BLOG

ホリエモン×ひろゆき、ソフトバンクの傘下になったLINEモバイルを語る

カテゴリー:
その他

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「LINEモバイル」について。

ソフトバンクの傘下になったLINEモバイル。次はどうなる?

(イラスト:西アズナブル)

ひろ 2016年秋に登場したときには「MVNO(仮想移動体通信)の台風の目になる!」とか「ドコモなどのキャリアを脅かす可能性もある!」なんていわれていた「LINEモバイル」社が、ソフトバンクの傘下になったみたいですね。

ホリ 俺、このニュースに結構ビックリしているんだよね。

ひろ ほう。なんでですか?

ホリ 俺は、LINEはMVNOではなく、ドコモやソフトバンクみたいなキャリアになると思っていたから。キャリアって毎年すごい利益をあげているでしょ。

ひろ そうですね。ドコモ、au、ソフトバンクの3社を合わせると、ざっくり2兆円だとか。

ホリ で、今ってiモード全盛だった頃に比べて各社に差がない。だからシェアは均等に近づいていくんだよね。ということは、LINEが携帯市場に食い込めば、4分の1に近いシェアを取れたかもしれない。

ひろ でも、それはかなり上手くいったときの話ですよね。キャリアのビジネスって、自前でインフラを整備しないといけないじゃないですか。すでに基地局とかを整備しまくったドコモでさえ、毎年数千億円単位で設備投資しているわけですから、LINEが初期投資も含めて一から始めるのはあんまりおいしい話に思えないような。

ホリ 確かに「ハイリスク&ハイリターン」ではあるよね。それに、少し前に楽天がキャリアビジネスに参入するって宣言したから、5社でシェアを分け合うってなると、うまみはなくなるだろうし。

ひろ LINE的には思っていたより儲からないし、将来性もあまり見えないから、LINEモバイル社をソフトバンクに売ったって感じなんすかね?

ホリ かもね。あと、LINEのメッセンジャーアプリとしての立場ってすごく中途半端だと思うんだよ。日本やタイ、台湾なんかではかなり普及しているけど、その他の国ではシェアは限られているじゃん。

ひろ メッセンジャーアプリの2017年の世界のユーザー数をみると「WhatsApp」が約9億人で「フェイスブックメッセンジャー」が約8億人、「QQ」が約8億6000万で「WeChat」が約6億5000万なのに対して、LINEは約2億1000万ですからね。

ホリ しかもメッセンジャーアプリって、その国でトップのシェアを取らないとなかなか厳しいんだよね。

ひろ ですね。「みんなが使っているから」という理由で使うわけですから。どマイナーなアプリを使っていても送る相手がいないということになる。

ホリ で、WhatsAppに不満はないのに、わざわざLINEに変えようとは思わないわけで、シェアを取られた国で形勢を逆転するのは難しい。だから、LINEは今のままやっていても世界では勝てない。そうなると、一番儲かるのはトップシェアを持っている国でキャリア展開をすることだと思ったんだよ。

ひろ なるほど。

ホリ というか、それくらいしか成長していく方法はないでしょ。

・・・この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください

友だち追加数