが主宰するオンラインサロン「箕輪編集室」とHIUの合同定例会が開催される予定だ。

▼ トークの序盤はロケットとは全く関係ない、今メディアを騒がせている時事ネタから。いきなり突っ込んだ話で会場も大いに盛り上がる。

▼ イケイケの二人に挟まれてタジタジの成田緑夢さん(笑)現在ゴルフに夢中らしく今回の遠征でもとにかく時間があれば練習していた。その練習もちょっとレベルではなく3時間も4時間も反復練習するといった具合で自分を高める事に対しての貪欲さに驚いた。

▼ 北海道大樹町という場所にHIUメンバーが全国から20名程が集まり、ネットイベントは終始和やかな雰囲気で行われた。このゲストやホリエモンとの距離感はHIU以外では味わえないかもしれない。

▼ HIUメンバーはIST株主やゲストのみが参加できる打ち上げ前夜祭のスタッフとして協力。会場のデコレーションやテーブルコーディネート、料理の配膳などプロさながらの動きでイベントを支えた。

▼ 前夜祭スタッフとして頑張ったHIUメンバーへの労いとしてホリエモン自らまかない飯を振る舞う。炊飯器がなかったのでパックごはんやパスタを使って即席でホリエモンオリジナル「炭水化物祭」が開催された(笑)

▼ 今回の打ち上げでHIU的な目玉はなんといっても発射ボタンが押せる権利!HIUメンバーのみ応募できる企画で、応募方法は宇宙やISTロケット事業に対する熱い思いをレポート提出するというもの。その中からISTメンバーがふさわしいと思う人を一人だけ選出する形だ。

▼ たくさんの応募の中から見事その権利をゲットしたHIUメンバーのSakamotoさん。今回は残念ながら打ち上げ延期となりボタンを押すことは叶わなかったが、関係者以外は絶対入れない司令室でのボタン練習など貴重な体験ができて大満足だったそう。

<Sakamotoさんの感想>
司令所では未確定の情報が飛び交い、最も合理的と思われる判断が次々と下されていくのがすごい!の一言でした。発射ボタンの練習では、ボタンを押すと飛び上がる「ひふみろ」に和みました。年齢や立場を超えて意見を出し合う技術者と堀江さんのフラットな関係性にも驚きでした。HIUでの今後の出会いを楽しみにしています!

▼ MOMO2の機体にはしっかりと堀江貴文イノベーション大学校のデカールが貼られた。

▼ 打ち上げ当日、HIUメンバーの役割はVIPエリアのお手伝い。早朝5時の打ち上げ予定に合わせて午前2時から会場入りし設営準備など大活躍。

こうした大きなイベントにスタッフとして参加できるのはHIUの大きな魅力のひとつだ。ただ働くのではなく、体験ツアーとして旅のプランを立て宿泊や観光も全部合わせて思いっきり楽しめる他にはないオリジナルのツアーをHIUメンバーみんなで作り上げる。そこには一般の人が関われない事、入れない場所、聞けない話しがたくさんあり、楽しさだけでなく達成感や充実感がギュッと詰まっているようだ。

参加HIUメンバーの感想

★去年に引き続き、前夜祭スタッフとして参加しました。 今年は賄い飯が豪華!!しかも、堀江さんにつくってもらえるという嬉しい出来事があり役得。念願の打上げは見れなかったけど、臨場感は味わえました。次回に期待しています!

★前夜祭のELLEZOさんの料理はどれも驚愕。堀江さんの賄い飯は一生の思い出! 発射前のロケットにHIUのロゴが貼られる瞬間は震えた。 当日夜中2:00頃から待機。射場の光景は壮観! 今回の打ち上げは延期でも、次の打ち上げがとても楽しみ!

★堀江さんのチームでさえ、予定した日程での打ち上げを延期することになったなんて、宇宙に行くことがどんなに難しいことかよくわかった。 今後技術が確立され、安全に宇宙に行けるようになれば宇宙に行くことが難しく思わなくなるかもしれないが、彼らの努力のお陰で宇宙に行けるんだということを後世に伝えねば!と使命に感じた打ち上げイベントだった。

★未来を変える、大プロジェクトのスタッフとして参加した。 ロケット射場の見学、前夜祭、打ち上げ当日のVIPの方々の対応、会見現場の見学、プロジェクトを少しだけでも、支える貴重な体験ができた。 前夜祭のシェフと堀江さん賄い飯、本当に最高☆ 次回もスタッフとして参加し、体験を積みたい!

・4月26日から30日迄キャンプしながら打ち上げに立会い、難しさ、楽しさを感じる事が出来ました、十勝の月明かりの中で誰もいない静かな夜空を見上げてました、いつの時かあの場所に行けるだろうか、あの場へ。

みなさんお疲れさまでした!!

HIUの定例イベントは体験版として毎月メールマガジンから人数限定で特別参加ができるので、いきなりHIUは難しいという方は、まずはメールマガジンへ登録してみては。 メルマガ登録はコチラ

全国に拠点を!HIUシェアオフィスプロジェクト始動!

ホリエモンの提案をきっかけにHIU全国シェアオフィス化プロジェクト始動。オンラインだけでなくプロジェクトをゼロから作り上げ、価値創造できるリアルな場を世界中に作ろうというもの。現時点で東京や大阪にZeplus、0-HATSUといったリアルな場はあり、実際そこを起点に様々な企画が立ち上がっているという実績もあるので、このリアルな拠点作りへの期待はHIU内でも高まっている。

具体的な部分はHIU内で確認してもらう形になるが、HIUシェアオフィスはホリエモンならではのユニークなスキームで経営される。キッチンやバースペース、チャイ屋さんなど入れようなど設備に関しても楽しそうなアイディアがたくさん。

その他現在HIU内で盛り上がりを見せているHIUに経済圏を作ろうということでスタートしたHIUトークンもそのシェアオフィスで活用する予定。ただのシェアオフィスではなくホリエモンのあらゆる実験要素を含んだ新しい形のシェアオフィスだ。

主要都市だけでなくアクティブな活動がみられるエリアには一定条件をクリアすることで支部やシェアオフィスを作る事もできるようなので、町おこしの一環としてHIUを誘致という視点で地域や会社単位でジョインすることもできそうだ。

今後のHIUは?

5月からもHIUは企画が盛り沢山。HIUでは1500名を超えるメンバーが毎日様々なプロジェクトを立ち上げスピード重視でどんどんアウトプット中なので、30を超える分科会では自分の興味関心事にマッチする企画がなにかしら開催されているはず。トッププレイヤーとしてホリエモン自身も企画をどんどん投下し続けているので、自分がわざわざ企画しなくても誰かの企画に乗っかるだけで十分毎日が劇的にアクティブに変化すること間違いなし!

<今後のオフィシャル系イベント>
・5月 箕輪編集室合同定例会
・7月 HIU夏合宿in沖縄(無人島サバイバル)
・7月 ホリエモン祭inカンボジア
・9月 ホリエモン万博大阪(予定)
・9月 ホリエモン祭in上海
・1月 ホリエモン祭inパラオ(予定)
・ホリエモン祭inタリン(予定)

その他、体験系イベントや勉強会など様々なジャンルでほぼ毎日開催されているので、気になる方は是非入会してその圧倒的な情報量に触れてみよう!

 

46期メンバー募集中!

yoshi

Text/Edit=柚木大介