BLOG

ホリエモン×ひろゆき「日本の新幹線はソフト面が残念」

カテゴリー:
メディア出演, 生活関連

雑誌『週刊プレイボーイ』で連載中の、対談コラム「なんかヘンだよね」
ホリエモンとひろゆき氏が、ニッポンの“ヘン”を語り尽くします。

今週のテーマは、「新幹線」について。

使いづらいWi-Fiに高い運賃…。ソフトが不十分は東海道新幹線

(イラスト:西アズナブル)

ひろ 年末年始は帰省ラッシュとかがニュースになりますよね。海外に住んでいて思うんですけど、日本の新幹線ってすごいんですよ。技術の高さもそうなんですけど、あの安定性はハンパないっす。300㎞近くで走る列車が10分間隔で毎日運行しているとか、おかしなレベルですよ。

ホリ それは言えるね。世界を見渡しても間違いなくトップレベルでしょ。

ひろ スピードが早いだけの電車なら作れると思うんですが、あの安定性を実現できる国はなかなかないですよね。新幹線って「不確定要素を一切排除して、ひたすら効率を良くする」という日本人のいい面がフルに出ていると思うんです。

ホリ 「のぞみ」などの東海道新幹線を運行しているのはJR東海だけど、たぶん鉄道オタクの職員が定時運行に命を燃やしてるんだと思う。

ひろ そうやって技術面や定時運行にはめっちゃ力を入れてる一方で、残念なのがソフト面ですよね。

ホリ そうそう。例えば、フリーWiFiとかちゃんと使いやすく整備されてないじゃん。あと大型の荷物を置くスペースがない車両もあったりするし。

ひろ 新幹線を運行している会社にしてみればWiFiのアクセスポイントを 多く整備することなんて大したことないだろうに。たぶんですけど「そういうソフトなところは、俺たちがやることじゃねーだろ」と思っているかもです。

ホリ 東京から京都や大阪を結んでいる新幹線は外国人客も乗るわけだけど、チケッティングシステムの英語対応などが微妙だったりもするよね。

ひろ 日本人客向けの傾向が強いですよね。

ホリ だね。

ひろ それに、日本のフリーWiFiって、メアドを入力させたり同意や承諾ボタンをタップさせるみたいなステップが多いですよね。フランスの空港もメアドを入れさせたりしますけど、日本のはもっと複雑です。

ホリ あれ、本当ウザいよね。複雑すぎて、俺、何回諦めたことか。今の新幹線のWiFiだってめっちゃ使いづらいでしょ。便利にする工夫はいくらでもできるのに。

ひろ 東京-大阪間って、出張や観光でものすごい需要があるのに、ユーザーの快適さとかどうでも良いんでしょうね。どうでもいいと考えてないんだとすれば、後回しにしてるとか。

ホリ でも、そのおかげで技術力の最たるものであるリニア中央新幹線が実現するんだけどね。ドル箱の東海道新幹線がなきゃ、JR東海はリニアなんか絶対作れなかったから。

ひろ 東京-大阪みたいなドル箱路線があれば、リニアみたいな技術開発にお金を突っ込めますからね。

ホリ 今のところ、東京-大阪間を移動するとしたら、現実的な手段は新幹線か飛行機になるよね。新幹線はJR東海だけだし、飛行機も羽田—伊丹はANAとJALでほぼ寡占している。寡占しているから料金も高止まりしているんだよね。

・・・この続きは、現在発売中の「週刊プレイボーイ」でお楽しみください

▼関連記事
いまの新幹線は”殿様商売” ホリエモンがJR東海経営陣を痛烈批判「怠慢以外の何物でもない」
http://weblog.horiemon.com/100blog/34539/

友だち追加数