BLOG

【メルマガダイジェスト】文春記者は「人間のモラルが崩壊している」/新しいレストランのビジネスアイデアを紹介

カテゴリー:
メルマガダイジェスト

これだけ読んでも楽しめるけど、有料メルマガは10倍以上楽しめる…そんなホリエモンメルマガ1/29配信『堀江貴文のブログでは言えない話 vol.419』無料ダイジェスト版。

メルマガの申し込みはこちらから▼
http://horiemon.com/magazine/

それでは今週もメルマガダイジェストいってみましょう!

【時事ネタオピニオン】

毎週ニュースの中から、ホリエモンが気になるネタを10個セレクトしコメントする「時事ネタオピニオン」のコーナー。今回もその中から一つをピックアップ。

文春記者、小室の引退表明は「本意ではない結果になった」…サンジャポで明かす
http://bit.ly/2FoHYAr

『完全に内部にいる人間のモラルが崩壊しているというか、自分たちの責任であることが理解できていない発言である。そんなことを記事にしたら、こういった事態になるのは決まっているのに、まるで他人事のような発言である。これからも多くの人たちを不幸に追い込んでいくに違いない。』

Twitterでも以下のコメントを展開しているホリエモン。

全文:やっとクソ文春のヤバさが大衆に浸透してきたか。結局こうなるしかないビジネスモデル。誰得と言い続けてきたの俺だけ。ベッキーの頃は持ち上げてる奴らばっか。俺だけがベッキーの頃からクソ文春と言い続けてきた。こいつらは調子に乗って部数稼げてるって思い込んでるだけだから、大衆から攻撃されるとすぐメンヘラになる。すぐに潰せる。

ほかにも『霊長類では初、体細胞クローンのサル誕生』や『夏の甲子園、外野席を有料化』など気になる時事ネタにコメント。また今週の一言では、西アズナブルさんのイラストも楽しめます。詳しくはメルマガ本編へ。

【ビジネスモデル教えちゃいます塾】

毎週ホリエモンが新しいビジネスモデルを提案するコーナー。

今週は飲食業界に新しい風を起こしそうなビジネスモデルをご紹介。
インターネットの普及により、レシピは共有され「ある程度のレベルまでであれば、誰しもがレシピを見て同じレベルの料理を作れる」時代になりました。

「そこでレストランの選別のポイントとなるのが、おそらくシェフの◯◯◯になって来る。」と語るホリエモン。確かにこういうレストランがあれば、大人気になりそうです・・。気になる方はメルマガ本編にて。

【近況報告】

今週は、某ドラマの撮影からスタートしたホリエモン。「セリフが山のようにあって結構疲れる。」と言いつつ、撮影後にランニングするストイックさは流石です。

ホリエモンチャネルの収録&生放送は「仮想通貨税務編」!仮想通貨の税務問題を解決する「Guardian」を提供する株式会社Aerial Partners代表取締役、沼澤健人さんをお迎えしました。仮想通貨を持っている方は必見の内容です!

ホリエモンのQ&A〜仮想通貨税務編〜
https://freshlive.tv/horiemon/181758

また話題のR−1ぐらんぷりの二回戦にも挑戦!前回のネタを踏襲しつつマイナーチェンジ」したとのことでしたが、結果は残念ながら敗退。また来年に期待しましょう!

ホリエモンの宇宙ロケットを開発している、インタステラテクノロジーズ社の「MOMO2ロケット祭り」にも参加。この日都内は大雪でしたが、メディア各社をはじめ多くの来場者が集まりました。注目度の高さが伺えますね。『ホリエモン万博』の準備も、大詰めの様子です。詳しくはメルマガ本編へ。

【おすすめレストラン】

読者さんの「グルメ情報を掲載して欲しい」という声から誕生したコーナー。オススメの飲食店を紹介して行きたいと思います。今回は324軒目。

今週は「6席しかない狭小店舗故に、全くと言っていいほど予約が取れない」という和割烹を御紹介。
ベーシックな和割烹ですが、「一つ一つの皿のクオリティが異様に高い」そうで、中でも、とあるメニューは「美味いなんてもんじゃない。もうこれは感動するレベル。」と大絶賛です。詳細はメルマガ本編で。

【ホリエモンの言葉】

ホリエモンの書籍などに掲載されている言葉のなかから、印象的と言われているものをピックアップ。その言葉について解説するコーナー。

『考えすぎてしまう人間は、いつもチャンスを逃す』

 せっかく知り合いになった彼/彼女を誘うにも、身構えてしまう。「食事に誘ったら図々しいと思われないか」「キモいと思われたら、どうしよう」。なんとかメッセージを送って誘っても、まだまだ悩む。相手が人気者だったり忙しかったりすれば、返事が来なかったり断られることもあるだろうが、「返事が来ないのは、嫌われているからでは」と、延々と悩み続ける。
 しかし、ここで「彼/彼女にうざがられているんじゃないか」「嫌われているんじゃないか」と思ったら、その時点で負けだ。たいていの場合は、たんに相手のスケジュールが埋まっているだけだったりする。もちろんストーカーのように粘着し続けるのは論外だが、ちょっと食事に誘ったくらいで、普通の人間はそこまで気分を害したりはしないものだ。いちいち悩んだりしないで、手を替え品を替え、相手が喜ぶようなことを考えて誘ってみればいい。
それでもダメなら、縁がなかったということ。さっさと次に行くだけだ。

──『本音で生きる』 http://amzn.to/1Y8iJWc 

他にも『自分にできないことはしない』などの気になる言葉を紹介。詳しくはメルマガ本編にて。

【Q&Aコーナー】

読者からの質問に、ホリエモンが回答する人気コーナー。その中から1つを紹介。


Q. 今、訪日外国人のための日本の観光名所や、住んでるからこそ知ってるようなお店を紹介するようなサイトを作ろうと思っております。そのサイトで収益化を図ろうと思うのですが(口コミを見るには有料など)定額制か一回限りの課金にするかで迷ってます。
 観光客が対象なので一定の期間しか見ないかとも思うので定額よりは一回限りでの課金の方が良いでしょうか?

A. 有料で『トリップアドバイザー』とかに勝つのは難しいと思うなぁ。分野を絞った方がいいかもね。


大人気の当コーナーのスピンオフ企画である、Youtube『ホリエモンチャンネル』Q&A では当コーナーに送られて来た質問の中から数問をセレクトし、ホリエモンが直接動画で回答します。ここでの解答より詳しく解答する事も?!あなたの質問が採用されるかも?

【編集後記】

当メールマガジンの編集人、担当S氏による、堀江関連の情報をお届け。堀江に関するちょっとしたこぼれ話やメルマガのこと、今後の活動などを掲載しています。

・・・毎号、読者のみなさまからのメッセージを反映させ、コンテンツを充実させているホリエモンのメールマガジン『堀江貴文のブログでは言えない話』

「ニコニコ動画」/「まぐまぐ」/「FC2」/「BLOGOS」/「夜間飛行」/「ダイヤモンド/「シナプス(Facebook)」/「note」で、毎週1回発行しています。値段は月額864円(税込み)。バックナンバーの販売もあります。

月曜配信の最新号が読める!メルマガの申し込みはこちらから▼
http://horiemon.com/magazine/

『堀江貴文イノベーション大学校(HIU)』入会はこちらから▼
https://lounge.dmm.com/detail/87/

友だち追加数