BLOG

ホリエモン×ひろゆき、リニア新幹線を巡る対立は「根本的にヘンな話」

カテゴリー:
生活関連, 社会

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「リニア新幹線」について。

「リニア27年の開業に余裕なし」なんでこんなことになってるのか

(イラスト:西アズナブル)

ホリ 「品川-名古屋」間を走る予定のリニア中央新幹線だけど、なんだか雲行きが怪しくなってるみたいだね。

ひろ 何があったんですか?

ホリ 開業目標が2027年なんだけど、JR東海の社長が工期の順守に危機感を示しているみたい。4月5日記者会見で「余裕がなくなっている状況」とか言っているらしい。

ひろ 東京オリンピックの需要なんかもあって、建設業界では人手不足だという話はよく聞きますけど、リニアはその余波を受けているんですかね? それとも他にネックになっている部分があったり……?

ホリ ニュースとかを見ている限りでは、環境対策をめぐる静岡県との対立が続いていて、着工にメドが立っていないってことらしい。

ひろ え? そのレベルの話なんですか? リニアってトンネルの中を走るわけですけど、環境対策ってのが具体的に何なのか気になりますね。

ホリ どうもリニアの静岡区間は大井川の上流部と重なるらしいんだよね。んで、リニア用のトンネル掘削を行なうと大井川の水量が減ってしまうらしい。で、JR東海側はその減水分を川に戻すと言っているみたいだけど、静岡県側は湧き水をすべて大井川に戻すように求めているんだって。

ひろ ほう。

ホリ JR東海は、着工の前提となる利水団体との協定が結べていないから、想定より遅れているんだってさ。

ひろ てか、湧き水をすべて戻すとか、ほぼ不可能な条件を突きつけていますよね……。それに従わないといけないとすると、リニアを日本で作るとか元から無理だったって話になりますよね?

ホリ そそ、根本的にヘンな話なんだよね。

ひろ そもそも、リニアって目的地に早く着くことが売りなのに、やたらに途中駅を作らせたがったりもしているじゃないですか。

ホリ 結局、神奈川県相模原市、山梨県甲府市、長野県飯田市、岐阜県中津川市に造るって話になっているらしいけど、その他にも「ウチの町にも停車駅を作れ!」みたいな声もあったようだからね。

ひろ リニアって上手く行けば海外に輸出できる技術なのに、もったいないですよね。

ホリ 「こういったことに対応するには、その地域が潤うようにお金を出すしかない」という意見もあるみたい。

ひろ それ以前に「一部の利権団体」と「日本が技術立国として技術でお金を取っていく国になること」のどっちが大事なのかを考えたら普通はわかると思うんですけどね。

ホリ 普通に考えたらわかるけど、そう考えられない人も多いから。しょーもないよな。

ひろ なんか新しいことやろうとすると足を引っ張る人が湧いてくるのって、なんだかな……って思っちゃいますよね。てか、「水量が減ったので水を増やします」というところまでは理解できますけど、「湧き水を戻せ」って言いがかりとか嫌がらせレベルじゃないっすか?

ホリ 実はロケット事業でも似たような話があるんだよ。

・・・この続きは、現在発売中の『週刊プレイボーイ』でお楽しみください。

▼関連記事

ホリエモン×ひろゆき「日本の新幹線はソフト面が残念」
http://weblog.horiemon.com/100blog/45712/

いまの新幹線は”殿様商売” ホリエモンがJR東海経営陣を痛烈批判「怠慢以外の何物でもない」
http://weblog.horiemon.com/100blog/34539/

友だち追加数