BLOG

HIUベーシックインカムレポート【1月】『ポーカー漬け』

カテゴリー:
HIUコラム, HIUベーシックインカム, 堀江貴文, 堀江貴文イノベーション大学校, 堀江貴文サロン

堀江貴文イノベーション大学校(以下、HIU)で5名のメンバーを対象にベーシックインカム実験がスタートした。毎月HIUより10万円が支給され、メンバーはその資金を自身のアクティブな活動の為に使っていく。どう使うかはメンバー次第。果たしてどうなっていくのか!? 毎月レポートを掲載!

Japan Open Poker Tour

昨年末はただひたすらにポーカーをし、時間を忘れるほどのめり込んでいたのだが、その甲斐あってかJapan Open Poker Tour, 通称JOPTというポーカーの日本大会に出場できる資格を獲得し、先日参加してきた。全国のポーカースポットで予選が行われ、それを勝ち抜くと本選に出れるのだが、その本選のエントリー人数はなんと375人。トーナメント式で行われ、勝ち抜けば3日間朝から晩までずっとポーカーをすることになる。

小休憩はあるが、2時間毎に一度の10分のみ。対人でポーカーをした経験が日本ではあまりなかったので、会場についた時の人の多さと雰囲気に驚いた。とは言っても普段あまり緊張しないため、ワクワクしながらテーブルに座ったのだが、周りを見渡すと出来るオーラを纏った人ばかり。どうやら同じテーブルにいる人は前回大会の優勝者とアジア大会の優勝者らしく、目つきが違う…気がする。少し堅くなりつつもゲームが始まった。

まさにミジンコの如し

ゲームが始まり、自分はどれぐらい通用するのか試しに色々と打ってみたが、ハンドもボードも絡まず見事にケチョンケチョンにされた。これが実力か…。最初に持っていたチップの15000点は5000点にまで減り、しばらく大人しくしていたのだが、やはり上級者の打ち合いは非常に勉強になる。ブラフも上手い具合に使い、点数を稼いでいくのが分かる。

私はミジンコのように生き長らえながらも、先輩方の「気楽に楽しめ」というアドバイスのもと、要所要所で運も拾いつつ稼いでいったが、開始から9時間ぐらいで飛んでしまった。大体180位ぐらいでフェードアウト。これまで何となくポーカーを分かったつもりでプレーしてきたが、勝つためにはセオリーとテクニックがまだ十分に理解できていないことが分かった。今年は楽しつつ、小さいトーナメントでも余裕で優勝できるぐらいに成長するべく、学を身につけることに決めた。どこかのタイミングでアフリカのポーカー大会にも挑みたいと思う。もちろん、目指すは優勝だ。

ビジコンの進捗状況

ここまで読むと、お前仕事せんかーい!と声が聞こえてきそうだ。前回のレポートでも触れたが、12月中旬にあったビジコンの中間ピッチの結果が出た。結果は無事通過することができ、ファイナリストとして2月中旬に最終審査会で発表することになった。正直ここまで進むとは思っていなかったが、ここまできた以上、最優秀賞を目指して気合いを入れ直して臨もうと思う。

ビジコンを通して事業計画の甘さであったり、足りない点を見直すきっかけにもなったので非常に感謝しているが、まだ構想段階で実際に現地で事業をしているわけではない。昨年は調査中心の年になってしまったが、色々と詰めることが出来た。今年はいよいよ事業を始める年。

早くて2-3月にはアフリカへ行き事業を開始することになるので、ポーカーだけでなくこちらも学を身に付けつつ、高速でPDCAを回して行きたい。

12月分収支

今月の収支詳細を以下に記します。

【収入】

▼ベーシックインカム[100,000円]

【支出】

▼HIU会費[10,800円]

▼大井戸塾会費[9,720円]

▼書籍(kindle含む)[計3,686円]

• 信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来 [1,296円]

• プログラミング入門講座-基本と思考法と重要事項がきちんと学べる授業

[1,580円]

• 「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング [810円]

nyukaiban2