BLOG

※訂正有※【ホリエモン出演】Abema TV『やれたかも委員会』

カテゴリー:
メディア出演

(1月27日 追記)
ドラマシリーズは本日夜スタートですが、堀江の出演回は3月以降の予定です。決まり次第、また告知させて頂きます。

 

“無料で楽しめるインターネットテレビ局”「AbemaTV(アベマティーヴィー)」の「AbemaSPECIALチャンネル」において、1月27日(土)23:00より放送するオリジナル連続ドラマ第2弾『やれたかも委員会』に、ホリエモンが出演!

「AbemaTV」にて初めて実写ドラマとして放送する人気連載漫画『やれたかも委員会』は
“あのとき、もしかしたら、あの子とやれていたかもしれない……。”
という男性なら誰しもが1度は感じたことのありそうな甘く切ない“やれたかも”というエピソードを“やれた”のかどうか判定する組織「やれたかも委員会」が判定していきます。

主演を務めるお笑いトリオ・ロバートの秋山竜次さんも
「必ず誰もがあると思うんですよ、『やれたんじゃないかな、あいつ』みたいな」
と共感する「やれたかも委員会」。同作品は、毎回様々な“やれたかもしれない”エピソードを抱え委員会に判定を求める依頼者たちに対し、個性豊かな「やれたかも委員会」の3人が判定していく、独特の空間がクセになるストーリーです。

ホリエモンが“本人役”で登場!人生で唯一!?の“やれなかった”思い出のエピソードは漫画化も決定!

ホリエモン自身が中学生の時に実際に体験した、年上のいとこのお姉さんとの“やれたかも”話を披露。

毎年お正月に親戚と集まって過ごしていた少年時代のホリエモン。お正月も数日を過ぎたある日、こたつで昼寝をしていたホリエモンは、憧れを抱いていたいとこのお姉さんが隣で寝ていることに気づく。

“童貞時代”のホリエモンはこの時どんな行動をしたのか!?
そのエピソードを『やれたかも委員会』のメンバーはどのように判定するのか?放送をお楽しみに!

また、このホリエモンの“やれたかも”エピソードが2月中旬に『やれたかも委員会』原作者である、漫画家・吉田貴司さんによって漫画化、公開されることも決定しました!

今回の出演についてホリエモンは
「僕は原作の大ファンだったので、(やれたかも委員会の)3人がよくできすぎていて笑ってしまいました。また、今回のために原作の吉田さんがマンガを書き下ろしてくださって、それも感激しています。(今回のエピソードは)少年時代の、僕にしてはいい話です」とコメント。

さらに全8回に登場する依頼者役や回想シーンに登場する男性ゲストに、俳優の入江甚儀さん、福山翔大さん、荒木宏文さん、板垣瑞夫さん、渡辺佑太朗さん、川野直輝さん、森田拳さん、萩原利久さん、林一太郎さんが出演することが決定。今後も順次発表していく予定。

1月27日(土)23:00~23:30
AbemaTV『やれたかも委員会』
放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/9a92K5zAJb868X
公式サイト:https://drama-yaretakamo.abema.tv/

友だち追加数